東京マラソン一般人ランナー参加出来ず コロナ肺炎感染防ぐためエリート200人で走る !

2020年3月1日。エリート選手200人だけが走る東京マラソン!
コロナ肺炎拡大を防ぐため、一般人ランナーは参加できなくなりました。
天皇誕生日の一般参賀も中止が決まるなど、大変な状況になっています。

コロナ肺炎の感染が拡大しそうな様相さえみせている今、東京マラソンでは毎年38,000人の一般人ランナーが集合しますから、感染リスクが高くなるのは言うまでもありません。だから、一般人ランナーの参加が中止になったのは、感染拡大を防ぐためには仕方がないのかなと思います。

とは言え、楽しみに準備をされてきたランナーの方々は残念でしょうね。因みに、脳科学者の茂木健一郎氏も走る予定だったそうです。毎日走り込んで入念に準備をしていたのだとか。「最近の状況をみると、やむを得ない判断かもしれません」と、ツイッターに投稿されてました。

東京マラソンの参加料は、国内であれば1万6200円、海外からだと1万8200円。
大会の規約にのっとり、この参加料やチャリティ寄付金は返金されません。
特例として来年大会の出走権を与えられますが、来年エントリーする場合は、あらたに参加料が必要になります。

大会のエントリー規約によれば・・・下記のように記載されています。
1・積雪。
2・大雨による増水。
3・強風による建物等の損壊の発生。
4・落雷や竜巻。
5・コース周辺の建物から火災発生等によりコースが通行不能になった結果の中止の場合。
6・関係当局より中止要請を受けた場合。
7・日本国内における地震による中止の場合。
8・Jアラート発令による中止の場合(戦争・テロを除く)。
・上記の場合は、参加料のみ返金いたします。なお、それ以外の大会中止の場合は返金はいたしません。

今回は、それ以外にあたるため、大会規約にのっとり返金されないと言うことになります。
なお、大会前に予定されていた東京マラソンEXPO2020や、フレンドシップランも中止が決まりました。

出場出来るのは、エリート・・・男子は17年2月以降に2時間21分以内の記録を残した選手、女子は2時間52分以内を記録した選手に限られ、およそ180人。車いす部門は男女30人になるようです。

当初財団は、対策チームを作り、新型肺炎の情報収集と対応策を検討していたそうです。予定通りに開催して、マスクの配布や消毒液の設置に加え、バナナも1本まるごとの配布や、給食も個別包装のものに切り替えるなど・・・

ところが、感染経路が不明な感染者も出てくるなど、感染拡大の恐れが出てきたため、感染拡大を回避するためにやむを得ず中止に踏み切りました。

スポンサーリンク

2020年の東京マラソン!エリート男女合わせて約200人が走る!

エリートでの参加は2017年2月以降に、男子は2時間21分以内、女子は2時間52分以内を記録するなどした選手に限られます。男女合わせて200人前後になるらしい。車いすの部もエリート選手に限られ男女合わせて30人が出場する予定。

東京マラソンは、2020オリンピック日本代表選手の選考競技会を兼ねているので、快晴に恵まれ、素晴らしい記録が続出することを祈りたいですね。エリートの中で名前が分かるのは海外の招待と国内の招待選手。

2月の初めころに書いた記事にも記載しましたけれど、ここでもう一度、招待選手の名前を書くことにします。

2時間248秒 :ビルハヌ・レゲセ選手。
2時間3分34秒 : ゲタネ・モラ選手。
2時間3分36秒 : シサイ・レマ選手。

2時間4分06秒 : アセファ・メングストウ選手。
2時間4分32秒 : ディクソン・チュンバ選手。
2時間4分33秒 : ハイレ・レミ選手。
2時間4分43秒 : エルハサン・エルアバシ選手。
2時間4分46秒 : タイタス・エキル選手。

2時間5分43秒 : アモス・キプルト選手。
2時間5分53秒 : モダン・カロキ選手:広島県立世羅高等を卒業しています。

2時間2分台が一人 ・2時間3分台が二人 ・2時間4分台が五人 ・2時間5分台が二人ですよ!
大迫傑選手を入れると2時間5分台は三人になりますから、凄いでしょう!

