新人王決まりました! もちろん大谷翔平選手です!
米大リーグは12日午後(日本時間13日午前)、今季のア・リーグ新人王に、エンゼルの大谷翔平選手24才を選出したと発表しましたが、2位以下に大差をつけての圧勝となりました。

米大リーグでベーブ・ルース以来の本格的な二刀流でプレーし、「新人王は大谷翔平だ」と、同僚をはじめ多くの記者が予想していた通りになりました。

米大リーグで日本人選手が新人王を取ったのは、大谷翔平選手で4人目です。
1995年の野茂英雄投手(ドジャース)。
2000年の佐々木主浩投手。
2001年のイチロー外野手(以上マリナーズ)。
上記3人に次ぐ4人目の新人王となりましたが、2001年のイチロー選手以来17年ぶりの快挙です。

スポンサーリンク

大谷翔平選手、今季投打での成績。
投手では、10試合に先発して4勝2敗、防御率3.31.
打者では、104試合で打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。同一シーズンでの「10試合登板、20本塁打、10盗塁」はメジャー史上初の記録でした。

規定打席数は勿論不足しているのですが、出塁率と長打率を併せた「OPS」では、リーグ全体で8位相当の.925に達していました。下記のランクを見て下さい。大谷翔平選手は超一流クラスに入っているのです。

OPSとは、On-base Plus Slugging(オンベース・プラス・スラッギング)の頭文字をとったものです。

OPSのランクは下記のようになっています。
OPS.600~:打力の低い打者。
OPS.700~:一般的な打者。
OPS.800~:一流。
OPS.900~:超一流。
OPS1.00以上:球界NO 1レベル。

OPSとは、打者の力量を測るための指標です。 『出塁率+長打率=OPS』で計算します。
例えば、出塁率.400で長打率.500の打者がいたと仮定して計算すると、
OPSは.900という計算です。OPSが高い打者は優秀だと言われています。

大谷翔平選手が、規定打席に達するペースで出場したならば、34本塁打以上を記録出来たことになるそうです。この見えない部分が、大きな伸びしろを感じさせ、記者たちの心を捉えていたのかもしれませんね。

シーズン終了間際に、多くの記者や、エンゼルスのOBそしてGMマネージャーなどが、大谷翔平選手の「新人王」を信じて疑いませんでした。ここで、大谷翔平選手が新人王に選ばれるまでを振り返ってみましょう。

MLB記者の殆どが確信していた大谷翔平の新人王!

現在は引退しましたが、ソーシア監督をはじめ、GMのビリー・エプラー氏もチームメイトのトラウトも、新人王は大谷がふさわしいと、言い続けていました。

そして「ミスター・エンゼル」と呼ばれていたティム・サーモン氏も、エンゼルスのOBで132勝しているマーク・グビザ氏も、大谷翔平選手に魅了され、新人王に相応しいと称賛していたのです。

名物コラムニストのジョン・ヘイマン記者とジェイソン・スターク記者は、自らのコラムで大谷翔平選手に投票することを宣言していました。

故障期間がありながら、二刀流という偉業に挑む大谷の功績を高く評価していたのが、ライアン・ディビッシュ記者(シアトルタイムズ)です。

ジョン・シェイ記者(サンフランシスコ)にいたっては、「もはや議論の余地もないだろう!」と。そして「大谷翔平選手が新人王だ!」と断言すると共に、「大谷翔平選手は、投打どちらもハイレベル。球界関係者の目と心を釘付けにした」などと話していました。

ベーブ・ルースさえも達成できなかった「15本塁打と50奪三振以上」をクリアした史上最初の選手となりました。右ひじの故障でシーズン終盤は打撃に専念しましたが、三振奪取率は10.97と2ケタを記録。

