若い方は、斉藤由貴さんが演じた初代「スケバン刑事」を、ご存じない方も多いでしょうね。
もう、30年も前のことですからね。演じた斉藤由貴さんも今は52才です。

斉藤由貴さんが初主演した連続ドラマですが、「スケバン刑事」大ブレークで、一気に人気スターとなり、以降ドラマや映画で大活躍、歌手としても次々とヒット曲を出しています。

あれから30年が過ぎても尚、芸能界で活躍しているのですから凄い。魔性の女とも言われている斉藤由貴さん。年を重ねても変わらない可愛さが、チョイ悪な悪魔を引き寄せてしまうのでしょうか、3度も不倫で世間を賑わせてしまいました。

スポンサーリンク

1984年に「東宝シンデレラオーディション」第1回目が開催されました。斉藤由貴さんはファイナリストまで残り、芸能界デビューしています。この時のグランプリを獲得したのが沢口靖子さんでした。

斉藤由貴さんは、同じ年(1984年)に行われた「少年マガジン」の第3回ミスマガジンで、グランプリを獲得してCMデビューすると、1985年には歌手デビューを果たし35万枚の大ヒットを記録しています。

斉藤由貴さんは今迄に3度不倫していますが、最初の不倫と2度目の不倫では、斉藤由貴さんは独身でした。でも、今回はお互いに既婚者同志で、それぞれの家族が巻き込まれてしまいました。本人同士は身から出た錆ですが、家族は本当に辛い思いをしたことでしょう。

デビューした当時から、大活躍をしてきた斉藤由貴さんが、どうして、3度も不倫騒ぎを起こしてしまったのでしょうか・・・3度の不倫について、また、斉藤由貴さんがどのような道を辿ってきたのか、振り返ってみたいと思います。

斉藤由貴「スケバン刑事」大ブレークで一躍人気者に!

1984年「東宝シンデレラオーディション」第1回目で、ファイナリストまで残った斉藤由貴さんは、すぐに芸能界デビューしています。

さらに斉藤由貴さんは、同じ年(1984年)に行われた「少年マガジン」の第3回ミスマガジンで、グランプリを獲得してCMデビューすると、1985年にはCDデビューを果たし35万枚の大ヒットを記録。

そして、斉藤由貴さん初主演の連続ドラマ「スケバン刑事」で大ブレークしたのです。
1985年4月11日から10月31日まで、毎週木曜日の19:30 - 20:00の時間帯で放送されていました。

わたしも、斉藤由貴さん演じる麻宮サキを、「カッコいい」なんて思いながら、欠かさずみていました。本当に可愛かったですよ、斉藤由貴さん。

悪人を前にした麻宮サキは、ヨーヨーを投げた後に、組み込まれている桜の代紋を敵に見せ、「鷹ノ羽学園2年B組麻宮サキ。またの はスケバン刑事」と名乗って啖呵を切るところ、ちょっと憧れました。( ´艸`)

麻宮サキの啖呵はさらに続きます。
「スケバンまで張ったこの麻宮サキが、なんの因果か落ちぶれて、今じゃマッポの手先。笑いたければ笑えばいいさ。だがな!てめえらみてぇに魂まで薄汚れちゃいねえんだぜ!」
斉藤由貴さんが、あの可愛い顔で啖呵を切るのが凄く新鮮で、毎回楽しみでした。可愛かった!

ヨーヨーの腕前は超一流麻宮サキ。芯に鉛を仕込んであるサキのヨーヨーを使いこなせるのは、麻宮サキと彼女と母のナツだけで、敵を倒すために欠かせない最高の武器でした。

下記画像元のアドレス ⇒ https://is.gd/PRVNYY

二代目の「スケバン刑事」南野陽子さん、三代目「スケバン刑事」の浅香唯さんもすべて観ていますが、斉藤由貴さんの場合、最初だったと言うこともあるのでしょうが、イメージは強烈でした。でも、三代目迄含めて全て好きですね。三者三様でそれぞれ可愛くて素敵でしたから。

