デヴィ夫人は、バラエティ番組などで活躍されているので、多くの方がご存知だと思います。
ただ若い方達は、現在のデヴィ夫人は知っていても、デヴィ・スカルノの名前を聴いてもピンこない方が多いはず。

美しく聡明なデヴィ夫人ですが、来し方(通り過ぎてきた過去)は、まさに波乱万丈。今のデヴィ夫人からは想像も出来ない程凄まじい人生を歩いてこられました。

お父様は大工でしたが多額の負債があったため、かなり貧しい暮らしだったそうです。そして戦争当時根本七保子(デヴィ)さんは、お母様と弟さんの3人で疎開先の福島で暮らしていました。

スポンサーリンク

七保子(デヴィ)さんは15才の時に、映画のエキストラなどに出演するなどアルバイトをしていました。中学卒業後は定時制高校に進学しましたが、同時に、倍率150倍の超難関を見事に突破して保険会社に就職。

保険会社の仕事をこなしながら七保子(デヴィ)さんは、家計を助けるため喫茶店でアルバイトもはじめるなど、掛け持ちで頑張っていました。さらに夜は定時制高校に通うという多忙な毎日・・・健康であると共に、強固な精神がなければ出来なかったでしょう。

昼は保険会社と喫茶店を掛け持ち、夜は定時制高校に通うという、めちゃめちゃ忙しい毎日を送っていた七保子(デヴィ)さん。そんな時お父様が亡くなられ、お母様の生活を助けるために高校中退を選択。

高校を中退した七保子(デヴィ)さんは、東京赤坂にあった「コパカバーナ―」という高級クラブで働き始めたのです。とにかく七保子(デヴィ)さんは、何とかお母様を助けたいという一心で選んだ仕事でしたが、この高級クラブで働き始めたことで、運命が大きく変わり始めるのです。

ある人から「七保子さんに会いたいと言う人物がいる」と告げられました。約束していた待ち合わせ場所に現れたのが、インドネシアのスカルノ大統領だったのです。当時のインドネシアは独立したばかりで、スカルノ大統領は資金援助などを取り付けるため日夜奔走していました。

この後間もなく、まだ19才の七保子(デヴィ)さんは、インドネシアの開発を支援する「東日本貿易」の秘書として、スカルノ大統領の元へ向かいました。この時陰で動いていたのが、政財界に顔が効くフィクサーと呼ばれていた児玉誉夫氏だったともいわれています。

ここから七保子さんからデヴィ夫人へ・・・運命の糸がスカルノ大統領に絡み始め、類まれなる美貌と聡明さを兼ね備えた七保子(デヴィ)さんの運命が、大きく変わっていくのです・・・デヴィ夫人が歩かれた道を辿っていきましょう。

第三夫人となったデヴィさんに届いた悲報!愛する母と弟の死が相次いで・・・

まず、デヴィ夫人のプロフィールを見ていきましょうか。

本 名:根本 七保子(旧名・日本名)。
生年月日:1940年2月6日。
出身地:東京府東京市麻布区霞町 :現在は東京都港区西麻布。
メ モ:現在麻布は千代田区・中央区と並び、特別3区と位置づけされています。

七保子(デヴィ)さんが、「東日本貿易」の秘書として、インドネシアのスカルノ大統領の元へ旅だったのは、まだ19才でした。

インドネシアに渡った直後は「愛人」の立場でしたが、聡明だった七保子(デヴィ)さんは、英語も事務処理もてきぱきとこなし、スカルノ大統領にとって、かけがえのない有能なパートーナーとなり、渡米3年後には正式に第三夫人となっています。

インドネシア名:ラトナ・ サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)と呼ばれ、第三夫人となったデヴィ夫人。
旧姓:根本七保子

スカルノ大統領の第三夫人になったことが、日本でもニュースで取り上げられ、取材陣が連日のように、デヴィ夫人のお母様のところへ押し掛け、大変な騒動になっていました。マスコミなどの取材攻勢に神経をすり減らし、すっかり体調を崩していたお母様が、亡くなられてしまいました。

更に追い打ちをかけるかのように、お母様の死からわずか2日後に、デヴィ夫人が可愛がっていた弟さんまでが自殺してしまったのです。

スポンサーリンク

弟さんの自殺原因は、セールスマンに財産の全てをだまし取られた上、お母様の死に目にも会えなかったことを苦にしての自殺・・・とも言われていますが定かではありません。

弟さんの死を伝え聞いたデヴィ夫人は、筆舌に尽くせぬほど辛い思いをされたでのしょうね。ほとんど同時にお母様と弟さんの二人が、デヴィ夫人の手が届かないところに旅だってしまったのですから・・・

デヴィ夫人はその時のことを振り返り、今もこころの中に留まっている悲しい思い出だと話されているようです。テレビで話をされたこともありました。「あの時側にいたら、何かできたんじゃないかって」側にいられなかったことを悔やまれているようでしたね。

クーデターの真っただ中で敵将に面会を求めたデヴィ夫人!スカルノ大統領失脚デヴィ夫人国外へ!

