凄いことになった!

テレビを見ていたわたしは、半ば信じられない思いだった。
「ショック!小平選手、優勝しちゃったよ!」わたしは何故かショック!を感じた。衝撃を受けるほど驚いたということになるのかもしれない。

なんと小平智プロが、米国PGAゴルフツアーRBC Heritage で優勝してしまったのだ。

優勝してしまったというのが、一番ピッタリくる小平智プロの優勝だった。誰も考えなかっただろうと思う・・・いや、たった1人を除いては。

たった1人とは、他でもない小平智プロの姉さん恋女房、元女子プロゴルファーで、賞金女王にもなった古閑美保さんのこと。2017年3月に結婚してから美保さんは、小平智プロにずっと言い続けてきたという。「あんたならきっとできる」と。

スポンサーリンク

「トップ10に入れば、次の試合にも出られる」と思いながら、少しでも上をめざすつもりでプレーしていたという小平智プロは、自分自身さえ考えてもいなかった「優勝」を手に入れたのです。

12アンダーでホールアウトした小平智プロが、後続の選手を待つ間の表情に、心の動きが感じられる・・・そのあたりが、ちょっと面白いですよ。そんな小平智プロの優勝争い・・・戦いぶりを覗いてみましょう。

今まで小平智プロのことをあまりご存知でなかった方は、小平智プロの詳細が記載されているウィキペディアをどうぞ。アドレスをクリックして下されば見られます。 https://is.gd/TGt7oo

のんびりと後続の選手を待つ小平智プロ

小平智プロの初日、スコアは2バーディ、4ボギーでトータル2オーバーの82位タイ。予選を通るか?と思ったくらい、出遅れていました。この時、小平智プロの優勝を想像した人は誰もいなかったと思います。愛妻の古閑美保さんでさえ・・・ね。

ふと思ったのですが、小平智プロは古閑美保さんと結婚してから、運気がグングン上昇しているような気がするのです・・・

  • 2日目は、8バーディでノーボギーという素晴らしいスコアで、この日のベストスコアをたたき出して急浮上。2オーバーからトータル6アンダーで、13位タイまで上昇。
  • 3日目は2バーディ、1ボギーで1打しか伸ばせず低迷、トータル7アンダー。
  • 小平智プロは最終日、7バーディ、2ボギー。5打伸ばしてトータル12アンダーでホールアウト。この時点では2位タイ。
    キム・シウは14アンダーでトップだったし、まだルーク・リストも12アンダーで頑張っていた。

後続を待つ小平智プロは、のんびりした顔で状況をみつめている。
キム・シウが15番でボギーを叩き13アンダー、1打差になったときは「あれぇ?!」という顔で画面を見つめていた。

これが、後続を待つ選手の顔?と思うほど、のんびりしているように見えた小平智プロでしたが、「待つている間にだんだん緊張してきた」とインタビューでは答えていましたけど。

小平智プロのボールは7mをスルスル転がりバーディ!プレーオフを制して優勝!

のんびり画面を見つめている小平智プロの表情が、状況が変わるのにつれて、だんだん変化していくのです。言葉では上手く説明できませんが・・・

  • 17番パー3でキム・シウがボギーを叩き12アンダーになると、小平智プロの表情がさっと変わり「えっ?」「なにぃ?」「どうなったの?」そんな感じに見えました。
  •  トップを走っていたキム・シウが15番に続いて17番でもボギー、小平智プロと同じ12アンダーになってしまったのです・・・
  • 目の前で突如起こった状況が、にわかには信じられないような顔つきでしたね。やがて、トップに並んだことを確認した小平智プロの表情が「ギュッ」と引き締まり一変したのです。

それでもキム・シウは、18番で6フィート4インチ(190cm)のバーディチャンスにつけていたので、バーディを取れば、キム・シウは優勝できる位置にいました。

小平智プロが真剣な表情で見守る中、キム・シウは惜しくもバーディパットを外してしまい天を仰ぐ。小平智プロはあわただしくプレーオフに入ったのですが、パットの練習をする時間もなかったでしょう。しかし、かえってそれが良かったかもしれない。余計なことを考える時間もなかったから。

18番でキム・シウはバーディを取れずに、小平智プロとのプレーオフにもつれ込みました。プレーオフは、18番、18番、17番の順で争われました。18番は2ホール共、パーで引き分けた小平智プロとキム・シウ。そして3ホール目は17番パー3ですが、プレーオフ突入前は、2人ともボギーを叩いていました。

このパー3は難しくてボギーが出やすいホール。小平智プロのボールはグリーンから少し外れましたが、キム・シウのボールはグリーンに乗りました。但し距離はあります。

  • ラフから打った小平智プロのボールは、7mをスルスルと転がり、ど真ん中からカップに吸い込まれバーディ!!
  • 小平智プロはこぶしを握り締め、力強いガッツポーズ!
  • それをみていたキム・シウに、かなりのプレッシャーを与えたでしょう。

キム・シウのバーディパットは決まらず、小平智プロが米国PGAツアー初優勝!小平智プロにとっても、日本人にとっても大きな1勝となったのです。

アドレスをクリックすると、優勝時のスコアを確認できます。https://is.gd/1JXybC

2017年3月に古閑美保さんと結婚してから1年。小平智プロは、待望の米国PGAゴルフツアーメンバーの座を手に入れました。

小平智プロの優勝は愛妻古閑美保の持つ強運が引き寄せた!?