斉藤由貴さんのプロフィール。
本名:小井 由貴(いさらい ゆき)
生年月日:1966年9月10日。

出生地:神奈川県横浜市。
身長:161センチ。
血液型:B型。

1986年には、NHKの連続テレビ小説「はね駒」でヒロインを演じた斉藤由貴さんは、その年の12月に、紅白歌合戦に出場して紅組のキャプテンも務めました。

斉藤由貴さんの主な出演映画は、
「恋する女たち」
「トットチャンネル」 
「君は僕をスキになる」
「おいしい結婚」

斉藤由貴さんの主な出演ドラマは、
「スケバン刑事」
「はね駒」
「吾輩は主婦である」 

斉藤由貴さんは、これ以外に、多数の映画やドラマに出演しています。

魔性の女 斉藤由貴 初不倫は尾崎豊!尾崎豊の死は謎に満ちたまま?!

斉藤由貴さんは「魔性の女」などと言われています。
魔性の女と言われるのは、その女性が知らず知らずのうちに男性を虜にしてしまうことが所以です。

魔性の女になろうとしている、天然ではなく研究努力して、魔性の女になろうとするのとは違います。「天然の魔性の女」は計算ではなく、本人も気づかないまま男性を虜にしてしまうのです。

その魅力こそ「魔性の女」が持って生まれたものです。自然の魅力・・・というよりも魔力かな。魔力のように男を引き寄せてしまう魅力を持っている・・・それが「魔性の女」と言われる所以でしょう。

斉藤由貴さんの最初の不倫は尾崎豊さんでした。1991年3月のことです。
尾崎豊さんとは雑誌の取材で知りあい、二人で北海道旅行に出かけています。このとき斉藤由貴さんは結婚していませんが、尾崎豊さんは結婚していました。その後、不倫は解消したと聞きました。

実は、覚せい剤を使用した尾崎豊さんは、刑務所にいた時期があります。その時、そこでグラビア写真の斉藤由貴さんを見て、ファンになってしまったらしいのです。

尾崎豊さんが熱望して、斉藤由貴さんとの雑誌対談が行われたのが、1990年11月でした。それから4か月後に、北海道旅行に出かけ、フライデーされました。

この頃は、不倫に対して今ほど厳しくなくて、不倫のために番組を降板することもありませんでした。だから斉藤由貴さんは、普通に仕事を続けていましたよね。。

これは噂なので、本当かどうかわかりませんが・・・一説によれば、尾崎豊さんは「離婚しようとしていた」という話があったのです。しかし、フライデーされてから間もなく、斉藤由貴さんに自分から別れを告げているのです。

覚せい剤を使用していた尾崎豊さんは、体に異変を感じたのでしょうか。もし、長くは生きられないと思える何かがあったと仮定すれば、斉藤由貴さんに別れを告げたのも頷ける気がします。ただこれは、憶測にすぎませんけれど、あるいは・・・なんて考えてしまいました。

尾崎豊さんが亡くなったのは 1992年4月25日早朝のこと。斉藤由貴さんとの不倫から1年後でした。

 あの日、26歳のカリスマシンガー 尾崎豊さんは、東京都足立区 民家の庭先で、異様な姿で発見され、その日のうちに自宅で亡くなってしまいました。尾崎豊さんの死因は、医学的には「肺水腫」だとされています。

致死量を超える覚醒剤を使用した為、肺水腫になり死亡したという説もあるらしいのですが、正式発表されたわけでもなく、推測の域を出ていません。

二度目の不倫は川崎麻世!奥さんに「ごめんなさい」と涙!

二度目の不倫は1993年の川崎麻世さんでした。まだ、斉藤由貴さんは独身でしたが、川崎麻世さんはカイヤさんと結婚していました。この時も、大ごとにはならず、斉藤由貴さんは普通に仕事を続けていましたよね。番組降板などはありませんでしたから。

斉藤由貴さんが、舞台俳優の川崎麻世氏と「不倫」していることが発覚しました。
7月15日夜、宝塚劇場で会見を開いた川崎麻世氏は、「彼女にキスしたいと思ったし、すごく素敵に見えて惹かれていった!」と不倫を全面的に認めています。

そして「もう会わないようにします。離婚ということも僕の中には全くありません」と元のサヤに戻ることを強調していました。

斉藤由貴さんも滞在中のオーストラリアで、テレビ朝日「スーパーモーニング」の電話取材に応じ、「軽率だった」と発言しています。

斉藤由貴さんは、テレビ朝日のドラマ収録のためオーストラリアに滞在中でした。川崎麻世さんとは、1週間に6度も会ったことがあると話した上で、「普通ではないと思うし、会っている時も軽率だという意識があったけど楽しかった」と。