東京マラソン2017年~2019年・・・3年間の優勝者とタイムは下記の通りですが、ナイキの厚底シューズが認められたので、今回この記録は、大幅に伸びる可能性もあるのです。ただ記録は、お天気に左右されるので、絶好のマラソン日和であって欲しいな。

2017年:2時間3分58秒 :ウイルソン・キプサング選手。
2018年:2時間4分32秒 :ディクソン・チュンバ選手。
2019年:2時間4分48秒 : ビルハヌ・レゲセ選手(その後ベルリン・マラソンで2時間2分48秒をマーク)。

日本人選手出場者は下記の10人。
2時間5分50秒 :大迫傑選手。

2時間6分11秒 :設楽悠太選手。
2時間6分54秒 :井上大仁選手。

2時間8分42秒 :山本健二選手。
2時間8分56秒 :村山謙太選手。
2時間8分58秒 :佐藤悠基選手。

2時間9分34秒 :園田隼人選手。

2時間10分18秒:神野大地選手。
2時間10分21秒:堀尾謙介選手。
2時間10分50秒:河合代二選手。

その他の選手・・・招待選手以外のエリートについては、何も情報がないのでわかりません。ただ、男子は2時間21分以内、女子は2時間52分以内を記録した選手でなければ出場出来ません。

東京マラソンを支えるボランティアは優秀!毎年1万3千人以上!

ついつい、マラソンランナーにばかり気を取られてしまうのですけれど、華やかな東京マラソンを、裏側で支えているのは、1万3千人を超えるボランティアの方々。東京マラソンのボランティアは質が高いと言われているそうですよ。

1万3千人ものボランティアの方々が参加して、徹底して支えて下さるからこそ、東京マラソンを走るランナーは、楽しく安全に走れるのですね。

ボランティアの方々が担う役割。
  • 東京ビッグサイトでのランナー受付(大会前3日間)。
  • コースを走るランナーに水を配る。
    ♦コース上では9つのブロックに分けて、給水や給食などを行っている。
  • 沿道での観戦者に道を案内。
  • 車いすランナーの誘導。
  • コース整理や距離表示。
  • スタートエリアでのインフォメーション(当日)。
  • 会場誘導。

下記画像には、ボランティアの方々の活動、役割が示されています。
画像は右記アドレスより転載させていただきましたhttps://www.marathon.tokyo/volunteer/about/

ボランティア数。
2007年の第1回大会~2016年迄:毎年1万人前後。
コース変更があった2017年から:約1万3000人に増員されました。

ボランティア参加の応募は下記のように、応募した理由はひとそれぞれのようです。
2015大会からはインターネットによるエントリーに一本化し、2017大会から抽せんによって選出。

  • 東京マラソンのランナーに抽選で落ちた方。
  • ボランティア活動に興味がある方。
  • 東京マラソンに参加したいなど。

東京マラソン財団・運営統括本部ボランティアセンター長、2019年は山本悦子さんでしたが、1万3千人ものボランティアを取り仕切っていらっしゃいました。ご自身もランナーだとか。人数の配置、場所、役割など、毎年反省を重ね、それを生かし、その質は年々向上しているそうです。

マラソンランナー、ボランティア、観客の全てが、安心して大会に参加するためには警備の充実も欠かせません。そのため東京マラソンでは、警視庁や民間警備会社と密に連携を取りながら、万全の態勢を敷いているといいます。

まとめ

2020年の東京マラソンは大変な状況になってしまいました。
コロナ肺炎の感染拡大を防ぐために、一般人ランナーは参加できなくなり、200人のエリートだけが走ります。
日を追うごとに、コロナ肺炎の感染者は増えていて、開催を7月に控えたオリンピックも心配です・・・

感染経路が不明な感染が確認された事により、今回、東京マラソンでは一般人ランナーの出場が中止になりました。参加料やチャリティ寄付金は返金なしで、2021年度の東京マラソンに優先的に出場できますが、改めて参加料を払わなければなりません。しかし、これは大会規約に基づいたものです。

東京マラソンでは、五輪代表の残り一枠をかけて熱い戦いになると予想されています。記録保持者の大迫傑選手と設楽悠太選手のスピード争いに、誰が絡んで来るのか・・・注目が集まっています。「2時間5分が切れなければ、たとえ優勝しても五輪代表は辞退する」と宣言した設楽悠太選手。

この宣言は大迫傑選手に、とてつもないプレッシャーを与えた筈だと言われているらしく、人一倍プライドの高い大迫傑選手は、何が何でも自分が一番になって五輪切符をもぎ取らなければ気がすまないだろうと言います。

誰も記録更新ができなかった場合は、大迫傑選手が3人目の代表に決まります。しかし、設楽悠太選手が「2分4分台を出さなければ五輪に出る意味がない」と言い切ったことで、プライドが高い大迫傑選手は、五輪辞退を宣言する可能性がある・・・と。

だから今回は、もの凄いレースになるだろうと予測され、メディアの全てが集合する事態になるかも知れません。2020年の東京マラソンは、かってないほどの注目度が高いようですが、天候に恵まれ、素晴らしい記録が出ることを期待したいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事