ジャカルタの宮殿の一つに、弟さんの名前が付けられていましたが、革命後に接収され、軍事博物館になっているそうです。

お母様と弟さんをなくした3年後(1965年)のことでした。軍事クーデターが起きたのです。テレビの歴史ヒストリー番組で、デヴィ夫人ご自身が明かされた、クーデターに関する驚くべき事実がありました。

クーデターの真っただ中、大胆にも敵将スハルト将軍に面会を求め、直接会ったデヴィ夫人は、「クーデターを辞めるよう」に要請したと言うのです。「えええっ!」テレビを見ながら思わず絶句しました。

普通ならできませんよね。出来ないと言うより、そんなことを考えつくなんてまずあり得ません。一つ間違えば殺されてしまう危険もはらんでいたのに・・・と驚くばかり。結局デヴィ夫人の願いは叶わず、スカルノ大統領は失脚し軟禁状態に置かれてしまいました。

それにしてもデヴィ夫人の凄さを垣間見て、強靭な精神力と並外れた行動力は、女性に生まれてきたのは神様の手違いだったのかも、なんて考えたりして・・・女性の多くは、ただ祈ることくらいしかできませんよね。



デヴィ夫人は当初、インドネシアの日本大使館への亡命を希望されていました。しかし政治的な理由があり断念されたそうです。デヴィ夫人や第一夫人は、スカルノ大統領の元を離れ、それぞれ国外に逃亡しています。

東京都内で出産したデヴィ夫人は、その後、亡命者に寛容なフランスを亡命国に選んでいます。
フランスでは、幾度となく、デヴィ夫人のロマンスが囁かれたことがあるらしいのですが、再婚はされていません。

スカルノ大統領はクーデターを予期していたらしく、スイスに巨額の資金を確保していたようですが、資産分与に関しては二転、三転しながら、最終的にはインドネシア政府の方針により、デヴィ夫人は第三夫人としての遺産分与を受取られています。

スカルノ大統領の死後、デヴィ夫人の類まれなる美貌は「社交界の華」と言われ、その容姿で多くの政財界の要人と浮名を流していました。1980年にインドネシアに戻りましたが、デヴィ夫人の居場所はなく、ニューヨークに移動したおかげで、その後のインドネシア動乱・・・第一夫人と第二夫人の争いに巻き込まれることはありませんでした。

成人した一人娘のカリナさんは、2005年にオランダで結婚されています。お相手の方は米国系の金融機関シティバンクのCEOを務める方。欧州・中近東・アフリカ地区のCEOだとのことです。
CEO:最高経営責任者として選任された人物。

お孫さんのキランくんが「超イケメン」と話題になりましたね。

上記画像元のアドレスは ⇒ https://is.gd/bDMjOd この画像は5才頃でしょうか・・・ほんとに可愛くてイケメンですね。何たって「東洋の真珠」と謳われたデヴィ夫人のお孫さんですもの!

デヴィ夫人噂あれこれ!いいこともあれば良くないこともね!

デヴィ夫人は、いろいろな社会活動を長い間継続してこられました。

2005年にラトナ・サリ・デヴィ・スカルノ名義でNPO法人を立ち上げ。毎年秋に、「ザ グランド インペリアル チャリティ バンケット」を開催。その収益金で寄付や寄贈を行っています。

デヴィ夫人のライフワークのひとつが「ビザンティン皇室慈善舞踏晩餐会」です。この舞踏会には多くの芸能人や、在京の各国大使などが出席されます。2005年には小池百合子(当時は環境大臣)さんがが主賓として招待されました。

寄贈に関してデヴィ夫人ご自身が現地に足を運ばれたものがあります。

  • 北朝鮮の赤十字社を通じて朝鮮民主主義人民共和国に120トンの精米を寄贈。
  • パキスタンの赤新月社を通じて、2556枚の毛布と3500枚の防寒着を、カシミール地方の大地震の被災者に配布されました。