下記画像元のアドレス ⇒ https://is.gd/PRVNYY

1991年に歌手の尾崎豊さん(故人)との不倫が発覚した時とは、微妙に違うことを強調していたようです。川崎麻世氏とは「もう会うことはないと思う」と話していましたが、突然の発覚で、心中揺れ動くものがあったかもしれません。

斉藤由貴さんと川崎麻世氏の交際は、1992年秋の舞台共演から始まっていました。
「フライデー」には、5月には1週間に6日間もデートを重ねたと記載されています。東京・晴海埠頭で堂々と口づけを交わし、7月には目黒区内の斉藤由貴さんのマンションに2人で現れたとも・・・

斉藤由貴さんはオーストラリアから帰国後、川崎麻世さんより4日遅れで、会見を開きました。
「麻世さんとは癒やし合う関係でした。奥さんには、ごめんなさいと言いたい」と涙ながらに謝罪。

「既婚者だと分かっていながら、好きになってしまった自分は、つくづく学ばない人間だと感じています」
「私は子供のころから、理性が利かず感情的に動くことがよくあった。自分で嫌になります」と猛省していたのを覚えています。

イケメンの旦那にメロメロだった斉藤由貴なのに!

斉藤由貴さんの不倫のスキャンダルは、当然モルモン教幹部の耳にも入っていました。モルモン教としてもこれ以上、不倫によって教団の名に傷が付くのを防ぎたいと思ったのでしょうね。また、斉藤由貴さんの実父も激怒して芸能界を辞めさせようとしていた・・・そんな噂もありました。

モルモン教は、斉藤由貴さんを結婚させるために、すぐに動き出していました。川崎麻世さんとの不倫発覚は、1993年7月半ばでしたが、その直後の9月には、モルモン教徒で、米大学留学中の小井延安さんを紹介していたらしいのです。

斉藤由貴さんと小井延安さんは、すぐに意気投合し、出会ってからわずか10日後には、小井延安さんが斉藤由貴さんの実家を訪れたそうです。速攻ですね!

小井延安さんが斉藤由貴さんの実家を訪問した時すでに、斉藤由貴さんは結婚を意識していたようですから、お互いに「一目惚れ!」だったのでしょうか。

スポンサーリンク

婚約発表が行われたのは1年後でしたが、婚約会見で斉藤由貴さんは、結婚の決めて手となった理由について聞かれると、同じモルモン教徒であることが大きかったと答えていました。小井延安さんと結婚されたのは、1994年12月です。

斉藤由貴さんと小井延安さん夫婦は、かなり仲が良いと聞いていました。
どうやら、小井延安さんは背が高くてイケメンらしいのです。斉藤由貴さんは、よく言ってたそうです。
「あなたを尊敬しているし、きっと、わたしのほうがあなたを好きよ」と。

斉藤由貴さんには、長女は17歳、長男が13歳、次女12歳・・・3人の子供がいますが、もう、手がかかる頃は過ぎています。これからは、夫婦二人でゆっくり過ごせる時間が持てる頃になって、何故なの?
不倫なんて・・・

3度目は医師とW不倫!医師の家庭崩壊で高額慰謝料発生かも?

2017年8月でした。斉藤由貴さんの3度目の不倫が報道されたのは・・・
相手は50代で、斉藤由貴さん家族のかかりつけ医師と・・・ダブル不倫。
最初は否定していましたが、いろいろ証拠となる写真などが出てきたため、もう否定出来ません。

不倫相手の医師がテレビ番組「スッキリ」に出演して、5年前から不倫関係にあったことを告白してしまいました。関係を否定していた斉藤由貴さんでしたが、不倫を認めざるを得ず、謝罪しました。

「子供達が目にすることを考え、本当のことをお話しできませんでした」と、嘘をついたことを謝罪した斉藤由貴さん。本能の赴くままに不倫はしても、やはり3人の子供たちのことが気にかかっていたのでしょう。

