タイガー・ウッズはマスターズ予選ラウンド トップと1打差!松山英樹とジョーダン・スピースは?

2019年マスターズの予選ラウンド終了!
タイガー・ウッズがトップと1打差。以前ほどの飛距離はありませんが、随所に全盛時代を彷彿とさせる技を繰り出し、ギャラリーを沸かせていました。ロングパットを沈める度に、ギャラリー大歓声!

それでは、まず、初日終了時点で上位にいる選手とスコアを見ていきましょう。

初日トップは6アンダー。
ブルックス・ケプカ。
ブライソン・デシャンボー。

3位が5アンダー。(単独3位)
フィル・ミケルソン。

4位タイの4アンダー。
ダスティンジョンソン。
イアンポールター。

6位タイの4アンダー
に下記の5人が並んだ。
アダム・スコット。
ジョン・ラーム。
ケビン・キスナー。
キラデク・アフィバーンラト。
ジャスティン・ハーディング。

11位タイの2アンダー。10人がひしめく中に下記5人の人気ゴルファーがいます。
タイガー・ウッズ。
リッキー・ファウラー。
ジェーソン・デイ。
フランシスコ・モリナリ。
トニー・フィナウ。

残念ながら、ローリー・マキロイとザンダー・シャフリーは1オーバーの44位タイ
松山英樹選手とジョーダン・スピースは、初日3オーバー63位タイと、大きく出遅れてしまいました。2日目に予選通過するためには、相当いいスコアを出す必要があります。

また、小平智選手も松山英樹選手と同じ3オーバーなので条件は同じ。今平周吾選手は上がりホールの17番18番での連続ボギーが痛かったですね。かなり厳しいですが頑張って欲しい。

日本勢の中では、アマチュアの金谷拓実選手が1オーバー44位タイですから、頑張れば予選突破が見えてくるかも知れません。ローアマチュア取れるといいですね。

それにしてもジョーダン・スピースの調子が悪すぎ・・・2018年のマスターズ初日はトップで、最終日は3位でした。でも、2019年はカットラインの心配をしなきゃならないなんて・・・

マスターズのカットライン。
「第2ラウンド」終了後に50位タイ、あるいは首位と10ストローク以内に入っていれば決勝ラウンドに進出することができます。だから、50位タイ以内にいれば確実に決勝ラウンドに進出でき、また、たとえ51位以下でも、首位と10打差以内なら、決勝ラウンドに進むことができるのです。

今回トップは6アンダーで、3オーバーの松山英樹選手やジョーダン・スピースは、現時点ですでに9打差なので、相当厳しい戦いになると思います。スコアをあげて、予選ラウンド終了時点で50位以内に入らなければなりません。

次は、試合前に出されていた優勝予想や注目選手の予選組合せなども見てみましょう。

スポンサーリンク

PGA公式サイトの優勝予想!

PGAゴルフツアー公式サイトの優勝予想ランキング 1位から10位です。

1位:ローリー・マキロイ。
2位:ジャスティン・ローズ。
3位:タイガー・ウッズ。
4位:ダスティン・ジョンソン。
5位:リッキー・ファウラー。
6位:ジョン・ラーム。
7位:バッバ・ワトソン。
8位:ジャスティン・トーマス。
9位:ポール・ケーシー。
10位:松山英樹。

誰が優勝しても不思議はないメンバーが並びました。少し残念なのは、マスターズの申し子とさえ言われていたジョーダン・スピースが、3年近くも調子を落として、優勝予想のトップ10からすっかり姿を消してしまったことでしょうか。

松山英樹選手も調子を落としてはいますが、ジョーダン・スピースほど深刻ではありません。ですが、オープンウイークに風をひき、練習もほとんどできていないらしいので、気になります。

調子を上げているのがローリー・マキロイ選手。
今年になってストローク戦に6試合出場して、最低スコアが6位で、何と「トップ5」に5回入っています。そして「ザ・プレイヤーズ選手権」では優勝しました。最終日に2位と1打差でスタートしましたが、逆転優勝です。あの時のような調子を維持していれば、予想通りとなる可能性は高い!