  • 初日82位タイで、予選通過さえどうかと思われた小平智プロが優勝するなんて、誰一人考えなかったと思う。
  • 2日目には、ベストスコアとなった8アンダーで、13位迄順位を上げてきた時は「凄い!」と思って見ていた。
  • ただ3日目は2バーディ1ボギーと、1打しか伸ばせず低迷していたので、まさかこのように「逆転優勝」などという、劇的な幕切れが待っていたなんて・・・
  • 参戦15試合目で優勝してしまった小平智プロ。
  • 参戦26試合目で初優勝した松山英樹プロより11試合も早いのだから凄いこと。何事にも物おじしないメンタルの強さもあるとは思いますが、運の強さを感じてしまう。ゴルフに限らず実力だけでは勝てないのが勝負の世界。

「海外の試合の方が自分には合っている」と言い続けてきた小平智プロの思い込みというのだろうか、「ぶれない信念」といった方がいいのか・・・その思いの強さが運を呼び込んだようにも思えます。

小平智プロの愛妻古閑美保さんが、女子プロで戦っていた時、古閑美保選手の担当記者だった方が、「古閑美保さんは凄く運が強い、持っている選手だった。デビューしたての頃から、自分の思っている夢を全てかなえてきた方だ。結婚したことで、小平智プロにもその強運が連動したような気がする」と話されています。

松山英樹プロは、即時メールで、
「おめでとうございます!プレーオフ見ていました。3ホール目で捻じ込んだ7mのバーディパット、あれは凄かった!これからは、お互い切磋琢磨して頑張りましょう」と祝福の言葉を送っている。

「もう2度と会いません」に胸キュン!交際が始まり小平智プロと結婚した古閑美保さん

凄く運の強い愛妻の古閑美保さんが、テレビ番組の中で、小平智プロとのなれそめを話していました。その内容について書かれた記事が、スポーツ報知に記載されています。

スポンサーリンク

 スポーツ報知の記事アドレス → https://is.gd/UNBVwm

飲み会で小平と出会ったという古閑は、第一印象を聞かれ「子供?だって7つ年下だよ。好きだなっていう感じは全然なくて」と明かした。 飲み会後に電話で連絡を取り食事をするようになった時に小平から「付き合ってくださいって言われて。いやいやいやって、その時は自由が嬉しいときだったので、彼氏なんかできたら大変じゃん。縛られたくないじゃん」と断ったという。

その時に、小平が「分かりました。自分、本気で言っているんで、もう2度と会いません」と言われたという。 「2度と会いませんって言われたらすごい寂しくなって。2度と会いませんって言われたらキュンってなるよね。賭けに来たんだと思う」と明かし、交際を始め結婚に至った。

小平智プロは、最初から結婚を考えてのアプローチだったのでしょうね。意外に真面目と言ったら、古閑美保さんに怒られちゃうかな。でも、見るからにおしどり夫婦って感じだし、お似合い!

小平智プロと古閑美保さん、式は挙げていないけれど、2017年3月4日に入籍しています。そういえば石川遼くんも松山英樹くんも、式は挙げていない。

恋女房の支えが必要だよ、古閑美保さん。米国PGAゴルフツアーで活躍できるように支えてあげてね。

まとめ

「10位までに入って次週の試合に出場できるようにしよう」小平智プロは、そう思って臨んだと言うのですから、無欲が運んだ勝利だったともいえます。

  • 初日は出遅れて、2オーバーで82位タイのスタート。
  • 2日目は、8バーディでノーボギーという素晴らしいスコアで、この日のベストスコアをたたき出して13位に急浮上。2オーバーからトータル6アンダーになった。
  • 3日目は2バーディ、1ボギーで1打しか伸ばせず低迷、トータル7アンダー。
  • 最終日、7バーディ、2ボギー。トータル12アンダーで、後続選手を待っていた。
  • 最終ホールでキム・シウがバーディパットを外したため、プレーオフに突入。

今回の優勝で念願が叶い、目出度く米国PGAゴルフツアーメンバーの1人に名を連ねることになった小平智選手。今後どうするのか大いに気になるところ。なぜなら愛妻の古閑美保さんは、元女子ゴルフの選手で賞金女王にも輝いた人気者。

現在はテレビをはじめ、ゴルフの解説などで忙しく飛び回っているのです。年内もおそらく予定がびっしりと詰まっているのではないでしょうか。

しかし、小平智選手が、これから闘う米PGAツアーは、日本ツアーより数段厳しい世界。超一流選手がひしめく米国PGAツアー。世界各国から集まった一流選手がゴロゴロしている世界です。

健康管理や食事面は、その道のプロに頼むという手もあるとは思いますが、精神的に支えることができるのは、やはり家族じゃないのかな・・・愛妻の古閑美保さんは思ったことを「バンバン」口に出す方ですが、それが小平智選手の背中を押しているのではないでしょうか。

聞くところによると古閑美保さんは、結婚してから「あんたならきっとできる」「わたしは強い男が好きだよ」などと、うまくおしりを叩いてきたと聞いています。

運もあったとは思いますが、憧れていたPGA ゴルフツアーメンバーの座を手に入れたのですから、活躍して欲しいですね。そのためには、愛妻古閑美保さんの支えが必要でしょうね。

小平智プロは2年間のシード権を獲得しているので、どっしりと構えて、松山英樹プロと切磋琢磨しながら、上を目指して欲しい。

スポンサーリンク

おすすめの記事