森泉さんのこと、知らない方は少ないでしょうね。
デザイナー森英恵さんの孫だと言うことも、多くの方がご存知でしょう。

モデルデビューが2002年で、パリコレの舞台も経験しています。すでに16年も活躍していると言うことですから、経歴は長いですよね。

「底抜けに明るく気さく、大らかで誰にでも優しい!」と、森泉さんと触れ合ったことがある方の多くが感じているようです。ちょっとタメ口なので、中には気にされる方もいらっしゃると思いますけれど、誰も悪く言う方はいないのです。

ため口については、受け取り方も人それぞれだし感じ方も違うから・・・仕方がないのかなと思います。でも、意外なことに毒舌家の坂上忍さんが、「僕タメ口あんまり好きじゃないんですけど、この人のタメ口はなぜか大丈夫なので」と・・・やはり、人それぞれなのですね。

スポンサーリンク

実は、坂上忍さんと森泉さんは、2018年10月15日から始まった、TBSの新バラエティ番組「1番だけが知っている」で、MCを務めているのです。

森泉さんとタッグを組んだ坂上忍さんは、次のようなことを話しています。下記内容は坂上忍さんの言葉ですが、右のアドレスより引用したものです ⇒ https://is.gd/8aWDkV  

「みなさんもご存じの通りこういう方なので、ほかの方では得られない安心感といいますか…。動物好きですけど、この人自身が動物みたいな人なので、僕はほかの番組とはちょっと違いますね。僕にとっては癒やしというか、安心感がある」と。

「収録中なのに仕事感がなく話しかけてくる人ってなかなかいない」と語り、「この番組で演者として緊張することってあんまないんです。それはたぶん泉ちゃんの力によるところが、良くも悪くも大きいんだと思います」と分析した。

坂上忍さんの言葉からも、その雰囲気が伝わってきますよね。森泉さんは何時も自然体で、全く構えてかかるところがない、気取らないお嬢様。動物が好きで、DIYが好きなことでも知られています。

森泉さんは、お嬢様育ちでありながら気取らず、誰に対しても態度を変えることなく、同じ感じで話かけているように見えます。下世話に言えば、ざっくばらん・・・とでもいうのでしょうか。

思わず「泉ちゃん」と、呼びかけたくなるような雰囲気をもっている森泉さんが、どのような道を歩いてきたのか、あなたと一緒に辿ってみましょう。

森泉は「狭い枠」などない世界で伸び伸び育った!

森泉さんは、本当に天真爛漫なお嬢様!
天真爛漫とは・・・

  • 飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。
  • 生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気なさま。
  • 「天真」・・・は純粋な性格、「爛漫」・・・は自然のままに輝き現れる様子。

明るく気さくで物怖じしない性格は、どんな家庭環境から生まれたのでしょう。やはり森家と言う超セレブのお嬢様ですから、家庭環境が大きな影響を与えているのでしょうね。それに加えてお母様がイタリア系アメリカ人・・・外人であったことも関係しているように思います。

初等科と中等科は慶應義塾大学系ですが、クラーク記念国際高校を経て、アメリカ合衆国の高校兼ボーディングスクールのザ・パットニースクールへ留学していた森泉さん。

ボーディングスクールとは・・・全寮制の寄宿学校のことです。
ボーディング(boarding)とは・・・「寄宿、下宿生活」を意味する言葉。

両親や家族と離れた寮生活において、学業だけではなく心身共に修養し、規則、礼儀、自立心、コミュニケーション能力を養成します。普通の高校と違うところは、少人数制での授業が行われることでしょう。

日本の学校のように枠にはめられたものではなく、一人ひとりの個性を引き出すような、伸び伸びとした学生生活だったのでしょうね。生徒も、世界各国から集まっているので、個性豊かな仲間に囲まれていたかも知れません。

