第20話は最終回スペシャルですね。タイトルは「新世界より」。
遺伝子工学の世界的権威者が殺害されて、反科学主義団体「楽園の扉」代表の阿藤修に疑惑がかかると言うストーリー。

遺伝子工学の世界的権威の大学教授が殺害される事件が発生。教授が取り組んでいたのは鳥インフルエンザに関する研究でした。現場から有毒ガス発生装置箱と、反科学主義を標榜する団体「楽園の扉」のバッチが発見されました。

「楽園の扉」代表の阿藤修は、いわく付きの人物。以前クローン技術研究所に爆発物を仕掛けた疑いで逮捕され、証拠不十分で不起訴になっています。殺人の関与を疑った警察は阿藤修を拘束。

杉下右京は、防犯カメラに映る不審な若い男女を発見。2人の名前を突き止めましたが、何と世界滅亡を描いた「沈む天体」という小説の主人公の名前だったのです。

「沈む天体」作者の鷺宮が、何か事情を知っているのではないかと考えた杉下右京と冠城亘は、鷺宮を訪ねます。そこで鷺宮と「楽園の扉」代表の阿藤修とが共同で、IT企業を立ち上げていたことが分かりました。

そして、防犯カメラに映っていた若い男女の行方が判明。「沈む天体」主人公と同名の、成瀬真一郎、水原美波を名乗る2人から事情を聞きますが、2人は記憶喪失で事件とは関係ないと主張。

さらに「このままじゃ世界が滅びる」と、奇妙なことも口ばしっていました。殺された大学教授の研究室では、鳥インフルから致死率100%の新型ウイルスを作ることが可能で、その研究成果が「楽園の扉」に渡っている可能性が浮上。

杉下右京と冠城亘は、「楽園の扉」を取材したことがある風間楓子の協力を得て、彼らの本拠地に乗り込むのですけれど・・・この先は第20話「新世界より」を見るしかないでしょうね。

ところで、杉下右京と冠城亘の5期目が内定・・・の噂が流れているそうですね。以前から水谷豊さんは反町隆史さんをべた褒めしていたらしいので、もうしばらくは、このコンビで行くのでしょう。亀山薫とのコンビより長くなる可能性も考えられます。

次の興味は、特命係青木年男、シーズン17の元日スペシャルで特命係を去り、サイバーセキュリティ室に戻りましたが、殉職の噂がチラホラ・・・どうなるのでしょうか。一時的に特命係に配属された意味がないと言う声が多かった・・・

それに、花の里の3代目女将のことが気になります。どうせなら、好きな女優さんに継いでいただきたいな。自分なりに候補者を考えてみます。あなたも好きな候補者を想像してみてね。

スポンサーリンク

薔薇のない花屋の子役から成長!八木優希18才が演じる不審な女!

第20話は最終回スペシャルですね。タイトルは「新世界より」。
遺伝子工学の世界的権威者が殺害されて、反科学主義団体「楽園の扉」代表の阿藤修に疑惑がかかると言うストーリー。

防犯カメラに映っていた不審な男女、成瀬真一郎と水原美波を、杉下右京と冠城亘が訪ねますが・・・2人は記憶喪失で、事件とは関係ないと主張。さらに「このままじゃ世界が滅びる」と、奇妙なことを口にしていた。

そんな中、致死率100%の新型ウイルスが,容疑者阿藤修が代表を務める「楽園の扉」に渡っている可能性が浮上したのです。

防犯カメラが捉えた不審な女・・・水原美波を演じるのが八木優希さん18才。

子役デビューは0才・・・なので、18才にして、すでに芸歴18年以上のベテラン?!
子役で映画やドラマに数多く出演しています。

特に、初のレギュラー出演だった「薔薇のない花屋」で演じた汐見雫役で評判になり、多くの方が覚えていらっしゃるようです。この時はまだ7才でしたが、かなり難しい役だったと聞きました。

映画は2本。
2012年映画「しあわせのパン」。
2018年映画「アイネクライネナハトムジーク」

2007年NHK大河ドラマ「風林火山」:武田信玄 次女の菊を演じています。まだ6才。
2008年にフジテレビ「薔薇のない花屋」:この時7才。汐見雫役を演じ評判になった。
2009年は日本テレビ「赤鼻のセンセイ」。

