手越祐也が語った真実とは?!未来への第一歩ボランティア活動 無料の弁当を配達?!

手越祐也さんが大きなリュックを背負って、自転車でお弁当配達する姿がありました。
ジャニーズ事務所の無期限活動休止が出てから7日目・・・2020年6月2日のことです。

新型コロナの影響で生活が苦しくなったひとり親家庭に、メッセージ付きのお弁当を無料で配達する活動をしているのが「INGプロジェクト2020~お弁当でシングルマザーの力に~」プロジェクト。活動に賛同した企業や個人からの寄付で運営されているそうです。

「INGプロジェクト2020」から配達されるお弁当のふたにはシールが貼られていますが、シールには寄付した方の名前が記されています。

「手越祐也様の支援で作らせていただきました」と書かれたお弁当には、「この弁当を受け取ったみんなが毎日笑顔でいられるように心から願ってます」と、手越祐也さんのメッセージが添えられていました。

幼い子供を抱え、ミクル代にも事欠くほど困窮しているシングルマザーが多くいることを知って、「INGプロジェクト2020」に寄付をした手越祐也さんは、自身もボランティアでお弁当を配達しました。

手越祐也さんの名前が記されたお弁当を受け取った人たちから、感謝のツイートがあがっているそうですけれど、手越祐也さん本人も何人かの方にお弁当を配達しているので、直接受け取った方はびっくりしたでしょうね・・・

因みに、プロサッカー選手の小林祐希選手、杉本健勇選手も活動に賛同して、手越祐也さんと同じように、自ら配達をしているそうです。

無期限活動休止が出たのは2020年5月26日。ジャニーズ事務所は「弊社からの度重なる説明や要請にもかかわらず、緊急事態宣言期間中に新たな酒席への参加が確認されたこと等を踏まえまして、すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と発表。

手越祐也さんは、レギュラー出演していた「世界の果てまでイッテQ!」には、「僕の人生をいろんな意味で大きく変えてくれた番組です。恩返ししてもしきれない」と、以前から番組に感謝していることを語っていたのですが・・・

しかし、手越祐也さんの無期限活動休止を受けて、「世界の果てまでイッテQ!」の出演を見合わせる・・・ことが決まってしまいました。

「手越祐也 直撃30分『文春にも一言 言いたい』」と言う記事が出ていた週刊文春6月11日号を購入。名前はわかりませんが週刊文春の記者さんは、レストランに入った手越祐也さんを1時間待ち続け、出てきた手越裕也さんに直撃インタビューした様子。

実はこのレストランで手越祐也さんは、「INGプロジェクト2020」の主催者と打ち合わせをしていたことがわかりました。記者さんがレストランを取材して確認していました。

最初は何も語らなかった手越裕也さんが、ぽつりぽつりと、記者さんの質問に答える・・・そんな感じの直撃インタビューでしたが、途中からはしっかりと本心を語っていたような気がします。

今の自分に言えることではありませんが・・・と前置きし、多くは語っていません。それでも自分の気持だけはしっかりと伝えているように思います。

ただ「コロナなんて大したことない、俺はもう抗体持ってる」とうそぶいた・・・などと噂されていることは否定しています。「持ってませんよ!2度検査して2度とも陰性でした」と苦笑い。

手越祐也さんは、「真実ではない報道もある中でファンは、不要不急の行動をしていると誤解してしまったかも知れない」と語り、さらに「僕には沢山の夢があり、そのために必要な人に会うなどして、打ち合わせを重ねてきました」と。

手越祐也さんの気持ちもわからないではありませんが、ただ、多くの人々が頑張って自粛要請している中での打ち合わせは、批判を招かないように、もう少し慎重に動いて欲しかったな・・・

直撃インタビューで伝えた最後の言葉。
「ただ、僕に言えるのは一つだけ。今後、絶対にファンを裏切らないし、自分を応援してくれたファンは絶対に幸せにする・・それだけは信じて欲しい!」と言い切ってましたね。さらに「ハチャメチャな自分を支えてくれたファンは、間違いなく世界一だと思っています!」と。

週刊文春の記者さんが受けた印象は・・・何か、吹っ切れたような表情に見えたようです。

スポンサーリンク

タッキーは厳罰化してない!処罰決めるのはジュリー社長!

