TBSの「プレバト」を、あなたは見ていらっしゃるのかしら。

人気芸能人の方々の、意外なって言うと失礼になるのかな・・・
でも、本当に意外な方が、意外に思える才能を持っていることに驚ろきながら、新鮮さも感じています。「この人、こんな才能があったんだぁ!」て、本当にびっくりしたこともありました。

「プレバト」はいくつかのジャンルに別れています。
俳句、生け花、盛り付け、絵手紙、水彩画、書道、消しゴムはんこ、料理など。どのジャンルも面白いのですが、個人的には俳句部門が好きですね。凄く面白いなって!

「プレバト」俳句部門では、「絶対 俺が一番だ!」と・・・ドヤ顔で毒舌を吐く「おっちゃん」こと梅沢富美男さんと、夏井いつき先生のやり取りも面白い。

夏井いつき先生も、どちらかと言えば「ズバッ」とおっしゃる方。ぶうぶう文句を言うおっちゃんこと、梅沢富美男さんに 「黙れ!俳句の内容を確認してから、文句言え!」とピシャリ。シュンと縮こまるおっちゃんの姿に大笑いしたことも。

2人の応酬は、時にはバトルになりそうなほど激しいこともあり、「喧嘩はやめろ!」MC浜田雅功さんが止めに入ることもあるほどですが、今や番組名物・・・かもね。

それから落語家の立川志らくさんも毒舌家ですよね。イメージ的には、いつも「ドヤ顔」のズームアップを狙う梅沢富美男さんが「動」ならば、志らくさんは「静」でしょうか。しらっとした顔で「ズバッ」と毒舌を吐くところが、これもまた面白い。

東国原英夫さんは、良い時と悪い時の差があり過ぎ。何度か昇格しては降格・・・
藤本敏史さん・・・俳句の才能に少なからず驚きました、凄いなって。勉強されていますよね。東国原英夫さんと共に、梅沢富美男さんを追い詰めてもらいたいな。

3人が競り合えば一段と面白くなると思うから。

この「プレバト」は、2012年10月11日にスタートしてから、毎週木曜日の19:00 ~ 20:00に放送されています。少しづつ形を変えながら、現在の「才能査定ランキング」に統一されたようですね。

現在の「才能査定ランキング」に統一されてからは、「俳句の才能査定ランキング」の人気が特に高くて、基本的に「俳句の才能査定ランキング」を前半、他のジャンルの才能査定ランキングを後半に放送するようになったそうです。

何しろ、「俳句の才能査定ランキング」の関連本が出版されたり、派生企画・イベントが実施されるなど大変な影響を与えているらしいですよ。

さらに今では、視聴率の高さから「俳句の才能査定ランキング」の放送時間が、全体の4分の3に迄拡大されました。通常「プレバト」の放送時間60分ですが、その4分の3と言うことは、40分から45分くらいでしょう、これって凄くないですか?!

視聴率は関西の方がやや高く、2019年2月14日に関西地区で、番組史上最高視聴率19.5%を記録。関東地方でも、3時間スペシャルで17%を記録したことがありました。

俳句を査定するのは俳人の夏井いつき先生。
「当番組へのレギュラー出演によって、全国的な俳句ブームを牽引した」と言う理由で、第44回(2017年度)の放送文化基金賞を、個人・グループ部門で受賞されています。

MC浜田雅功さんは、要所要所でさりげなく、ピリッと辛味を効かせる場面がありますね。 2012年のスタートからMCを務めているので、周囲の様子がよく見えているのだと思います。

それでは、「俳句の才能査定ランキング」の査定方法や、「プレバト」俳句のトップ争いをしている3人の方と、査定をされる夏井いつき先生について調べてみましょう。

スポンサーリンク

俳句才能査定ランキングの査定方法!査定は夏井いつき先生!

俳句の才能査定の挑戦者は4人~10人の芸能人や著名人の方。
人数は、いつも同じではなく、その時によって違うようですね。

まず、出来上がった作品を俳人の夏井いつき先生が査定。査定された内容によって、「才能アリ」・「凡人」・「才能ナシ」の3ランクに分かれます。

優秀な挑戦者が多ければ「才能アリ」が多く出る場合もあるし、逆に全体のレベルが低い時は、「才能アリ」が、ぎりぎり一人ということも・・・

また、同じランクの中でも点数による順位があります。例えば70点以上の「才能アリ」が1人で、40点~69点の「凡人」が2人いた場合、点数が高い人から順に「凡人2位」「凡人3位」・・・のようになります。

ただし、「才能アリ」が2人だったら、順位は「凡人3位」「凡人4位」に代わります。尚、順位発表は、順位通りではなくランダムです。順位を何位から発表するかは、MCの浜田雅功さんに「一任」されていて、任意の順位から発表。