2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」:龍馬の初恋の女性と言われている、平井加尾の幼少期を演じています。
2010年テレビ朝日「ハガネの女」。
2011年には、NHK朝の連続テレビ小説「おひさま」:ヒロインの幼少時代を演じました。

2012年はTBS「浪花少年探偵団」。
2013年テレビ東京「白虎隊」・NHK「はじまりの歌」。
2014年中京テレビ「マザーズ」・テレビ西日本「めんたいぴりり2」。

2017年NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」。
2018年フジテレビ「いつまでも白い羽根」など。

八木 優希(やぎ ゆうき)
生年月日 :2000年10月16日
出身地  :東京都新宿区。
身長   :152cm。
体重  :?
特技   :剣道。
趣味   :読書、音楽を聞くこと
事務所 :アミューズ

八木 優希さんは、赤ちゃん(生後4か月)の時にデビューしているのですね、ちょっとびっくり!2001年2月18日、テレビ朝日「仮面ライダーアギト」第4話で、闇の力で誕生した赤ちゃん役でした。

生後半年~11か月の頃「ちゅらさん」にも出ているんですよ。2001年4月から9月まで放送されています。その他にも「はぐれ刑事純情派などでも子役で出演しています。

2018年10月で18才になった八木優希さん。
赤ちゃんの時にデビューしているので、芸歴18年以上ですよ。凄いな。

今ではすっかり可愛い女性に成長した八木優希さんが、不審な女を演じているのですが、どのような演技をみせてくれるのか、とても楽しみ。

最終回 不審な男を演じる渕野右登(ふちの ゆうと)って

そして、防犯カメラに映る不審な男を演じているのが、渕野右登(ふちの ゆうと)さん。若手演劇ユニット「恵比チリDAN」の元メンバーで、2015年終盤から芸能活動を始めてから、そろそろ3年半くらいになる、期待の新人俳優で24才。

渕野右登(ふちの ゆうと)
生年月日:1995年2月14日。
血液型 :A型。
出身地 :北海道。
身長  :165センチ。
体重  :?
趣味  :お洒落、ゲーム、漫画、映画鑑賞、コップのフチ子収集、三国志、サッカー
特技  :車いすウィリー
免許  :普通自動車運転免許
所属事務所:スターダストプロモーション

右という字が名前に付いているのに左利きだとか。
3人兄弟の長男で、年の離れた二人の弟がいるそうです。
北海道時代、度々1人でパンケーキを食べに行き、紅茶にガムシロップを6個入れるほど、めちゃめちゃ甘党。

2016年から2018年は舞台出演の方が多く、テレビドラマは少ないですが、これからどんどん出てくるでしょう。元恵比チリDAN(スターダストプロモーションの個性派若手グループ)のメンバーでした。

舞台。
‎2016年3月:恵比チリDAN完全自主プロデュース舞台「MEMENTO MORI」
2016年5月:「咲くは江戸にもその素質」
2016年5月:「ぱんきす!3次元」第4回公演 〜Rebirth&Growth 復活、そして増殖〜
2017年6月:恵比チリDAN 第5回公演舞台「ノール」

スポンサーリンク


ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」

2017年9月  ~ 10月:「ハイキュー!!」進化の夏
2018年4月    ~ 6月:「ハイキュー!!」はじまりの巨人
2018年10月 ~ 12月:「ハイキュー!!」最強の場所

映画。
2018年8月1日   公開:センセイ君主:東宝
2019年1月25日 公開:十二人の死にたい子どもたち(ワーナー・ブラザース映画、)

スターダストプロモーションに所属している期待の若手なので、これからが楽しみな俳優ですね。今回の相棒での演技次第では、一気に人気が出るかも知れません。

渕野右登さんが目標にしているのが嵐の二宮和也さんなのですが、頑張って欲しいですね。

花の里の3代目女将候補は?

