いやあ、凄いですよね、香川照之さん。芸達者!
時が経つのは早いな・・・もう10日も前の話ですけれど、ぴったんこカンカン見てた方から多くのコメントが寄せられていましたね。

中には、香川照之さんと友達になりたなんて方もいらっしゃったようです。わかりますね、その気持ち。できればお近づきになりたいですよ、お酒が楽しく飲めそうですもの。( ´艸`)

床に転がり、今にも悶絶しそうな苦痛の表情をみせる迫真の演技。ここ英語村では「英語で医者に症状をうったえる」はずでしたが、何故か英語ではなく、ペラペラのフランス語で症状を訴える香川照之さん。

吉田羊さんが英語で、番傘の説明してたのも素晴らしかったし、キャビンアテンダント役の及川光博さんも、不満を訴える乗客にバラの花で機嫌をなおすなど、それぞれ面白かった。

でも、極め付きは、香川照之さんの悶絶しそうな苦痛の表情と、ペラペラのフランス語そしてフランス語での国家斉唱?ですよね。凄すぎ!

そしてさらに、「吉田類の酒場放浪紀」を欠かさず見ていると言う香川照之さんが、吉田類さんそっくりの、ハンチング帽とサングラス姿で登場した時も、大笑いしてしまいました。

とにかく「モノマネ」のクオリティ高過ぎ。
だって、まずお通しに箸をつけ、お通しを食べた直後にお酒を飲む・・・吉田類さんをなぞっています。しかも、食べる時の仕草はもちろんのこと、お酒の飲み方や箸の置き方までそっくりなのですから。( ´艸`)

「こんな風に歩くんだよ」と、歩く姿も完コピー。ハンチング帽とサングラス姿ですから、吉田類さんと間違ってしまいそう。可笑しくて相棒(旦那)と二人、「お腹がよじれるっ!」と言いつつ笑い転げました。

スポンサーリンク

香川照之さんと言えば、「顔芸」が最初にうかびますよね。
2013年、半沢直樹の最終回・・・土下座シーン強烈でした。今でも、瞼に焼き付いているような気がするのです。あの表情が、苦も無くすぐに思い出せるのですから。

2017年のルーズヴェルト・ゲーム最終回でも、香川照之さんが、顔芸で魅せ、瞬間最高視聴率20.0%を記録していたらしいのです。ネット上が大いに賑わっていましたからね。残念ながら見てなかったので、ネットのコメントを見て「大失敗!」って思いましたよ。

でも、ネットで動画を見ることはできました。とにかく香川照之さんの顔芸は惹きつけられてしまいますよね。表情筋を自在にあやつり、眼の奥に浮かぶギラギラした怒りの炎・・・如何にも憎々し気に。

顔芸だけでなく役者としての香川照之さんは好きですね。「ぴったしカンカン」を見て更に好きになったかも。芸達者なので見てて飽きないです。強いて言えば賑やか過ぎるかも知れません。

いつ見ても明るくて楽しい香川照之さんですが、辛い思いを背負っていた時期がありました。子供時代はどのような暮らしをされていたのか・・・たどってみましょうね。

俳優になるつもりはなかった香川照之が名優になった!

香川照之さんのお母様は、女優の浜木綿子さん。きっと、多くの方がご存知でしょう。
お父様は、歌舞伎役者の2代目猿翁さん。
1968年に2代目猿翁さんと離婚した後は、浜木綿子さんが一人で育てられました。

本名:香川照之(かがわてるゆき)。
生年月日:1965年12月7日。
身長:171センチ。
血液型:B型。
出身地:東京。
学歴:東京大学文学部社会心理学科。
職業:俳優・歌舞伎役者・ボクシング解説・実業家。

因みに、予備校講師で「今でしょ講座」の林修さんは、東京大学時代の同期なのだとか。

大学を卒業した時には、俳優になる気はまるでなかったらしいですね。特に、何をやりたいと言う目的もなく、TBSの緑山スタジオでADをしていたそうですよ。連日のように怒られていたのだとか。

香川照之さんが俳優になったのは、やりたいものがなかったので、親が歌舞伎役者と女優だったことから親の七光りを利用し、何となく俳優をしていたと言います。俳優デビューは1989年、NHK大河ドラマ『春日局』での小早川秀秋役。

有名な両親の名前と東大卒ということばかりが取り上げられ、それに対する香川照之さんの態度が、ふてぶてしいと批判されることが多々あったようですね。

香川照之さんが演技に目覚めたのは1991年ビデオ作品「静かなるドン」でした。
「静かなるドン」で、監督から100回ものNGを出されたと言う、嘘みたいな本当の話です。ここで本気になった香川照之さんは、「真剣に演技に向かい合った」と話されています。

漫画サンデー連載された、新田たつおさんの人気コミックを実写化したもので、香川照之さん版は「静かなるドン」12までありますね。

香川照之さんの名前が広く知られるようになったのは、2002年1月からの大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語」で、豊臣秀吉役を演じてから一気に、知名度が上がっています。

わたしも見ていました、反町隆史さんが織田信長役だったと思います。秀吉役はドンピタだなと思った記憶が残っています。

2009年に放送された、NHKスペシャル坂の上の雲では、主人公の親友正岡子規役を演じましたが、役作りのため、5か月にわたり食事制限やランニングなどを続け、15キロ減量したそうです。正岡子規は結核と脊椎カリエスに冒されていました。

そして2013年の「半沢直樹」での名演技・・・顔芸がテレビの視聴者を虜にしてしまいましたよね。主人公のライバル大和田常務役を演じた、最終回の土下座シーン!