尚、公正を期すため査定時には、挑戦者の氏名を伏せ、誰の作品かわからない状態で行われ、査定が終了した時点で始めて、挑戦者が誰なのかを、映像で伝えているのだとか。

また、査定の結果として「特待生」への昇格が決まった場合、「特待生に昇格」と表示されます。
特待生になると「特待生昇格試験」があり、ランク昇格試験に臨みますが、「1ランク昇格」「現状維持」「1ランク降格」に分かれます。場合によっては2ランク昇格や2ランク降格もあるらしい。

「特待生昇格試験」の参加者(挑戦者)には、「お題」と一枚の「兼題写真」が事前にを提示されます。

尚、兼題写真に関連する物や光景を詠む必要はなく、兼題写真から連想される光景を詠んでも大丈夫。連想される光景を詠むことを、番組では「発想を飛ばす」と説明されていますよね。

査定発表の直前、参加された方々の心境は・・・ワクワクする気持ちもあるとは思いますが、どちらかと言えば、ドキドキの方が勝っているかもしれません。

俳人夏井いつき先生はどんな方?!査定容赦なしで厳しいよ!

査定するのは、俳人の夏井 いつきさん・・・番組では先生と呼ばれています。

夏井 いつき(なつい いつき)。
本名  :加根伊月(かね いつき)。
旧姓  :家藤(いえふじ)。
生年月日:1957年(昭和32年)5月13日。
学歴  :京都女子大学文学部国文科卒業。
現在  :帝塚山学院大学リベラル・アーツ学部客員教授。

夏井 いつきはさんは、2018年12月31日『第69回NHK紅白歌合戦』に、ゲスト審査員として出演されました。

俳人が『NHK紅白歌合戦』の審査員に起用されたのは、1972年(昭和47年) 第23回、中村汀女以来46年振り。

「プレバト」の俳句は、提出された句について、夏井いつき先生が事前に査定し、70点以上で「才能アリ」、69〜40点で「凡人」、39点以下で「才能ナシ」と判定されます。

お題や兼題写真は、放送される季節にちなんだものが多いみたい。番組の最後に、次回放送分の「お題」と「兼題写真」を紹介するようになったのは、2018年の途中から。

査定結果の発表。
銀河万丈(声優:俳優:ナレーター)さんのナレーションで、対象の俳句を紹介。
作者が、その句に込めた意味など説明したあとに、特待生や名人が講評するのですが、これがまた、意外と面白いのです。講評が長引くとMCの浜田雅功さんが「はいっ、そこまで」などと上手くカット。

最後に夏井いつき先生が、別室からの中継で登場し、評価のポイントを解説した後で、必要に応じて作品を添削。作者の説明を聞き、言葉の意味を間違えていたり、作者が伝えたいことと、句の内容がかけ離れていた場合は減点され、それに伴うランクダウンや順位の入れ替え対象になります。

因みに、過去にランクダウンや順位の入れ替えが行われたことがあります。下記のアドレスをクリックして下さい。 https://is.gd/P5SpFk

また、出来の良い句や、作者の工夫や世界観が強い句に対しては添削されません。
「先生、添削は?」MC浜田雅功さんの問いかけに、
「ありません」と夏井先生がにこやかに答えます。

そして、才能ナシ10~5点程度の句や凡人査定で、手の加えようがない場合には「添削不可」という判断が下されるのですが、これはもう、仕方ないですね。

永世名人目指す!梅沢富美男VS東国原英夫と藤本敏史!

特待生昇格試験で4回連続現状維持だった梅沢富美男さんですが、2018年3月8日の「プレバト」で、
「友ふたり 卒業の日の 病室に」と詠み、俳人・夏井いつき先生に「余韻が素晴らしい」と評価され、名人9段に昇格しました。その結果、猛追してきた名人7段の藤本敏史さんと、名人5段の東国原英夫を引き離し満面の笑み。

しかし、2018年5月31日の「プレバト」で、梅沢富美男さんが9段から8段に降格!

特待生昇格試験のお題は「衣更え」。査定前には、「今回は根性入れてきましたよ! 現状維持は許しませんよ!」などと吠えまくっていました。そして詠んだのが「おさな子の 乳房ふくめる 球の汗」。

ところが、現状維持どころか8段に降格・・・この時の瞬間視聴率が、何と20.2%!
梅沢富美男さんの昇格と降格が、如何に注目されているかということでしょうね。藤本敏史さんと、東国原英夫さん・・・3人の戦いを見つめる「プレバト」ファンの気持が、視聴率に現れているような気がします。

梅沢富美男さんと、藤本敏史さんの2人が、名人9段になったのは2018年7月2日。
2人はW昇格を果たし、一足先に9段に昇格していた東国原英夫さんに並びましたね。

2018年6月7日に、東国原さんは「梅雨明けや 指名手配の 顔に×」で、梅沢富美男さんと藤村敏史さんより一歩早く9段に昇格していました。この句に関してはアドレスをクリックしてみてね。 https://is.gd/MclOej