あるプロダクション関係者の話によれば、「タッキーが厳罰化を進めていると報道されてるみたいですが、タレントを管理して処遇を決めるのはジュリー社長です。コンプライアンスを重視しているので、これからも不祥事に厳罰を求めるでしょう・・・」と話しています。

直撃インタビューの中で手越祐也さんは、滝沢秀明副社長の厳しさに反発しているとの噂に対して、「どうして、そんな風に書かれるのかわからない」と首をかしげながら、「滝沢くんは、僕の話をちゃんと聞いてくれるし、タレントの気持ちをわかってくれる人ですから、これはしっかりと否定しておきたい」・・・と。

無期限活動休止が、ジャニーズ事務所の公式サイトで発表されてから、手越祐也さんが、個人事務所を立ち上げる準備をしているとの噂がありました。報道では、活動休止になってから準備を始めたように書かれていましたけれど・・・

実は、ジャニーズ事務所を退所することについては、今回の活動休止発表よりもずっと前・・・3月頃に手越祐也さん側から事務所に申し出ていたと言われています。そしてNEWSのメンバーにも伝えているとのこと。

ジャニーズ事務所は「弊社からの度重なる説明や要請にもかかわらず、緊急事態宣言期間中に新たな酒席への参加が確認されたこと等を踏まえまして、すべての芸能活動の自粛もやむを得ないものと判断するに至りました」と発表。

さらに「本人に対して他の所属タレント以上に、行動には十分気を付けるよう、これまでに繰り返し伝えてまいりました。しかし、今日に至るまで本人に理解させることができず、ファンの皆様や関係者の皆様には大変申し訳なく、責任を感じております」と謝罪。

退所を希望しているタレントを守る必要はないとの考えがあって、厳しい処分になったのでは・・・などと気になりますが全く関係ないようです。今回の処分はあくまでも、国民全てが自粛している中で、事務所から自宅待機を指示されていたのにも関わらず守らなかったからです。

4月下旬には週刊文春が、手越祐也さんが都内の飲食店へ出かけたり、女性を集めパーティを開催したと報道しましたが、飲食店では男ばかり3人の食事会だったようです。ただ話の流れで手越祐也さんが女性を呼び出したのは事実。

そして5月23日にも、手越祐也さんが六本木のラウンジやバーで、朝まで女性らと飲み明かす様子を、写真を添えて報じました。深夜1時以降もやっている店で飲みまくり、明け方にタクシーで帰宅した・・・と。

写真など証拠となるものが残っている事も踏まえ、法令遵守しているジャニーズ事務所にとって面目が立ちません。自宅待機するように言われながら、ただ一人守らなかった手越祐也さんの行動に、厳しい処分を下したのは当然の流れでしょう・・・ね。

手越祐也さんには、周りに与える影響を考えるなど、もう少し思慮深い行動をして欲しかったな。

手越祐也が抜けたあとNEWSは?

手越祐也さんは個人事務所の設立を準備中だと言う噂ですが、退所して実業家になりたい気持ちを持っているのは確からしく、活動休止になるよりも、かなり早い時期に、退所したいと申し入れたと言うことのようです。

手越祐也さんが抜けたあとのNEWSは、それぞれの個性を生かし3人での存続・・・と言う形になるだろうと予測されていますが、新たには、何も決まっていないのが現状。

NEWSは2003年にメンバー9人でデビュー。
2006年までに3人が抜け、2011年10月には山下智久さんと錦戸亮さんの2人が同時脱退。二人がNEWSの人気を支えてきたと言われていたので、存続の危機が囁かれていました。

しかし山下智久さんと錦戸亮さんが脱退した後は4人で団結して乗り越えています。手越祐也さんは歌唱力に定評があるそうで、増田貴久さんとのユニット「テゴマス」としても活動。

このところ、NEWSでのレギュラー番組はなく、それぞれが個々に俳優、タレントなどを中心に活動しているのですが、NEWSとしては、手越祐也さんの行動により影響を受けていました。

3月29日~4月1日の間に、ジャニーズ事務所の各グループによるライブ動画配信企画が行われ、NEWSも参加する予定でしたが、手越祐也さんが参加した、安倍昭恵夫人の花見疑惑が社会問題にまで発展したため、NEWS全員自粛する羽目に・・・

各グループによるライブ動画配信企画に、かなり早い段階でNEWSも出演が決定していました。しかし手越祐也さんが、安倍昭恵夫人の花見に参加していたため、NEWSは参加出来なくなりメンバーはショックを受けていた・・・と。

人脈は広いと言われている手越祐也さんは、自粛せずに、打ち合わせなどを行っていたようですが、活動休止が解かれる時期については、現時点では霧の中・・・

活動休止の発表後は、「INGプロジェクト2020」に寄付をしてお弁当を配達するなど、新たな動きをみせている手越祐也さんですが、実業家になりたい夢をもっているので、これからも何かを始める可能性はあるでしょうね。

才能には恵まれていると言われていても、退所して実業家になる夢のために、ここで踏ん張らないとどうなるかわかりません。冷静になって自分自身を見つめ直せるかどうか・・・にかかっています。