余談ですが・・・最終回の土下座シーンを、安田大サーカスの団長安田裕己さんが、物まね芸として披露したのを見た香川照之さんは、「バンバンやってください」と留守番電話に入れたらしいのです。

土下座シーンの物まねを自ら公認すると、その後も団長安田裕己さんに対して「土下座のタメが浅い。もっと粘れ!」と熱演指導も行っているのだそうです。( ´艸`)

香川照之は昆虫博士ならぬカマキリ先生?!

香川照之さん、昆虫好きですよね。それに詳しい。
とことんやる姿勢が凄いと思うし、昆虫探している時の目は少年のようにキラキラしてる。土下座の顔芸からは、とても想像できない童心に返った姿。

「香川照之の昆虫すごいぜ!」(Eテレ)と言う、冠のついた科学番組があることも凄い。カマキリの着ぐるみを着て「カマキリ先生」になりきっています。「俳優生活苦節28年、やっと本当にやりたい仕事ができました!」と言えるほど好きなのですね。

2018年に国立科学博物館で開催された「特別展 昆虫」では、昆活マイスター(オフィシャルサポーター)に就任しています。「カマキリ先生」の着ぐるみ姿をアイコンにして、2018年8月に公式ツイッターを開始していますよ。

香川照之さんの名前がつけられたアミメカゲロウ目トガマムシ科の昆虫化石があります。
和名(クジコハクトガマムシ)の学名には、香川照之さんに献名された「クジベローサ・テルユキイ(Kujiberotha teruyukii)」と命名されているそうです。ここまでくると、もう単なる趣味を超えているような気がします。

香川照之さんは昆虫好きが高じて、昆虫のイラスト入りの子供服の通販を始めました。香川照之さんと交流できるオンラインサロンの事業が主軸で、会社名は「アランチヲネ」、イタリア語で「オレンジ」と言う意味。

「子供たちが自然や環境問題について考えるきっかけとなれば」と思い起業したとのこと。2018年10月からサロンの会員募集を開始。収益の一部を昆虫保護団体への寄付に充てるなど、環境問題への理解を深めてもらう仕組みが採用されているところも凄い。

香川照之はボクシングにも精通 プロ並みの解説?

香川照之さんは、雑誌「キネマ旬報」に、コラム「日本魅録」を連載されていますが、内容は、撮影現場での濃密な時間をまとめたもので、2003年から2005年3月までの連載分を、1冊の書籍にまとめて発売されました。2017年2月には3冊目が出ています。

また、香川照之さんはボクシングのファンで、今では試合の解説をされることもあるほど、めちゃめちゃ詳しいのです。少年時代に、具志堅用高さんの試合を見たことがきっかけとなったと話されていました。

国内、海外を問わず、ビデオや専門誌を通信販売などで購入して研究していますが、防衛戦や世界タイトル戦を見るよりも、新人のデビュー戦や国内戦を好んで観戦する中で、次世代の新たな才能を見出す事に強い関心があるそうです。

WOWOWのボクシング番組などにゲスト解説者として出演したときなど、解説のジョー小泉さんや浜田剛史さんが、驚きあきれるほど豊富な知識があるらしいのです。まだ無名時代からボクシングマガジンなどに「香川照之の熱病的思考法」と言うコラムを連載されていたそうですから、それも凄いですよね。

わたしはボクシングについて詳しくないので知らなかったのですが、玄人受けの人気コラムで、長期連載されていたらしいのです。最後は香川照之さんがネタ探しに苦しみ、限界を感じて連載終了を決めたとか。

ですから、2011年「あしたのジョー」の実写映画で丹下団平役の出演が決まると、「私生活でボクシングを30年間見守り続けてきたのは、この役のため」と話しています。嬉しかったのでしょうね。

元ボクシング王者の西岡利晃さんや井岡一翔さんとも交流があり、ゲスト解説者として参加されることもあるそうなので、全てがプロ並みですよね。

まとめ

いやあ、凄いですよね、香川照之さん。芸達者!
ぴったしカンカン見てた方から多くのコメントが寄せられていましたが、中には、香川照之さんと友達になりたなんて方もいらっしゃったようです。わかりますね、その気持ち。できればお近づきになりたいですよ、お酒が楽しく飲めそうですもの。( ´艸`)

床に転がり、今にも悶絶しそうな苦痛の表情をみせる迫真の演技。ここ英語村では「英語で医者に症状をうったえる」はずでしたが、何故か英語ではなく、ペラペラのフランス語で症状を訴える香川照之さん。さらにフランス語での国家斉唱?

そしてさらに、「吉田類の酒場放浪紀」を欠かさず見ていると言う香川照之さんが、吉田類さんそっくりの、ハンチング帽とサングラス姿で登場した時も、大笑いしてしまいました。

まずお通しに箸をつけ、お通しを食べた直後にお酒を飲む・・・吉田類さんをなぞっています。しかも、食べる時の仕草はもちろんのこと、お酒の飲み方や箸の置き方までそっくりなのですから。( ´艸`)最後は歩き方までコピーしていましたよね。とにかく「モノマネ」のクオリティ高過ぎ。

香川照之さんは、ひとを楽しませることが出来る方。喜んでくれる人を見ていると嬉しくなるのでしょう。

「七つの会議」でも、野村萬斎さんと睨み合うシーンがあるようです。映画を見に行く予定なので、ワクワクしています。顔芸だけでなく、迫真の演技を魅せてくれそうですので、とても楽しみ!

スポンサーリンク

おすすめの記事