藤本敏史さんの一句。
「歩行量調査 戻り梅雨の 無言」と詠みました。
夏井いつき先生は、「歩行量調査という長い言葉をどこに入れ込むのか、難しい判断が見事にできている。これ以上の言葉は要らない」とべた褒め。

梅沢富美男さんの一句。
「道ばたの 花束ひとつ 虹たてり」
「まるで映画のファーストシーンのよう」だと、夏井いつき先生は、手放しで絶賛。
「虹立てり・・・が悲しみや償い、祈りなど全ての気持ちを受け止めている」と。見事9段に昇格。

実をいうと、梅沢富美男さんは査定前はかなり不安顔だったのです。「交通事故を思い浮かべてしまうから・・・」と弱気でした。ところが、昇格した途端に「俺が一番だ!」のドヤ顔復活( ´艸`)

そして、ついに梅沢富美男さんが名人10段に昇格!
2018年7月19日に放送された「プレバト」で、お題は「砂浜」。

「今日は調子がいい!」と言っていた梅沢富美男さんの一句。
「嬰児の 寝息の熱し 砂日傘」。
この句は添削なし「これは10段!おめでとう!」夏井いつき先生は文句なしの昇格だとべた褒め。

スポンサーリンク

「師範」が目の前にぶら下がったと思い、大喜びの梅沢富美男さんでしたが、現実は甘くない!次は「永世名人」を目指して、五段の階段を昇ることが決まり、「約束が違う!」と吠えまくるも、状況は変わらず。しかも、わずか一つでも添削された場合、即「降格」という過酷なルール。

MCの浜田雅功さんも「永世名人」になりたいんやろ!と梅沢富美男さんの背中を押す・・・ではなく、おしりを叩いてるのかな。「行けよ!」って( ´艸`)。

夏井いつき先生から「10段以上になるとハードルは高くなる。わたしも真剣勝負させていただきます」との言葉を受けて、「受けてたとうじゃないの!」と俄然やる気が起きた梅沢富美男さん。

ネットでは、少年漫画のような展開に、大喜びのコメントが続出したそうですね。
「めっちゃ熱い展開だ」
「アニメなら続編決定ってテロップが出るな」
「梅沢さん、本当に主人公キャラだよ」
「これが漫画だったら、やっぱり一番面白いところだろ」等々。

さらに、「センスが良い梅沢富美男さんなら、永世名人になれる!」と言う、梅沢富美男さんの活躍を楽しみにしている人たちの意見も多かったそうです。ファンから期待されているんですよ!

2019年4月11日。
ただひとりの名人10段☆3つまであがった梅沢富美男さんは、「店先の 香箱座り 暮れの春」と詠みましたが、夏井いつき先生は「物足りない」と、現状維持。

「作品としては成立している。香箱座りを知っている人はすぐに、猫のポーズを思い浮かべますよね。映像が出てきて、暮れの春と言う季語もほのぼのとしていい」と評価は上々。

「物足りない理由は、店先に座っている猫の春という発想の句は沢山ある。ただ、俺は猫と書かずに香箱座りと書いているんだぞと言いたい気持ちは重々わかるけれど、その意図の向こうにどや顔が見える、意図が見え透いている」と夏井いつき先生。

「普通の特待生や名人なら褒めるけれど、10段で☆3つ。ここで納得している梅沢富美男ではないと思いますよ」と査定は変わりません。

やはり「永世名人」に昇格するためには、夏井いつき先生に「流石、おっちゃん!」と言わせるくらいの凄い一句で昇格しなきゃ。だって「永世名人」だよ。頂上に立つんだもの!

まとめ

「プレバト」俳句部門では、「絶対 俺が一番だ!」と・・・ドヤ顔で毒舌を吐く「おっちゃん」こと梅沢冨美男さんと、夏井いつき先生のやり取りも面白い。

東国原英夫さんと藤本敏史さんが、一歩先を行く梅沢富美男さんを追いかける展開!
しかし「永世名人」ともなれば、やはり厳しいですよね。でも、簡単になれるようでは「永世名人」じゃないよと思う気持ちがあるのも事実。まがい物ではない「永世名人」の座を獲得して欲しいな!

夏井いつき先生に「流石、おっちゃん!」と唸らせるくらいの凄い一句を詠んで、「永世名人」と言う頂上に立って欲しい。「プレバト」俳句ファンの誰もが、「永世名人」第1号に、梅沢富美男さんの名前が刻まれるのを楽しみに待っているんだから。

東国原英夫さんと藤本敏史さんも、梅沢富美男さんを「追い越してやる」と思って頑張っていると思うので、期待したいですね。できれば三人で「永世名人」を競り合って欲しい気持ちも・・・ある。

これからますます「プレバト」俳句の人気はあがるでしょうね。
「プレバト」俳句の特番も増えるかも知れません。
すっごく、楽しみ!

スポンサーリンク

おすすめの記事