落語家の志らくさん、凄い人気ですよね。超売れっこ!
テレビで顔を見ない日はない・・・と思うほどで、バラエティ番組の出演数は30本を超えているみたい。

2016年に「ひるおび」でレギュラーコメンテーターになって2年半。話術は巧みだし、視点も鋭くビシッと切り込む。毒舌家であることも魅力の一つ。人は、自分が言いたくても言えないことを、ズバッと言ってくれる代弁者を求めているところがあるかも知れません。

辛口の毒舌が時には、ツイッターなどで炎上を招くことがありますが、でも羨ましい!言いたいことを堂々と発信して、尚且つ、人気があるのですから。

落語家としての志らくさんは勿論 一流。
「志らくは俺の後継者だ」と言ったのは、2011年に亡くなった人気落語家だった立川談志さん。

立川志らくさんは、現在は20人以上の弟子がいる落語界の大物。
そして、立川談志門下で弟子の数が一番多いのです。
弟子20人以上と言うのは、兄弟子の立川志の輔さんや立川談春さんよりも多い。

今、落語のチケットが一番取れないのが「志の輔と談春と志らく」だと言われています。とにかく立川流3人のチケット入手は非常に難しく、ファンは大変苦労しているようですよ。

落語家として一流だし地位は盤石。
映画評論家。
映画監督(日本映画監督協会所属)。
エッセイスト。
舞台演出家。
脚本家。

上記のように、実に多才と言うか・・・才能が溢れています。何をやらせてもこなしてしまうのですから。テレビでは、コメンテーターをはじめ「プレバト」での俳句作りなどでも、いかんなく才能を発揮していますよね。(プレパトは:プレッシャーバトルを略したもの)。

多才な立川志らくさんが、落語を目指したのは何故か、落語界に入ってからどのようにして、ここまで上り詰めたのか・・・など、とても興味があるでしょう?
そこで調べてみたいと思います。

さらに、志の輔さん、談春さん、志らくさんの後継者争いも、段々激しくなってきたなんて言う噂もありますが、そのあたりのことも調べてみましょう。

スポンサーリンク

志らく中学で落語にはまる!生で聞いた談志の落語に衝撃を受け入門!既に志の輔と談春がいた!

志らくさんは、「落語バカ」と言われるくらい落語を愛してやまない方だと言う噂。

立川志らくさんが落語に興味を持ったのは、中学生の時に父親と一緒に見たNHK『なつかしの名人会』という番組。その時見た三代目三遊亭金馬師匠の『薮入り』が、あまりにも衝撃的だったそうです。それ以来落語にはまってしまいました。

母親は長唄の師匠で、父親はクラシック・ギタリストという、志らくさんの育った家庭環境も多分に影響を及ぼしているかも知れません。中でも、落語好きだった父親の影響は大きかったでしょう。

「なつかしの名人会」を見てからと言うもの、父親の本棚にあった落語全集を読み漁り、名人と言われている落語家のレコードを欠かすことなく毎日聴きました。さらに寄席にも通うようになった志らくさん。「今でも当時覚えた落語はまくらから全部コピーできます」と話しているほど。

立川志らく(たてかわ  しらく)。
本名  :新間一弘(しんま かずひろ)。
生年月日:1963年8月16日。
出身地 :東京都。
身長  :168センチ。

1985年立川談志に入門。
1988年二つ目昇進、
1995年真打昇進。
1998年には映画『異常暮色』を監督。
劇団「下町ダニーローズ」を主宰。

立川志らくさんが落語家になろうと決めたのは、大学生時代だったそうです。志らくさんは立川談志さんに弟子入りしましたが、当時立川談志さんは40代でした。実はその頃の志らくさんは、談志師匠よりも年配で「名人」と謳われていた方の落語のほうが好きでした。

しかし、生で立川談志師匠の落語を見て、非常に深くて面白く、衝撃を受け、名人になるオーラが出ているのを感じ取った志らくさんは、日本大学在学の落語研究会OBで、放送作家の高田文夫氏に紹介してもらい、立川談志師匠の弟子になったそうです。

志らくさんの話によれば、談志師匠は……最初の頃は、只々ひたすら怖かったと言います。「一言しゃべるだけで怒鳴られるので、志らくさんにとっては[恐怖]だったと。それでも、落語が好きで入門したからには、誰よりも、談志師匠に気に入られたかった志らくさん。

そこで志らくさんは、噺を月に2席覚えろと言われたら、4席覚え、談志師匠が好きだと言う映画は全部観たし、昔の歌謡曲に全く興味はなくても、談志師匠が好きだと言う曲は何度も聴いたので、かなりの懐メロ通になったほど。

談志師匠に何か聞かれたら、聞かれた以上のことを答えるようになっていたようです。やはり凄い方ですね立川志らくさんは。ここまで徹底的にできるのも才能の一つかも知れません。努力を惜しまないところが、中々上位に上がれない弟子の方々とは違っていたのでしょう。

立川志らくさんは、若手時代から同世代の中では人気も実力も抜き出ていましたが、立川流の出世頭となった兄弟子の志の輔、談春には、知名度というところで水をあけられていました。

でも、立川志の輔さんが「ガッテン」で売れても、立川談春さんのエッセイ「赤めだか」がヒットしても、周りの人々が「ライバル」だと煽っても、志らくさんはジェラシーを感じたことなどなかったと言います。

そのわけは・・・志らくさんは、落語界に一番貢献しているのは自分だと自負していたから!