東山紀之さんは出演していた「サンデーLIVE!!」の中で、「手越はいい奴なんですけどね」と語っています。さらに「この期間をいい時間にしてほしいし、そのためには本人の環境も変えなきゃいけない。友人も変えないといけないし、まずは自分自身を変えないといけない・・・と。

手越祐也は8年前ローン組み母に豪邸プレゼント!今ほど売れてない学生時代に・・・

活動休止が何時まで続くのかわかりませんけれど・・・気がかりですね。

手越祐也(てごし ゆうや)。
生年月日   :1987年11月11日。
出身地    :神奈川県。
2006年2月16日:堀越学園高校卒業。

2002年12月1日:15歳でジャニーズ事務所に入所。
2003年9月15日:男性アイドルグループ・NEWSのメンバーに選抜。
2005年12月   :映画『疾走』で初主演。
2006年1月15日:舞台挨拶の中で、早稲田大学人間科学部人間情報科学科(通信教育課程)にAO入試で合格したことを発表。

2006年11月  :増田貴久とヴォーカルユニット、テゴマスを結成。
2007年11月24日:テレビドラマ『しゃばけ』でドラマ初主演。
2010年春に   :4年生で早稲田大学人間科学部人間情報科学科を中退。アイドルに集中するため。

2012年~2019年まで、FIFAクラブワールドカップを中継する日本テレビ系の番組で、8大会連続でゲストやメインキャスターを務めています。

2014年と2018年には2大会連続でFIFAワールドカップの日本テレビ系番組でメインキャスターを務めた。

2020年2月6日、OPENREC.tv(オープンレック)公式アンバサダーに就任しています。

2012年・・・この頃はまだ現在のような人気はありませんでしたし、早稲田大学に通っていました。だから当然稼ぎもあまりなかったでしょう。でも手越祐也さんは、お母様に豪邸をプレゼントするために1億円のローンを組みました。

若干22才の若者にとって、1億円のローンを組むには相当な決断力と覚悟が必要だったはず。ローン返済を目標にして手越祐也さんは、どんな仕事でも嫌な顔せず全力で取り組み続けてきたそうですよ。

プレゼントした家は、東京都に近い海岸沿いにあり、最寄り駅からは徒歩25分かかる。しかし目の前に海が広がる立地で、サーフィンなどマリンスポーツが大好きなお母様のためにここを選んだそうです。

手越祐也さん自身も休みが取れたときには帰ってきて、近所の中学生の男の子たちとサッカーで遊んだりしていたと言います。

地元不動産関係者の話によれば「海好きの人には人気の場所ではありますが、駅から遠いことと、海が近すぎて津波の心配もあります。だから土地価格は5千万円くらい。ただ建物はかなりこだわっているらしく6千万円くらいだと思います・・・と。土地と建物の合計では1億1千万円以上の豪邸ですよと言う。

どんな泥臭い仕事でも絶対に断らなかったと言う手越祐也さんは、7年でローンを完済したそうです。親孝行でがんばり屋なのに、勿体ないですよね。

夢を叶えるための打ち合わせを何度も重ねたと語っていましたが、もう少し慎重に行動して、誰からも文句を言われないように出来なかったのかな。

まとめ

手越祐也さんの無期限活動休止の発表でジャニーズ事務所は・・・
「日本全体で難局を乗り越えなければならないこのときに、日常の生活を取り戻したいと願う皆様の思いに反するような行動をとったことは到底許容できるものではございません」と厳しい言葉で記しています。

今までにも様々な問題があった手越祐也さんですが、他の人に比べると罰則は緩やかなものでした。しかし今回は厳しい言葉が並びました。まだコメントもしていない手越祐也さんは、難しい立場に立たされていることは確かでしょう。

退所して実業家になりたい気持ちを持っているのは確からしく、活動休止になるよりも、かなり早い時期に、退所したいと申し入れたと言うことのようです。ただし、これも噂なので真偽の程はわかりません。

ただ、週刊文春の直撃インタビューの中で語っているように、夢がたくさんあり、それを叶えるために度々打ち合わせをしていたということから考え合わせると、目的を持って行動していたのでしょうね。

手越祐也さんは、今年・・・2020年3月に契約更新しているそうですが、その時点で退所を申し入れたのかも知れません。それならば、1年後あたりに退所することも考えられます。

ただ、才能があり広い人脈があるとはいえ、思い通りに運ばないことが多いのも人生。
どのような未来が待っているのか・・・
まだ33才とも言えるし・・・もう33才とも言えます。

いずれにしても、何らかの発表があるものと思われますが、それがいつ頃になるのかはわかりません。自粛要請の中で動き回ったことは確かで、決して褒められることではありません。ですが前途ある若者です。明るい未来が待っていることを祈りましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事