口内洗浄続けたら歯茎が引き締まった!ジェットウォッシャー思っていた以上にいいよ!

お口の中・・・いつも綺麗にしてますか。
口の中を清潔にしていると、虫歯や歯周病の予防になることはご存知ですよね。

あなたはジェットウォッシャーを使ってる?
わたしは今迄、置型のジェットウォッシャーを使っていたんだけど、今回ハンディータイプを使ってみたら凄く使い勝手が良かったの。自由に持ち運べるし、お風呂場でも使えるから重宝してる。

タンク容量は200mlだから、600ml入る置型に比べると小さいけど、簡単に補充できるから問題なし。お水だと歯に沁みたりするかも知れないと思って、コーヒー用のポットにぬるま湯を入れて、200mlを使い切ったら2回補充して使ってるわ。2分もあればお口の洗浄が出来てしまう。

今まで使っていた置型の水流レベルが10段階。ハンディータイプは5段階まで。
ハンディタイプの水流レベル1段階 ⇒ 置型水流レベル2くらいの強さだと思う。
置型の方が水流は細やか・・・でも使い勝手は、置き場所を選ばないハンディタイプの方がいいな、個人的にはね。人によって考え方が違うから、置型タイプがいいと言う方もいるかも知れない。

最近は、虫歯や歯周病の予防のためにジェットウォッシャーを使ってる方が増えているみたい。歯周病が原因で、糖尿病や心臓疾患など様々な病気を引き起こすことがわかってきたからだと思うけど。

歯周病を放っておけば、歯の根元がぐらつくようになり、最終的には抜歯する方法しかなくなってしまうらしいから怖い。ジェットウォッシャーで口腔内を綺麗に保って、歯周病や虫歯の予防をしておけば、糖尿病や心臓疾患になる可能性も低くなると思うし・・・

わたしはジェットウォッシャーを使うようになって3ヶ月くらいになるんだけど、凄く歯茎がしまってきた気がする。それに、口の中がスッキリするので結構気にいって使ってる。

スポンサーリンク

興味があればネット検索してみて!ジェットウォッシャーの使い方!

もし、ジェットウォッシャーに興味があるのなら、まずネット検索してみるといいよ。メーカーも色々有るから、デザインや金額などの比較もできる。だけど、使って見ないと使い勝手はわからないから、口コミを参考にすればいいと思う。

わたしは二年くらい前から、パナソニックの電動歯ブラシを使っていて、とても使いやすいので、ジェットウォッシャーもパナソニックにしたんだけどね。

ノズルは根元にリングがついていて、赤、ブルー、グリーン、イェローの4種類。
別売りだけれど、2本入りのノズルを購入すると4種類のからーリングが添付されているから、色を決めて使うようにすれば家族2人ならOK。わたしは相棒(旦那)と二人で使ってる。

ハンディタイプのジェットウォッシャーは充電式。短時間で充電できるけれど、続けて使用できる時間は10分。だから我が家では間を空けないようにして使っています。

念の為に、ジェットウォッシャーの使い方の図を表示しました。
ノズルの先を何処に当てるか・・・下図を見てね。

「歯と歯の間」や「歯の根元」。図にもあるけど「歯並びが悪いところ」などに当てるといいみたいだよ。「奥歯の後ろ側」は歯磨きが行き届いていないことが多いので、奥歯の周辺に水流を当てるといい。

歯磨きの後からでもいいし、歯磨きする前でもいいと思う。どちらでも、口の中にすっきり感が広がって気持ち良さを感じることは確か。

♣ここで一言・・・タンクにお湯か水が入っていたら、まず、水流レベルを決めてからノズルを歯の根元などに当てます。この時必ず唇を閉じてね。唇が開いてたら、顔や洋服がびしょ濡れになるから。

口の中を清潔にして歯周病の予防!糖尿病の予防にもなる!