セレブと言う恵まれた環境の中で吸収した上質の、優れたものを身につけ、尚、ボーディングスクールで学んだ・・・規則、礼儀、自立心、コミュニケーション能力が生かされ、持って生まれた明るく大らかな性格に磨きがかかったのでしょう。

森泉さんは2002年、19歳でモデルデビュー。日本ファッションエディターズクラブ主宰、第48回 FECモデル・オブ・ザ・イヤーを受賞し、カリスマモデルとして、パリ・コレクションに出演しました。

またパリ社交界名簿にも名前が載っている超お嬢様ですが、「何をやってもいい。好きなことをやりなさい」と、寛容だった母パメラさんの存在が大きかったと思います。日本人のように、一定の枠の中に押し込めたりせず、伸び伸び育てられたのではないでしょうか。

さらに、祖母の森英恵さんが世界的なデザイナーだったこともあり、幼い頃から視界も広く、世界のセレブとの交友などを経験して、知らず知らずのうちに心のスケールも大きくなり、ゆったりとして物おじしない森泉さんになったのでしょうね。

森泉「おしゃれイズム」に選ばれた時のエピソード!動物やDIY番組でも活躍!

森泉さんが、「おしゃれイズム」に出演することが決まった時のエピソードらしき話。

何かの記事で読んだ記憶が残っていたのですが・・・「おしゃれイズム」番組関係者の話だったと思います。
「フレッシュな女性を探していました。他の番組色が付いていなくて、初MCみたいな方を探しているのですが、なかなか思っているような方が見つからず・・・」と。

番組関係者の方は、なかなか良い方が見つからなくて困っていたらしいのです、そんな時、森英恵さんの孫に良い方がいるということを初めて耳にしたそうです。

一度会ってみようと言うことになり、番組関係者の方々が準備して待っている部屋に、森泉さんが入ってきたのですが・・・「森泉さんが部屋に入って来た瞬間、パッと、部屋の雰囲気が一気に明るくなって、凄いオーラを放っていました」と、その方は話されていました。

更に、話をしてみたところ、とても明るく気さくで天性の優れた素質を持っていたと言う森泉さん。「即決でこの子でいいんじゃないか!」とスタッフの話がまとまったそうです。それが2005年のこと。

それ以降「おしゃれイズム」にアシスタントとして出演し活躍。その他にも、ファッションモデルやタレントとしても活動していますが、2006年7月に日本テレビ系「59番目のプロポーズ」で女優デビューもしています。



そして2008年には『ぐるぐるナインティナイン』の人気コーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!9」に、新メンバーとして加入しました。降板した井上和香さんに代わって。

森泉さんが動物好きで、DIYが得意だと言うのは有名で、動物関連の番組やDIY関連の番組に数多く出演していますが、動物のこともDIYについても専門的な知識が豊富だといいます。森泉さん流の、DIYに関する書籍も出版されています。

アメリカ合衆国の高校兼ボーディングスクールであるザ・パットニースクールへ留学していた森泉さん。パットニースクールでは、DIYを推奨する教育方針があり、授業で学校のフェンスなどを直すこともありました。DIYの面白さに魅せられた森泉さんは、それ以後DIYにはまってしまい現在に至っているのです。

底抜けに明るく気さくな森泉さんの雰囲気は、一緒に仕事をするスタッフの方々も癒されているかもしれませんね。毒舌家の坂上忍さんも癒されてるようなことを話されていましたから。

森泉の華やかな家族!

セレブだと言われている森泉さんの家族。

祖母:森英恵「マダム・バタフライ」として知られている、世界的なファッションデザイナー。
ファッションビジネスの未来を切り開いたとして評価された森英恵さんは、1977年に「フランス・オートクチュール協会」から、アジア人として初めて協会会員として認められています。

森英恵さんは、ミス・ユニバース世界大会での審査員、美空ひばりのラストコンサート衣装デザイン、バルセロナ五輪日本選手団の公式ユニフォームデザイン、皇太子妃雅子様のウエディングドレスのデザインなどを手がけています。