タイガー・ウッズ選手は、マスターズ恒例の水切りショットでグリーンオン。ギャラリーを沸かせていましたが、優勝候補3位にランクイン。何と言っても、マスターズで4勝を誇る天才ゴルファーですからね。ボールを飛ばす勢いはありませんが調子はいいようです。マスターズ5度目の優勝を飾る可能性はあるでしょう。

元プロゴルファーの佐藤信人さんの話によれば、この数年、マスターズ優勝者には共通点があると言います。それは・・・マスターズの覇者は、開幕前の1か月間に予選落ちがなくて、さらに、欧米ツアーで優勝したり優勝争いをしている選手だと言うのです。

そうなると、該当者はローリー・マキロイ、ジャスティン・ローズ、ダスティン・ジョンソンだと言うことになるそうですが、どうでしょうね・・・とにかく4大メジャーの中で一番難しいのがマスターズだと言われています。調整が難しくて誰もが悩むそうです。

誰が優勝するのか気になりますが、まず注目の組合せとスタート時間を見ていきましょう。

マスターズ 初日!注目組のスタート時間!

2019年4月11日(現地時間)マスターズ初日、午前スタートする注目グループのスタート時間と名前。

AM 09:14 ダニー・ウィレット ブラント・スネデカー 金谷拓実(松山英樹の大学の後輩)
AM 09:58 ヘンリク・ステンソン セルヒオ・ガルシア トニー・フィナウ。
AM 10:09 カイリ・スタンレイ アダムスコット 松山英樹
AM 11:04 タイガー・ウッズ ジョン・ラーム Haotong Li(李昊桐;ピンイン)
AM 11:26 キャメロン・スミス ローリー・マキロイ リッキー・ファウラー。

マスターズ初日、午後スタートする注目グループのスタート時間と名前。

PM 12:54 ケビン・キスナー 今平周吾 キラデク・アフィバーンラト。
PM 01:05 イアン・ポールター マット・クーチャー ザック・ジョンソン。
PM 01:16  フランシスコ・モリナリ ティレル・ハットン ラファ・カブレラ・ベロ。
PM 01:27 ババ・ワトソン 小平智 パトリック・キャントレイ。
PM 01:38 ダスティン・ジョンソン ブライソン・デシャンボウ ジェーソン・デイ。
PM 01:49 ジャスティン・トーマス ジャスティン・ローズ フィル・ミケルソン。
PM 02:00 ジョーダン・スピース ブルックス・ケプカ ポール・ケーシー。

青文字は優勝予想ランキングの10位までに入っていた選手。
ブライソン・デシャンボーも、アダム・スコットも予想ランク20位までにも入っていません。

尚、予選ラウンド2日目は、初日午前組⇒午後スタート。初日午後組は⇒午前スタートになります。

選手全てが、優勝できる力を持っているゴルファーばかりですが、独断と偏見で、注目しているグループを選びました金谷拓実選手は「アジア・パシフィックアマチュア選手権」優勝の資格でマスターズ参戦。7年前に松山英樹選手が歩んだ道を辿ろうとしていますが、どうなるでしょうか。

小平智選手はこのところ苦戦していますが、マスターズでいいスコアが出れば、一気に吹っ切れるかも知れません。頑張って欲しいですね。

松山英樹選手は風邪の影響で、まともに練習出来てないようですが、上手く調整して優勝を目指してもらいたい。調整時間が短いので難しいとは思いますけれど。

また、3年近くもスランプから抜け出せていないジョーダン・スピースですが、マスターズではいつもいいところにいるのです。マスターズの申し子って言われていたこともあるほどですから。ここで何かを掴んで、スランプから抜け出して欲しいな!

マスターズ予選突破は65人!松山英樹 小平智 金谷拓実は突破!

マスターズ予選ラウンドの2日目終了。
予選通過・・・50位タイ迄に入った人と、トップの7アンダーから10打差以内のスコア。

予選ラウンドを終了してトップに立ったのは下記5人の選手で、スコアは7アンダー。
中でも、ジェーソン・デイ選手とフランシスコ・モリナリ選手は5打ものばしています。

ジェーソン・デイ      :優勝予想ランク19位。
フランシスコ・モリナリ。  :優勝予想ランク11位。
ブルックス・ケプカ。    :優勝予想ランク14位。
アダム・スコット。     :優勝予想ランク圏外。
ルイ・ウーストハウゼン。  :優勝予想ランク12位。

トップと1打差の6位タイには4人。スコアは6アンダー。
ダスティン・ジョンソン。  :優勝予想ランク4位。
ジャスティン・ハーディング。:
ザンダー・シャフリー。   :
タイガー・ウッズ。     :優勝予想ランク3位。