口内洗浄に関して・・・海外ではかなり普及しているようですが、日本人は、口内洗浄に関する意識がとても低いそうですよ。パナソニックで調べたところ、日本で口内洗浄を実践してる人は5%にも満たなかったと言います。ショックですね・・・

わたしは、5年くらい前から3ヶ月に1度位の割合で、歯医者で洗浄はしていましたが、自宅で毎日行う口内洗浄を始めてからようやく3ヶ月くらいなので、偉そうなことは言えませんけれど。

食事をした後の口の中には、栄養豊富な食べかすがたっぷり残っているそうです。その食べかすが餌になるので細菌が繁殖しやすく、想像を絶する程の細菌がうようよ。口腔内にはその数ざっと100億個以上の細菌がいると言われています。凄い数ですよね。

100億個以上と言われる細菌が、口の中に残った食べかすで増殖し歯周病になる。しかし歯磨きだけでは食べかすを完全に取り除くことは出来ないそうです。そこで、歯磨きだけでは取り切れない食べかすを、ジェットウォッシャーで洗い流し食べかすを取り除く・・・これが口内洗浄。

歯周病が原因で糖尿病や心臓疾患、肺炎、動脈硬化・脳梗塞など様々な病気を引き起こしてしまう・・・などが、最近になってわかってきたようですね。

歯周病を放っておけば、歯の根元がぐらつくようになり、最終的には抜歯する方法しかなくなってしまいます。歯を失うと、認知症の症状が進んでしまうので要注意。

歯周病は認知症とも深くつながっているため、高齢者施設などでは、高齢者の誤嚥性肺炎を防ぐために、歯科医師や歯科衛生士が専門的な口腔ケア(口腔清掃)を行っているらしい。

♣歯周病で歯を失うと認知症リスクが高くなる。
高齢者になると歯のない人が多くなり、認知症になるリスクが高くなると言われてる。
歯がほとんどなく入れ歯も使用していない人は、20本以上歯が残っている人に比べて1.9倍も、認知症になる確率が高いので、口腔ケアで歯を失わないようにすることが重要だと言います。

♣歯周病が原因で心臓病や糖尿病になる。
歯周病菌が血中に入り込むと、心内膜炎や心筋梗塞、狭心症など心臓病を引き起こすリスクが高まるらしい。歯周病が悪化すると糖尿病も悪化するそうですよ。

認知症専門医師の話によれば・・・高齢者の口腔ケアを徹底することで誤嚥性肺炎が減少するそうです。また口腔ケアは、重症化した認知症の人の命を左右するほど大切なことだと言います。

口腔ケアをした方と、しなかった方では大きな差が出たそうですから、口内を清潔に保つことが如何に大切か・・・と言うことでしょうね。

まとめ

お口の中・・・いつも綺麗にしてますか。
口の中を清潔にしていると虫歯や歯周病の予防になるって、ご存知ですよね。

食事をした後の口の中には、栄養豊富な食べかすがたっぷり残っているので、食べかすが餌になって細菌が増殖し続けるので、口の中には想像を絶する程の細菌がうようよしているんだって。その数ざっと100億個以上の細菌がいるなんて・・・気が遠くなりそうな数字。

100億個以上と言われる細菌が、口の中に残った食べかすで増殖して歯周病になるそうですが、歯磨きだけでは食べかすを完全に取り除くことは出来ないらしい。そこで、歯磨きだけでは取り切れない食べかすを、ジェットウォッシャーで洗い流し食べかすを取り除く・・・これが口内洗浄。

最近になって、歯周病が原因で糖尿病や心臓疾患、肺炎、動脈硬化・脳梗塞など様々な病気を引き起こしてしまうことがてわかってきたと言う。だから高齢者施設などでは、歯科医師や歯科衛生士が専門的な口腔ケア(口腔清掃)を行っていると言います。

わたしも歯周病にはなりたくないと思ったから始めたんだけど、確かに歯茎が引き締まったなって感じてる。あなたも歯周病が気になっていたら、試しに口腔ケアを初めてみるのもいいかも。歯周病を予防することは認知症の予防にもつながるみたいだから。

ジェットウォッシャーをはじめるなら、ネット検索して、あなたがいいと思うものを選んだほうがいいと思う。価格的には5千円~2万円くらいだから、予算に合わせて探してみて下さい・・・ね。

スポンサーリンク

おすすめの記事