2004年にデザイナーとしての現役引退。その後、公益財団法人彫刻の森芸術文化財団理事、彫刻の森美術館と美ケ原高原美術館館長を務められていました。

父 :顕(アキラ):幼いころから帝王学を学んできたので亭主関白。勤勉な態度、マナーや言葉づかいについては、特に厳しくしつけたようです。また、3人の娘に対して、あれも駄目これも駄目と趣味などに厳しかったと言います。。

母 :パメラ:イタリア系のアメリカ人。モデル時代に「森英恵ショー」で顕さんを紹介され、交際が始まり結婚しました。子供たちには「何をやってもいい。好きなことをやりなさい」と寛容。このパメラさんの伸び伸びとした性格を、森泉さんは引き継いでいるのかも知れませんね。

長男:研(ケン):ゲーム・アニメ系商材を手掛ける会社の社長。

次男:勉(ベン):グラフィックデザイナー・ファッションデザイナー。妹の泉と雪がパリの社交界デビューした時には、エスコート役を務めました。

長女:泉(イズミ)
本  名:森 泉(もり いずみ)。
生年月日:1982年10月18日。
身  長:173センチ。
血液型 :A型
出 身 地 :東京都港区。
学  歴: クラーク記念国際高校を経てザ・パットニースクール(アメリカ合衆国の高校兼ボーディングスクール)卒業。

特  技:英語・フランス語・合気道・乗馬(乗馬はプロ並みの腕だと言われている)
趣  味:DIY:大工仕事が好きで、購入した中古住宅のリフォームも自分の手で完了させています。因みに、大工道具は1000個以上も所持しているとか。
所属事務所:オスカープロモーション。

下記画像元のアドレス ⇒ https://is.gd/fZX0L4
左の画像は、森英恵・母パメラ・泉と光。右の画像は家族全員(次女雪もいる)

次女:雪(ユキ) :ロサンゼルス在住。「YM Design Studio」ファッションデザイン事務所経営。ブランド名はフリーシーム。日本でも人気があるそうです。また、森雪さんは、ロサンゼルス地元紙の表紙を飾ることもあるなど、デザイナーとして名前が知られているそうです。

3 女:星(ヒカリ):ファッションモデル・タレント。
長女の森泉さんと次女森雪さんは、海外の高校に行ったり、留学を経験したりしましたが、3女の星さんは幼稚園からずっと日本です。星さん本人は海外に行きたかったらしいのですが、お父さんの方針で慶應に進学したそうです。

森泉さん自身は「すごく恵まれた環境のなかで育ててもらったという思いはあるけれど、セレブリティと言われると家は普通のファミリーなのに。という気持ちになるの」と複雑な気持ちがあるようです。でもやはりセレブだと、誰もが言うでしょうね。

パリ社交界デビューしている森泉・雪・星の3姉妹!

「パリ社交界」の話は何度も耳にしていますが、庶民には縁のない世界なので、詳しいことをご存知の方は多くないと言うか・・・きっと少ないでしょう。

超お金持ちの令嬢であれば、誰だれでも「パリ社交界」にデビューできるのだと、わたしは思っていました。だけど違いました。「パリ社交界」にデビューするためには厳しい条件があり、その条件をクリアしなければデビューできないと言います。

初めて正式に社交界にデビューする、16歳から20歳の上流階級や貴族の娘をデビュタントと呼びます。デビュタントになれるのは、下記の条件をクリアして招待された23人だけです。

その厳しい条件とは、下記の通りです。

  • 良家の子女であること。
  • 年齢は16才から20才迄。
  • 容姿端麗(つまり美しくないと駄目)。
  • 長身であること(海外の方は背が高い方ばかり)。
  • 語学堪能(最低でも、英語とフランス語が話せること)。

森泉さんは、2004年に社交界デビューしています。エスコートは次男の勉さんでした。
次女の雪さんの「パリ社交界」デビューは2005年で、エスコートはやはり勉さんです。
3女の星さんは2011年に「パリ社交界」デビューしています。