15本塁打と投球回数50イニング以上を、同一シーズンでクリアしたのは1919年のベーブ・ルース(ヤンキース)以来です。



大谷翔平選手は今季、打者として104試合に出場し、打率・285、61打点、22本塁打、10盗塁をマーク。規定打席数が不足しているのは確かですが、出塁率と長打率を併せた「OPS」ではリーグ全体で8位相当の925に達していました。

そして大谷翔平選手と共に、最終候補に残っていたのが下記2人の内野手です。

ヤンキースのミゲル・アンドゥハー23才。
グレイバー・トーレス21才。

アンドゥハーは今季149試合で打率は297、本塁打は27本。しかし、失策が15個あり、送球に難があると言われていて、ヤンキースの将来を担う 3塁手としての資質が疑問視されていました。
一方のトーレスは123試合で打率が271、本塁打は24本の成績。失策は17個もありアンドゥハーより悪いのです。

新人王に投票するのは全米野球記者協会会員。公平性を期すため、30球団の本拠地の記者30人に投票権が与えられ、1位(5点)、2位(3点)、3位(1点)の選手を連記するルールがあります。

大谷翔平選手は圧倒的な支持を集めています。
1位票:25票:25×5=125点。
2位票:4票:4×3=12点。
合計点:137点。

投票する記者は30人ですから30票あるはずですが、大谷選手は29票しかありません。実は、3回の投票で、1票も大谷翔平選手に入れなかった記者がいました。ディック・スキャロン(レークランド・レジャー=レイズ担当)。

ヤンキースのミゲル・アンドゥハー内野手23才は、1位票が5で89点、
グレイバー・トーレス内野手(21)は1位票なしの25点にとどまっています。

開幕前の酷評を「絶賛の嵐」に変えた大谷翔平の凄さ!

大谷翔平選手が1年目の「最高の思い出の場面」として挙げたのは、本拠地初出場となった4月3日(同4日)に、インディアンス戦で放ったメジャー初本塁打でした。

キャンプ中に不振に陥り周囲から降り注ぐ雑音を一撃で振り払い、地元ファンを魅了しました。「サイレント・トリートメント」で無視された大谷翔平選手が、チームメートに祝福を「おねだり」する姿がネットで拡散され、「可愛い!」と、一気に人気者になりましたね。覚えていらっしゃるかしら?

大谷翔平選手は「初本塁打はうれしかったですし、ベンチに帰ってからも(無視されて)楽しかった!」と、サイレントトリートメントを振り返っています。これが今季一番の思い出なのだ・・・とも。

この時の屈託のない笑顔も人々を魅了しました。明るく、人懐こい性格も、メジャーで活躍できた要因のひとつだったのでしょう。

パワーと技術に裏打ちされた活躍を魅せた大谷翔平選手。時には投手として160キロ台の速球で強打者をきりきり舞いさせ、ひとたび打者に変身すれば、度肝を抜くような大本塁打を放ち、ファンを「SHO(翔)TIME」と大喜びさせました!それにはエンゼルスファンだけでなく、他球団のファンも魅了されていました。

二刀流を前面に押し出し海を渡った大谷翔平選手に、米メディアは懐疑的でした。キャンプでは上手く対応できず防御率は何と27、00で打率も.125と、投打ともに精彩を欠き散々な内容。当初は批判めいた記事が目立つていました。

開幕前に不振の大谷の打撃を「高校生レベル」と酷評した、米ヤフー・スポーツのジェフ・パッサン記者は、開幕後に大爆発した大谷翔平選手に、公開書簡形式で謝罪しました。「わたしが間違っていました!」確かそのような内容だったと思いますが・・・

現在のジェフ・パッサン記者は、「オオタニが成し遂げたことは歴史的だ。偉大な打者。投手としても平均を超える。正当な勝者」と、二刀流のスターについて大絶賛なんですよ。