鈴木杏樹さんが、13年続けた小料理屋「花の里」2代目女将を卒業!
やはり、一抹の寂しさを感じたのは、わたしだけでしょうか・・・13年は長いです。
ドラマの中とは言え、13年もの間、幸子さんの雰囲気に慣れ親しんできましたからね。

3月20日の最終回は、2時間スペシャルになっていますが、どのような展開になっていくのでしょう。おそらく、花の里3代目女将となりそうな人物が登場するかもしれない・・・なんて思っているのですけれど。でも、空振りに終わるかもしれません。

3代目女将のことで、何だかんだと考えている時、ふっと頭に浮かんだのですが・・・
亀山薫の彼女、美和子を演じた鈴木砂羽さんを思い出して、けっこう面白いかも知れないと。
飛躍し過ぎで、馬鹿じゃないのと思われるかも知れませんけれど。

亀山薫と破局した美和子なんていうのはありきたりなので、ジャーナリストの美和子が、事件の手がかりを探すために日本に戻ってきて、花の里がなくなりそうなのを知り、悩んだ挙句3代目女将になる・・・なんてストーリー。

亀山薫は、友人の死亡を伝えるためサルウィン出向きましたが、サルウィンの現実を知り、亡き友人の代わりにサルウィンの子供たちに、正義の精神などを教えながら、何かできることは無いかと考えた結果、警視庁を辞職してサルウィンへ移住。美和子も亀山薫の意思を尊重して一緒にサルウィンへ移住しています。

でも、最終回に鈴木砂羽さんの名前はありませんから、空中楼閣になってしまう(´;ω;`)ウゥゥ
空中楼閣とは:空想的で実現性の乏しい考え方や議論、つまり蜃気楼(しんきろう)のことです。

今回、幸子の卒業を見て、多くの方が3代目女将をあれこれ想像されていると思うのですけれど、あなたの考えておいでになる3代目女将候補はどなたかしら?

相棒ファンにとって、小料理屋「花の里」はなくてはならないもの。杉下右京にとってもほっと一息つける憩いの場所ですから、必ず3代目女将が出てくるでしょう。でも、縁もゆかりもない方が女将になるのは、ないのかなって思うのですけれど。

もし、縁もゆかりもない方だとすれば、2代目女将の幸子さんが登場した時のように、2回か3回ほど出演して、深くかかわりながら、それらしき流れに持っていくことになるのでしょうね。

まとめ

シーズン18も、杉下右京と冠城亘のコンビが続きそうな雰囲気ですけれど、ネットでは何故か、サイバーセキュリティ室にもどった青木年男が、殉職するのではないか・・・なんて噂がありました。

鈴木杏樹さんが、13年続けた小料理屋「花の里」2代目女将を卒業してしまいました!
ドラマの中とは言え、13年もの間、幸子さんの雰囲気に慣れ親しんできたので、やはり寂しいですね。

3月20日の最終回は、2時間スペシャルになっていますが、どのような展開になっていくのでしょう。あるいは、花の里3代目女将となりそうな人物が登場するかもしれない・・・なんて思っているのですけれど。でも、空振りに終わる可能性もあります。

そしていよいよ最終回の第20話・・・2時間スペシャル。

遺伝子工学の世界的権威者が殺害されて、反科学主義団体「楽園の扉」代表を務める阿藤修に殺人容疑がかかります。そんな中、致死率100%の新型ウイルスが,容疑者阿藤修が代表を務める「楽園の扉」に渡っている可能性が浮上したのです。

相棒 最終回の重要人物となる阿藤修を演じているのが小木 茂光さん。名前を知らない方がいても、顔を見れば「ああ、この人ならよく見る」と、すぐに納得されるでしょう。それくらい数多くのテレビドラマに出演されている方。

杉下右京と冠城亘のコンビはシーズン18でも続きそうな感じなのですが、警察嫌いの青木年男がどのようになるのかも気になります。でも、やはり一番興味があるのは、小料理屋「花の里」の3代目女将ですよね。

最終回で、女将になりそうな人物が登場するのかどうか・・・でしょう。それとも、シーズン18に入ってから候補者が現れるのか、興味深いところです。

亀山薫の時は、第3話あたりまで杉下右京一人で活動していましたよね。でも、「花の里」が閉まったままと言うのは淋しすぎますから、早く3代目女将が現れてオープンして欲しい。

スポンサーリンク

おすすめの記事