寄付されたところ。

  • 日本赤十字社:2000万円強。
  • 難民を助ける会:3000万円強。
  • 国連傘下・マルタ勲爵士団:2000万円弱。
  • その他にも、いくつかの団体に100万円~150万円くらいを寄付されています。

デヴィ夫人にまつわる話はたくさんあり、いろいろご存知の方もいらっしゃると思いますけれど、USAのスキーリゾート地コロラド州で起きた、ちょっとした障害事件のことをご存知でしょうか。

スポンサーリンク


1991年(平成4年)ですから、14年前迄さかのぼりますが、スキーのリゾート地コロラド州で行われた、パーティーの席で起きたのがシャンパングラスでの殴打事件。相手はフィリピンの第四代大統領スメニャの孫娘、ミニー・オスメニャだったそうです。

ミニー・オスメニャが「フィリピンの副大統領になる意志を持っている」と語った時、デヴィ夫人が「プっ」と吹き出してしまったらしいのです。それにミニー・オスメニャが腹を立てて、二人の関係が一気に悪化。

この時、どんな応答があったのかわかりませんが、デヴィ夫人は持っていたシャンパングラスで、ミニー・オスメニャを殴打したというもの。37針も縫う大けがをさせました。

勿論デヴィ夫人は傷害罪で逮捕されて、禁固60日・罰金700ドルの実刑判決を受けています。この時の刑務所暮らしを振り返り「学生寮のように、とっても楽しかった」と後日話されていたそうですよ。

この他にもインターネットの中傷問題もありましたね。加害者と間違われてネット上に表示された方がいました。その方を加害者だと思ってブログで批判した為、裁判にまで持ち込まれましたが、最終的には和解が成立しました。

また、番組スタッフからデヴィ夫人を挑発するよう言われた一般人が、その通りに挑発したところ、デヴィ夫人が女性を平手打ちにしたこともありました。平手打ちしたデヴィ夫人も悪いですが、でもこれは依頼した番組スタッフもよくないのでは・・・

デヴィ夫人に限らず有名人は何かと大変。いろいろありますけれど、これからもまた多くの話題を提供して下さるでしょう。できれば楽しい話題がいいですよね。お孫さんのキラン君がテレビに出てくれるような・・・でも、無理かな。

まとめ

美しく聡明なデヴィ夫人ですが、来し方(通り過ぎてきた過去)は、まさに波乱万丈。

幼い頃から貧しい暮らしが続き、アルバイトでお母様を助けていたのですが、お父様が亡くなられた為、高校も中退した七保子(デヴィ)さん。何とかお母様を助けたいという一心で赤坂にあった「コパカバーナ―」という高級クラブで働き始めたことで大きく運命が変わりました。

ある方の紹介でインドネシアに渡った直後は「愛人」の立場でした。しかし七保子(デヴィ)さんは、美貌の上に聡明でしたから、英語も事務処理もてきぱきとこなし、瞬く間に、スカルノ大統領にとって、なくてはならない有能なパートーナーとなりました。

そして七保子(デヴィ)さんは、渡米3年後に正式に第三夫人となっています。
インドネシア名:ラトナ・ サリ・デヴィ・スカルノ(Ratna Sari Dewi Sukarno)と呼ばれ、第三夫人となったデヴィ夫人。

日本でもニュースで取り上げられ、取材陣が連日連夜、デヴィ夫人のお母様のところへ押し掛け、すっかり体調を崩したお母様が亡くなられてしまったのです。その2日後には、弟さんまでが自殺してしまいました。

その3年後、インドネシアでクーデターがおきスカルノ大統領は失脚。デヴィ夫人は大変な運命にみまわれながらも無事に逃れ、日本で娘さんを出産後、フランスに亡命されました。

クーデターの5年後にスカルノ大統領の死亡が伝えられました。デヴィ夫人は、スカルノ大統領が残した巨額の遺産から、最終的には第三夫人としての分与を受けることができたたそうです。

スカルノ大統領の死後、デヴィ夫人はスペイン人との交際をはじめ、フランス貴族と婚約するなど、華々しいニュースが流れましたが、誰とも再婚はされていません。

1991年にはニューヨークに移住していましたが、日本に戻ってからは、芸能界で活躍されています。デヴィ夫人は年を重ねても今なお美しい方!時にはちょっとした刺激的な事柄も引きおこしながら、芸能活動を楽しまれているようにも思います。

デヴィ夫人のように、歯に衣着せずズバッと発言される方は少ないので、ご意見番的な役割を演じながら、いつまでも活躍して下さると嬉しいですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事