志らくさんは、テレビ番組にも着物で出演していますが、着物姿は、落語に関心のない人たちに落語を意識させるためであり、醒めたコメントを述べるのは、「笑いを取ろうとする」落語家のイメージを一新したいと思っているためだと話しています。

志らくは20代で一度テレビに決別!50代でテレビ復帰するやブレーク!

実を言えば、志らくさんは20代の頃はよくテレビに出ていました。テレビで人気もあり深夜番組を持っていたのです。でも仕事はレポーターがほとんど。落語会をやれば、集まるのは10代の女子だらけだったそうです。

そして、アンケートを見ると「落語のことはよくわからないけど着物の柄は良かった」など、落語に関係のないことばかり。落語をやるための会だったのに・・・と不愉快な気持ちになったそうです。そこで、「もうテレビに出ません」と宣言。

その志らくさんが長い時を経て、テレビ出演の機会を探し求め、自ら事務所を移籍しました。でも本心は、テレビには出たくなかったらしいのです。それでも再びテレビに出る決意をしたのには、理由がありました。

2011年に亡くなった師匠の立川談志さんが、「何で志らくは売れないんだ!」と言っていたことを思い出し、「売れて欲しかったんだ!」と、遅まきながら気がついたと言うのです。

「今にして思えば、よくテレビに出ていた20代の頃、談志師匠はとても嬉しそうだった!」と思い出した志らくさん。再びテレビに出るようになった志らくさんは大ブレーク。テレビで見ない日はないかも知れないと思うほど。

最近では、テレビにばかり出てないで、もっと落語の稽古をしろなどと書かれたりするそうです。だけどと・・・志らくさんは言います。談志師匠だったら「志らくはテレビで遊んでるんだよ!」笑いながらそう言うに違いない・・・と。

志らくさんの話では、落語界に長くいると「師匠に顔を見せるのは月に一度でいいや」とか「三月に一度でもいい」というようになってしまうらしいのです。

スポンサーリンク

でも志らくさんの場合は、そうはならず、ずっと側にいたいと言う、熱い思いが冷めなかったのだと話されていました。「だから、談志師匠はいろいろ教えてくれたし、最後まで可愛がってくれたんだ」と思っているようです。

談志師匠が最後まで魅力的だったのは、常に進化を求めて変化していたからだと言います。他の落語家は、ある時を境に守りの芸になってしまうので、新鮮さがなく、若い人たちには老人の独り言にしか聞こえないんですよ・・・と言う志らくさん。

だからこそ、テレビに引っ張りだこになっている今は、とても刺激があって貴重だと思っているそうです。志らくさんは、落語家にとって大事なのは経験値だと思っているからです。
経験値とは「成長」の度合いを表すための数値。

談志師匠に喜んでもらいたいからと、テレビに出続けている志らくさんですが、これからもまだまだ志らくさんのテレビ出演は続くはず。

どこまで成長をしていくのか、とても図り切れない奥深さがあるように思います。談志師匠とは、ちょっと違った進化をとげていくのでしょうね。

立川志らくは談春との不仲説を否定!お互いに認め合っている戦友で仲は悪くない!

テレビやネットでも、立川志らくと兄弟子の立川談春さんとの不仲説が取沙汰されていますよね。
ところが立川志らくさんは、談春さんとの不仲説否定していました。「先に死んだら号泣する」って。

2018年に、立川志らくさんが『梅沢富美男のズバッと聞きます!』に出ていましたが、そこで、はっきりと、立川談春さんとの不仲説を否定したのです。

1990年代に、志らくさん、談春さん、朝寝坊のらくさん(脱退し廃業)の3人で、「立川ボーイズ」というユニットを組み、ヨタロー、たまにはキンゴロー、夜泣き弁天等に出演。ライブではコントをやっていました。そして、あのころから30年が過ぎた今、立川談春と立川志らくの不仲説が浮上。

立川志らくさんは毒舌なので、談春さんについて語る時「もう凶暴だしね。怖いしね。言ってることは破たんしてるしね。ひどい、ひどい人なんです」と言うのです。でも、これは嫌いで言ってるわけではないのに、そのまま受け取ってしまう方がいるのですね。

その後にくる言葉をじっくり聞けば「でも、仲はいいんですよ。会えばとっても仲はいい!」というのです。志らくさんは毒舌なので、言い方は辛らつに聞こえますけど、会えば仲がいいと言うのが本音でしょうか。