10位タイは2人で5アンダー。
イアン・ポールター。    :
ジョン・ラーム。      :優勝予想ラン6位。

12位タイは4人で4アンダー。
パットン・キザイヤ―。   :
マット・クーチャー。    :優勝予想ランク13位。
フィル・ミケルソン。    :
チャリーズ・ハウエルⅢ。  :

16位タイは7にんで3アンダー。
キラデク・アフィバンラト。 :
ブライソン・デシャンボー。 :
ジャスティン・トーマス。  :優勝予想ランク8位。
コーリー・コナーズ。    :
トニー・フィナウ。     :
ゲーリー・ウッドランド。  :
リッキー・ファウラー。   :優勝予想ランク5位。

23位タイは6人で2アンダー。
トービョン・オルセン。   :
ケビン・キスナー。     :
JB・ホームズ。      :
ルーカス・ビエルゴー。     :
チャリー・ホフマン。    :
トミー・フリートウッド。  :

29位タイは7人で1アンダー。
ジョーダン・スピース。   :優勝予想ランク17位。
ラフ・カブレレラ・ベロ。  :
ケビン・ツエイ。      :
ビクトア・ハブランド。   :
パトリック・リード。    :優勝予想ランク18位。
ウェブ・シンプソン。    :
ベルンハルト・ランガー。  :

アンダーパーはここまで。

36位タイのイーブンに10人。この中に、優勝予想ランキング1位のローリー・マキロイ選手がいますよ。
46位タイは1オーバーで4人。この中に松山英樹選手(優勝予想ランク10位)と小平智選手がいます。
50位タイは2オーバーで7人。ここまでが予選突破。

そして3オーバーは57位タイで9人います。但し、トップと10打差以内なので予選突破できます。この中にアマチュアの金谷拓実選手が入りました。予選通過者の65人は決勝ラウンドに。

残念ながら今平周吾選手は6オーバーで、予選落ちとなってしまいました。世界ランク1位で、優勝予想ランキング2位だったジャスティン・ローズ選手が、4オーバーで予選落ちしています。

2019年のマスターズの盛り上がりは凄いです。ギャラリーはタイガー・ウッズがバーディを取ったり、長いパットをねじ込むと、地鳴りのような大歓声をあげていました。そして、予選ラウンド終了時点でタイガー・ウッズが1打差にいるのです。決勝ラウンドが楽しみ!

まとめ

日本からは、松山英樹選手と小平選手。そしてアマチュアの金谷拓実選手が予選通過しました。今平周吾選手は残念ながら通過できませんでしたけれど。

予選トップのスコアは7アンダーで5人います。この中から抜け出す選手がいるかどうか・・・現時点は下位でも、トップと7打差くらいであれば、ひっくり返せる選手は沢山います。

何が起きるかわかないのがマスターズ。下位にいても、持てる力を出し切ることが出来れば上位に行ける。余計なことを考えずに「無の境地」で攻めて欲しいですね。1打1打を大切に・・・

楽しみなのはタイガー・ウッズ選手!
トップと1打差の6アンダーですから、タイガーチャージで単独トップに躍り出る可能性は大です。2日目を見ている限り、昔のタイガー・ウッズに近い感じでパットが入っていました。できればマスターズで5勝目をあげて欲しい・・・と思っているのですが。

松山英樹選手やジョーダン・スピースにも、まだまだチャンスは残されていると思います。2018年最終日、9打差を追いつき3位になったジョーダン・スピース。今年こそ奇跡の逆転優勝して欲しいな!でも、そんな奇跡は起こりそうにもないし・・・とにかく復活して欲しい!

何しろ、欲張りのわたしは応援してる選手が多すぎて、あの選手もこの選手もってなってしまう。でも、優勝は1人だけだから困るのよね。

松山英樹選手、まだ本調子ではないようですが何とか頑張って!とにかく優勝目指して欲しい。小平智選手も頑張って愛妻の古閑美保さんを喜ばせて欲しいし・・・

出場メンバーを見れば、誰が優勝しても不思議ではありません。物凄い実力者が勢ぞろいしているのですから、マスターズは波乱万丈、応援している全ての選手が活躍してくれることを祈ります。
いざ、決勝へ!

スポンサーリンク

おすすめの記事