不倫問題の発覚で、いろいろ影響がでました。

  • 2018年出演予定だったNHK大河ドラマ「西郷どん」の出演を辞退。
  • auとエミネットのCMも辞退。
  • 東宝カレンダー(32年間続いた)のラインナップからも除外されています。

また、2015年10月から担当していた「オールナイトニッポン MUSIC10」木曜日の出演も、2017年9月7日で降板しています。ただ、オールナイトニッポン側は降板ではなく休養だと言っています。

一方、不倫相手の医師には、妻と5人の子供がいます。
不倫発覚後、家族は医師の元を離れてしまい、現在別居中。また離婚調停中とのことでしたから、親権や慰謝料などの条件面を話し合われているのでしょうか。

5人も子供がいれば、養育費の額は相当膨れ上がると思われます。さらに、奥さんや家族への精神的な慰謝料はそれ以上かもしれません。医師の心境としては雲隠れしたいでしょうが、働かざるを得ません。

斉藤由貴さんも、離婚裁判に無縁ではありません。
明らかに斉藤由貴さんとの不倫が原因での家庭崩壊したことは明白。医師の妻は、斉藤由貴さんに対して慰謝料請求ができるため、芸能人なのでかなりの金額を提示されそうです。

まだ、離婚裁判の結果が出ていませんので、斉藤由貴さんも、黙って待つしかありません。

過去にベッキーさんは、ゲスの極み乙女ボーカル川谷絵音さんと不倫報道されました。また、矢口真里さんも「お持ち帰り」不倫報道などがあり、それぞれ、大きな代償を払っています。

ベッキーさんの不倫は2016年でしたが、2年が過ぎた今も、完全復活はできていません。不倫前は、CMをはじめ、多くのレギュラー番組を持つ人気者だったのに、いまだにレギュラーはありません。

まとめ

2017年8月でした。斉藤由貴さんの3度目の不倫が報道されました。
相手は50代で、斉藤由貴さん家族のかかりつけ医師と・・・ダブル不倫。

最初は否定していましたが、不倫相手の医師がテレビ番組「スッキリ」に出演して、5年前から不倫関係にあったことを告白してしまいました。関係を否定していた斉藤由貴さんでしたが、不倫を認めざるを得ず、謝罪しました。

過去に不倫報道があった、ベッキーさんと矢口真里さんは、それぞれ、大きな代償を払っています。ベッキーさんは、CMが多かったので、○億円も弁済しなければなりませんでした。

ベッキーさんの不倫は2016年でしたが、2年が過ぎた今も、完全復活はできていません。不倫前は、CMをはじめ、多くのレギュラー番組を持つ人気者だったのに、いまだにレギュラーはありません。

ただ何故か、斉藤由貴さんの場合は、少し様相を異にしています・・・
斉藤由貴さんは、自粛という形で休業するのではなく、仕事の依頼があれば受けるというスタンス。

2018年1月11日 15:00から、三谷幸喜さん書き下ろし舞台「ショーガール」に、斉藤由貴さんは戸田恵子さんと共に出演しています。

2018年4月公回の映画『いぬやしき』、2018年4月14日放送の三谷幸喜脚本ドラマ『黒井戸殺し』に続き、2018年
6月9日には「武部聡志 Premium Duo Session Special Vol.7」に出演して、「一夜限りのピアノとボーカルのデュオセッションライブ」に出演していた斉藤由貴さん。

武部聡志プロデューサーは、スタジオジブリのアニメ映画「コクリコ坂から」の音楽制作や、名曲「ハナミズキ」のプロデュースなどで知られています。

仕事は、かなり順調な斉藤由貴さんですが、まだ、全てが終わったわけではありません。
斉藤由貴さんとの不倫が原因で家庭崩壊した医師の離婚調停。医師の妻は、斉藤由貴さんに対して慰謝料請求ができるため、芸能人なのでかなりの金額を提示されるだろうと予想出来ます。

結果がいつ出るのかはわかりませんが、それまでは、心が安らぐ時はないでしょう。でも、「身から出た錆」ですから、仕方がないですね。ひょっとしたら、多額の慰謝料請求を想定して、頑張っているのかも・・・なんて。

斉藤由貴さん、もう二度と、不倫はしないでね。誰かの幸せを壊してしまうから・・・

スポンサーリンク

おすすめの記事