志らくさんが「兄さん落語うまくなったじゃないかい」と言えば、談春さんは、子供のようにはしゃいで喜ぶのだと言います。

「若い頃はずっと一緒にいたから、どっちかが先に死んだら号泣するんじゃないんですかね、きっと。そう言う仲だと思っているし、芸もお互いに一番認め合ってるから」と話しました。

お互いに忙しく、会う機会がなくなってきたので、周りの人々が「仲が悪いとか、ライバル同士だとかって、周りが騒いでるから、そんな風に思われているだけ」だと明解(はっきり解き明かす)。

毎年正月には、立川流一門の集まりがあるので、年に一度は必ず会うそうです。ところが志らくさんは「志の輔兄さんと話すことは皆無なので・・・・」と言ったところ、今度は志の輔さんとの不仲説が浮上したらしい。

大変ですよね有名人は・・・何か一言いえば、「ああでもない」、「こうでもない」と周りが騒ぎ立ててしまうのですから。そして噂が一人歩きしてしまう・・・

『梅沢富美男のズバッと聞きます!』の終了後に、志らくさんはツイッターでも、重ねて不仲説を否定しています。

「青春時代を共に過ごした戦友。私は談春兄さんを愛している」と記し、「談春の落語を誰よりも認めているのは私。志らくを一番認めているのも談春だと思っている」とお互い、才能を認め合っている仲だと記し、「談志 談春 志らくの三角関係は美しい」とも記していましたね。

貧乏時代の志らくは金魚さえ焼いて食べようと思った!

志らくさんが修業時代の貧乏生活について語った番組がありましたね。
確か2018年12月「人生最高レストラン」に出演された時でした。

落語界の場合、普通 師匠は弟子から絶対お金を取らないし、食べさせてくれるのだと言います。ところが立川談志師匠は、ある考えがあって、あえて弟子からお金を取っていたのです。

立川談志さんは、ブラックユーモアと毒舌で独自の世界を作り上げ、「落語界の風雲児」と呼ばれ、落語界から異端児扱いされていました。そこで、1983年に落語協会と袂を分かち、立川流を立ち上げた方。

談志師匠には独特な考え方をされる方だったらしく、「飢えと貧乏を知らずして落語は語れない」と言う趣旨のもと、「毎月1万円の上納金」「アルバイト禁止」「食事代無支給」などのルールがあり、弟子はめちゃめちゃ貧乏だったとか。

番組テーマは「立ち食い」・・・志らくさんは「貧乏だったので前座修行時代は立ち食いすら入れなかった」と話しました。「早く立ち食いで食べられるようになりたい!」と思っていたそうです。

究極の貧乏生活で、ホームベーカリーに行って、パンの耳をもらって、それを食べるような生活だったと語った志らくさん。

志らくさんは、同じ貧乏生活をしていた談春さんと、金魚すくいをやった時、談春さんはとても上手で、何十匹もすくったようです。その時志らくさんは「この金魚を焼いたら食えると思った」と話しています。

そんな極貧暮らしは2年間続いたといいますから、苦労しているのですね立川流門下生は・・・。落語家になりたい一心で!テレビの共演者から「究極ですね」と驚きの声が上がったほど。
わたしも貧乏だったけど、そこまでは経験してない・・・凄いですよね。

まとめ

落語家の志らくさん、凄い人気でひっぱりだこ!
バラエティ番組の出演数は30本を超えているとかで、テレビで見ない日はないかも・・・みたいな。

2016年に「ひるおび」でレギュラーコメンテーターになってからずっとレギュラー。巧みな話術、鋭い視点で物事を捉え、しかも毒舌家なのでズバッと切り込む。

自分が言いたくても言えないことを、ズバッと言ってくれる毒舌も魅力の一つ。ただ、辛口の毒舌が時には、ツイッターなどで炎上を招くこともあります。

落語家としての志らくさんは勿論 一流。
「志らくは俺の後継者だ」と言ったのは、2011年に亡くなった人気落語家だった立川談志さん。
志の輔さんや談春さんとの後継者争い、これも気になるところですが・・・

立川志らくさんは、現在は20人以上の弟子がいる落語界の大物。
そして、立川談志門下では弟子の数が一番多いのですね。
弟子20人以上と言うのは、兄弟子の立川志の輔さんや立川談春さんよりも多い。

立川流の3人・・・志の輔さん、談春さん、志らくさんは、チケットを入手するのが最も難しいと言われています。すぐ完売してしまうので、チケットは、運がなければ手にできないそうですよ。

志の輔さんは「ガッテン」、志らくさんはコメンテーターと「プレバト」など。最近は談春さんがドラマで活躍しているし、三者三様の見せ場を持っています。

落語家って毒舌家が多いし、心で認めていても口を開けば「けなす」ので、仲がいいとか悪いとか考えない。後継者云々は置いといて、立川志らくさんをはじめ、志の輔さんも談春さんも、それぞれが活躍して沢山の人々を楽しませてくれたらいいかな・・・なんて、思っています。

スポンサーリンク

おすすめの記事