因みに、ラフルアー宮澤エマさんも「パリ社交界」デビューしています。
祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一氏で、宮澤エマさんの母は宮澤喜一氏の長女で、父はアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアー氏。

森泉さんが「パリ社交界」にデビューした2004年に、森英恵さんは、パリで、オートクチュール・コレクションを発表しましたが、この時森泉さんは、パリのアパルトマンで祖母の森英恵さんと2人で暮らしました。そしてパリコレのフィナーレをウエディンドレスで飾っています。

また、森英恵さんはこれを最後にデザイナーを引退しました。

森泉が突然 住職と結婚し産休!おしゃれイズム降板かと心配の声沢山あった!

いろいろな方々の話を総合すると、森泉さんは自由奔放で、明るく社交的。はっきりした性格で、物事を判断する場合などでも、すぐに決断を下せる方だそうです。しかも優しくて愛情が溢れている方らしい。また誰とでも・・・たとえ初対面であっても、年齢性別問わず仲良くなれる方だそうです。

森泉さんの動物好きは有名ですが、捨てられた動物たちを保護する活動をしていることも聞いています。でも、数えきれないほどの動物を飼っていて、動物たちの1カ月の食事代が100万円を越えているなんて知りませんでした。流石セレブ・・・ですね。

2018年3月31日、40代の自営業の一般男性と結婚したことと妊娠5カ月であることをFAXで発表しました。

今まで結婚願望など無かった森泉さんが、結婚したことに多くのファンが驚いたと言います。
森泉さんが金子朋史氏45才:日蓮宗星光山蓮華寺の住職と出会ったのは、2017年1月で愛犬の弔いの場だったそうです。それがきっかけで交際がはじまったのでしょうね。

そんなある日、金子朋史氏と散策していた時のこと、ミミズを見つけた金子朋史氏が、何気なくミミズをつまんで、近くの植木鉢だったかな?、安全なところへ移したのを見た時、「胸キュン!」になった森泉さんは、「この人と一緒にいたい!」と思ったらしいのです。

お寺の住職ならごく当たり前の出来事に過ぎないのですが、森泉さんは感動してしまって、「一瞬」にして恋心に変わったきっかけとなりました。何でも決断力が早いお嬢様ですから恋の決断も素早かったですね。

そして「おしゃれイズム」に2005年からずっと出演してきた森泉さんが、出産のためお休みした時のこと、ネットでは、辞めないで欲しいと願うファン、後任を心配する気の早い方などもいらっしゃいましたね。

スポンサーリンク

「おしゃれイズムで見る森泉さんの存在感が凄い!」
「何気ない一言毒舌も好き」
「藤木さんとの掛け合い面白い!」
「おしゃれイズムでみる森さんが大好き!」
「出来ることなら辞めてほしくはない」などと、いろいろな声もありました。

「子供ができてすぐの復帰は無理だと思うから、おそらく降板の可能性高い?」
「お子さんや旦那さんとの兼ね合いもあるから、簡単に復帰できないと思いますしね」
「後任は誰になるのかな?」と、これもまた多くの声が。

6月19日、第1子女児出産を報告した森泉さんは、それから間もなく「幸せ! ボンビーガール」の録画出演をしていたことがわかり、ネットでは「早すぎる、体大丈夫なの?」「産後はしばらく休養した方がいいよ」と心配する声が沢山寄せられていました。

でも、森泉さんのお母様はイタリア系アメリカ人なので、日本人と違って回復力が早いそうですから、心配することはないのかもしれませんね。

「やめないで欲しい」と心配していたファンの方も一安心でしょう。でも、体には十分気をつけて欲しいと思います。その上で、楽しい森泉さんの魅力をたっぷり魅せてもらえたら最高!