ジェフ・パッサン記者は自身のツイッターで、1位大谷翔平・2位ミゲル・アンドウハー・3位ジョーイ・ウェンドルに投票したことも報告しています。

もう一人、開幕前の大谷翔平選手を酷評したのが、米経済紙のコラムニスト、バリー・ブルーム氏。大谷翔平選手について「投手としては5勝8敗で、打者としてのホームラン数は5本未満だ。投打ともに仕上げるのにはまだまだ時間が必要だ」と話していました。

しかし開幕直後にはジェフ・パッサン記者同様、自らのコラムで公開謝罪していました。今では「オオタニは1919年のベーブ・ルース以来となるシーズン50イニング登板、15ホームランを達成した。これだけでも、オオタニは伝説のジャッキー・ロビンソンの名前を冠せられたア・リーグ新人王で当然の楽勝だ」と大絶賛しているのです。

大谷翔平選手は、懐疑的だった人々を180度変えてみせたのです。自分の実力で!鮮やかに華やかに!

そんな中で大谷翔平投手を二刀流で起用。オープン戦で不振だったときもその力を信じ、大谷翔平選手の能力を最大限発揮させるために、力を尽くしてくれたソーシア監督。辞任されてしまったのですが、きっと大喜びしていらっしゃるでしょうね。

大谷翔平選手は新人王になった今「もっともっとこの先の方が長いと思うので、そこでもっと良い活躍ができるように、来年に向けて頑張りたい」と、心は既に来年を見つめています。新人王を獲得したことで、より一層気持ちを引き締める・・・そんな感じですね。

スランプに喘ぐ大谷翔平にイチローが伝えた言葉!

マリナーズのイチロー選手45才、が大谷翔平選手への祝福談話を発表しました。
「翔平、おめでとう」。

期待と重圧の中でタイトルを獲得することの難しさは、誰よりも知っているイチロー選手。談話の最後を、思いを込めて、こんな言葉で締めました。

「推測ですが、翔平にとっては獲得したいタイトルというより【獲得しなくてはならないタイトル】というスタンスであったのではないでしょうか。いわば最低でも新人王ということです」と、大谷翔平選手の心に、思いを馳せるように話したイチロー選手。

振り返れば、17年前の同じ11月12日(米国時間)に、イチロー選手も28人中、27人の1位票を集めて、首位打者と盗塁王を獲得しての圧勝だったのです。

その時「僕にとってはどうしても獲らなければいけない賞だった」と語っていたイチロー選手。その一言には、日本のトップ選手としてのプライドが滲んでいました。

しかし、イチロー選手に続く選手は現れることはありませんでした、17年間も・・・

イチロー選手は言いました。
「この17年間、そのような立場の選手(日本)が何人かいたように思いますが、新人王が生まれることはありませんでした。獲得して当然の立場で、実際にそれを達成することは実は思いのほか難しいものです」と。

イチロー選手は大谷翔平選手の1年目の苦悩を見てきました。アリゾナ春季キャンプ中、思うような打撃ができない大谷がバット1本を持って、イチロー選手の自宅を訪れました。

大谷翔平選手とは以前から交流があったイチロー選手は、「自分の才能を信じることの大切さを説いた」そうです。その後イチロー選手は現役のまま会長付特別補佐に就任。今季の対決は実現しませんでした。

大谷翔平選手は、イチロー選手の言葉を胸に開幕を迎え、どでかい花火を打ち上げ、ついには新人王に輝いて、17年間待ち続けたイチロー選手に安堵と、未来へつながる夢を運びました。

イチロー選手は大谷翔平選手について「サイ・ヤング賞をとった翌年には本塁打王を取るとか、そんな空想でもしないようなことを現実にできる可能性のある選手」と思っているのです。何かどでかいことをやってくれそうな大谷翔平選手に、「頼むぞ翔平!」どでかい夢を託しているのかもしれません。

「この先、どれくらい同じ時間を共有できるかは僕次第ですが、この歴史的にも希有(けう)な存在の選手と渡り合うべく、励んでいきたい」イチロー選手は、大谷翔平選手と対戦することを頭に描きながら、練習に打ち込んでいるようです。

まとめ

米大リーグ今季のア・リーグ新人王に、エンゼルの大谷翔平選手24才を選出したと発表しましたが、2位以下に大差をつけての圧勝でしたね。

投票権のある記者30の内、25人が1位大谷翔平選手に投票、2位でも1人が投票しています。本当に圧倒的な強さで、2位以下を寄せ付けませんでした。

MLBでベーブ・ルース以来の本格的な二刀流でプレーし、「新人王は大谷翔平だ」と、同僚をはじめ多くの記者が予想していた通りになって本当に嬉しい。

MLBで日本人選手が新人王を取ったのは、大谷翔平選手で4人目です。
1995年の野茂英雄投手(ドジャース)。
2000年の佐々木主浩投手。
2001年のイチロー外野手(以上マリナーズ)。
上記3人に次ぐ4人目の新人王となりましたが、2001年のイチロー選手以来17年ぶりの快挙ですよ。

大谷翔平選手は圧倒的な支持を集めました。
1位票:25票:25×5=125点。
2位票:4票:4×3=12点。
合計点:137点。

規定打席数は勿論不足しているのですが、出塁率と長打率を併せた「OPS」では、リーグ全体で8位相当の.925に達していました。下記のランクを見て下さい。大谷翔平選手は超一流クラスに入っているのです。

OPSとは、On-base Plus Slugging(オンベース・プラス・スラッギング)の頭文字をとったものです。

OPSのランクは下記のようになっています。
OPS.600~:打力の低い打者。
OPS.700~:一般的な打者。
OPS.800~:一流。
OPS.900~:超一流。
OPS1.00以上:球界NO 1レベル。

パワーと技術に裏打ちされた活躍を魅せた大谷翔平選手。時には投手として160キロ台の速球で強打者をきりきり舞いさせ、ひとたび打者に変身すれば、度肝を抜くような大本塁打を放ち、ファンを「SHO(翔)TIME」と大喜びさせました!それにはエンゼルスファンだけでなく、他球団のファンも魅了されていました。

開幕前に不振の大谷翔平の打撃を「高校生レベル」と酷評した、米ヤフー・スポーツのジェフ・パッサン記者や、米経済紙のコラムニスト、バリー・ブルーム氏を、今では完全に虜にしてしまったのです。

現在のジェフ・パッサン記者は、「オオタニが成し遂げたことは歴史的だ。偉大な打者。投手としても平均を超える。正当な勝者」と、二刀流のスターについて大絶賛なんですよ。

ジェフ・パッサン記者は自身のツイッターで、1位大谷翔平・2位ミゲル・アンドウハー・3位ジョーイ・ウェンドルに投票したことも報告しています。

しかし今では、ジェフ・パッサン記者同様、「オオタニは1919年のベーブ・ルース以来となるシーズン50イニング登板、15ホームランを達成した。これだけでも、オオタニは伝説のジャッキー・ロビンソンの名前を冠せられたア・リーグ新人王で当然の楽勝だ」と大絶賛しているのです。

「サイレント・トリートメント」で無視された大谷翔平選手が、チームメートに祝福を「おねだり」する姿がネットで拡散され、「可愛い!」と、一気に人気者になりましたけれど、大谷翔平選手自身も、この「サイレントトリートメント」が一番うれしかったし、思い出深い」と語っています。

この時の屈託のない笑顔も人々を魅了しました。明るく、人懐こい性格も、メジャーで活躍できた要因のひとつだったのでしょう。

いずれにしても、大谷翔平選手の大活躍が如何に凄いものだったか、これに尽きると思います。新人王の肩書を得た2年目の2019年。投手復帰は2020年以降らしいのですが、打者でどのような戦いを魅せてくれるのでしょうか。新しい監督の意向もあるでしょうが、期待して待ちましょう!

スポンサーリンク

おすすめの記事