まとめ

森泉さんのこと、知らない方は少ないでしょうね。
デザイナー森英恵さんの孫だと言うことも、多くの方がご存知でしょう。

森泉さんは、セレブと言う恵まれた環境の中で吸収した上質の、優れたものを身につけ、さらにボーディングスクールで学んだ・・・規則、礼儀、自立心、コミュニケーション能力が生かし、持って生まれた明るく大らかな性格に磨きをかけ、誰に対しても優しいお嬢様に育ちました。

「底抜けに明るく気さく、大らかで誰にでも優しい!」と、森泉さんと触れ合ったことがある方の多くが感じているようです。ちょっとタメ口なので、中には気にされる方もいらっしゃると思いますけれど、誰も悪く言う方はいないのです。

またパリ社交界名簿にも名前が載っている超お嬢様ですが、「何をやってもいい。好きなことをやりなさい」と、寛容だった母パメラさんの存在が大きかったと思います。日本人のように、一定の枠の中に押し込めたりせず、伸び伸び育てられたのではないでしょうか。

さらに、祖母の森英恵さんが世界的なデザイナーだったこともあり、幼い頃から視界も広く、世界のセレブとの交友などを経験して、知らず知らずのうちに心のスケールも大きくなり、ゆったりとして物おじしない森泉さんになったのでしょうね。

森泉さんは2002年、19歳でモデルデビュー。日本ファッションエディターズクラブ主宰、第48回 FECモデル・オブ・ザ・イヤーを受賞し、カリスマモデルとして、パリ・コレクションに出演しました。モデルデビューが2002年で、パリコレの舞台も経験しています。

本  名:森 泉(もり いずみ)。
生年月日:1982年10月18日。
身  長:173センチ。
血液型 :A型
出 身 地 :東京都港区。
学  歴: クラーク記念国際高校を経てザ・パットニースクール(アメリカ合衆国の高校兼ボーディングスクール)。

特  技:英語・フランス語・合気道・乗馬(乗馬はプロ並みの腕だと言われている)
趣  味:DIY:大工仕事が好きで、購入した中古住宅のリフォームも自分の手で完了させています。因みに、大工道具は1000個以上も所持しているとか。
所属事務所:オスカープロモーション。

森英恵さんは2004年、パリで最後となる、オートクチュール・コレクションを発表しましたが、この時森泉さんは、パリのアパルトマンで祖母の森英恵さんと2人で暮らしました。そしてパリコレのフィナーレをウエディンドレスで飾っています。

2004年、森英恵さんが最後のパリコレをを発表したのと同じ年に、森泉さんは「パリ社交界」にデビューしました。

初めて正式に社交界にデビューする、18歳から20歳の上流階級や貴族の娘をデビュタントと呼びます。デビュタントになれるのは、下記の条件をクリアして招待された23人だけです。

その厳しい条件とは、下記の通りです。

  • 良家の子女であること。
  • 年齢は16才から20才迄。
  • 容姿端麗(つまり美しくないと駄目)。
  • 長身であること(海外の方は背が高い方ばかり)。
  • 語学堪能(最低でも、英語とフランス語が話せること)。

2018年3月31日、40代の自営業の一般男性と結婚したことと妊娠5カ月であることをFAXで発表しました。「おしゃれイズム」に2005年からずっと出演してきた森泉さんが、出産のためお休みして、出産後まもなく大好きなDIY番組「幸せ! ボンビーガール」の録画出演復帰。

mamagirl』冬号2019に初登場した森泉さんは、誕生したばかりの愛娘について、どんな子に育ってほしいか聞かれると、「健康ならそれだけでいいよ!」と即答しています。森泉さんらしい答えだなと思います。

森泉さんは、本当に天真爛漫なお嬢様!
飾らず自然のままの姿があふれ出ている・・・生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気。

年を重ねても、天真爛漫さは失わない、今のまま明るく大らかで誰にでも優しい森泉さんでいて欲しい!あの明るさに癒されている方が沢山いらっしゃるのではないでしょうか。いつまでも活躍して下さいね、泉さん。

スポンサーリンク

おすすめの記事