男子プロゴルフツアー今季最終戦(読売新聞社主催)日本シリーズ「JTカップ」が、11月29日から4日間、東京よみうりCCで開催されました。

米ツアーを主戦場にしている小平智選手、久々の日本ツアー出場となったJTカップ最終日に「64」をマークして、8アンダーで首位に並ぶと、石川遼選手、ハン・ジュンゴンとのプレーオフに突入しましたが、1ホール目で決着。

18番で行われた1ホール目で、石川遼選手とハン・ジュンゴンの二人は、パーパットを外してしまいましたが、小平智選手は1.5mを、しっかり沈めて、今季国内ツアーの初勝利で、通算7勝目を挙げています

18ホールついて回った妻の古閑美保さんは、小平智選手の優勝を確認すると、グリーン上の小平智選手に走り寄って抱きつき号泣しました!

古閑美保さんの号泣に「ちょっとびっくりした!」と、後で語っていた小平智選手。しっかり者の姉さん女房が涙をこぼす姿は、想定外だったのでしょう。

小平智選手は、感極まって号泣する古閑美保夫人と抱き合って喜びを噛みしめていました。小平智選手は、2013年の「日本ツアー選手権」、15年の「日本オープン」を制しているので、JTカップ優勝で、日本タイトルは3つ目の獲得。

「3つ目はあまり意識していなかったけれど、うれしい。アメリカで優勝してから苦しかったが、日本で優勝で締めくくれて最高の気分です」と、小平智選手は喜びを語っています。

2017年のJTカップは21位でした。しかも、賞金王レースのトップを走っていたのに、JTカップで優勝した宮里優作選手に逆転で賞金王をさらわれてしまったのです。更に遡れば、16年大会では朴相賢に逆転され1打差2位に甘んじてしまった小平智選手。

小平智選手は、JTカップ初日の18番で、スーパーショットをみせ大観衆を沸かせていました。
3番アイアンで放ったボールはピン手前1メートルに着弾すると、カップの右端をなめて左奥1.5メートルでとまりました。「完璧な球だった」・・・下りの難しいバーディーパットを沈めた。

この日18番のバーディーは市原弘大選手と小平智選手の2人だけ。急傾斜グリーンの名物ホールを攻略してスタートダッシュに成功していました。これが優勝の予兆だったのかもしれませんね。

「18番では、出場6年間目にして初めてのバーディー。すごくうれしいっすね」と喜べば、同組で回った石川遼選手から「パットが入ってなかったら、ティーグラウンドまで行ってましたよ」と、からかわれるほど強気に打った1打でした。

小平智選手は2018年4月に、米ツアー「RBCヘリテージ」で初優勝を飾り、米国に主戦場を移しましたが、予選落ちが続き、超一流の選手がひしめいている米ツアー中で自信を失ってしまい、試行錯誤を繰り返しているうちに、自分のスイングが変化していたと、振り返っています。

スポンサーリンク

厳しい米ツアーでの連戦経験がJTカップで勝利を呼んだ!

小平智選手は2018年4月に、米ツアー「RBCヘリテージ」で初優勝を飾り、資格を活かして、そのまま米国ツアーに主戦場を移しました。

しかし、夢にまで見ていた米国ツアーと日本ツアーのレベル差は歴然としていました。日本で優勝争いができる内容でも米ツアーでは、せいぜい30位から40位のスコアにしかなりません。

超一流の選手がひしめいている米ツアーの中で、厳しい戦いを続けてきた小平智選手は、JTカップも、「アメリカでこれぐらいのセッティングなら、8アンダー~9アンダーを出す選手がいると思う」と感じ、心に余裕ができていたのだと言う。

松山英樹選手や石川遼選手のように拠点を設けず、ホテル暮らしで転戦してきた小平智選手。米ツアーのトップ選手たちは、チャーター機を使って移動しますが、小平智選手は一般便を利用していたので、荷物が届かないトラブルもあったのです。

そんなトラブルにもめげず、大溝雅教キャディーは「みんな英語がしゃべれないけど何とかなるんですよ」と。ホテルの自室で洗濯をするなど工夫して最後まで頑張りました。

そしてようやく、松山英樹選手と同じ米フロリダ州オーランドに家を購入した小平智選手。2019年は我が家もできて一安心。「これから荷物を増やせます」と。

米フロリダ州オーランドに決めたのは、練習環境の充実が決め手になったといいます。2019年からは愛妻の古閑美保さんも渡米して、フロリダに腰を据えるらしいので、小平智選手は、今年より落ち着いて戦うことが出来るでしょうね。精神的に随分違うはず・・・朗報が聞けるかも知れません。

スポンサーリンク

同じオーランドに拠点を構える松山英樹選手の家迄は車で30分ほどで行けるそうです。今は日本ツアーで戦う石川遼選手の家もフロリダにあり、米ツアーに在籍していた時は、松山英樹選手と行き来していました。

最終日、首位に4打差の11位から出た小平智智選手は、1イーグル、4バーディーの64をマークし、通算8アンダーで並んだ石川遼選手と黄重坤選手とのプレーオフを制して優勝。

2019年は古閑美保も渡米して小平智選手をサポートするらしい!

小平智選手の妻で元プロゴルファーの古閑美保さんは、グリーンに降りると号泣しながら抱き着きました。何度もハグをし喜びを爆発させ「ゴルフをやっている姿が一番かっこいい」と。
下記画像元のアドレス ⇒ https://is.gd/L3OoNO 

JTカップで優勝!喜ぶ小平智と古閑美保

古閑美保さんの前で優勝するのは2017年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」以来。古閑美保さんは2日目だけは大阪でトークショーの仕事をしましたが、それ以外はずっと側で見守りつづけていました。

一方、5位から出た石川遼選手は、15勝目がかかった試合でしたが、1番の第1打を左に曲げていきなりのダブルボギー。しかしすぐに立て直し、その後は7バーディーで65をマーク。

石川遼選手は最終ホールの18番、バーディーパットがわずかにそれてしまい、プレーオフとなりました。そして、小平選手に敗れ「僕はもういっぱい、いっぱい。小平さんは優勝にふさわしいプレーをした」と小平選手を称えていました。

優勝後インタビューで小平智選手は、「アメリカで勝ってから後は苦しかった」と。古閑美保さんはその言葉が意外だったようで、「楽しんでやっていると思っていた・・・」と、少し驚いた様子をみせました。

弱みは決して魅せない小平智選手が漏らした一言が、古閑美保さんの涙を誘ったのかもしれません。「VISAで勝った時には泣かなかったのでびっくりしました」と、小平智選手は不思議そうな顔をしていました。

そんな小平智選手に「自分の思うことを、もっと貫き通して欲しい」とエールを送り「もっともっと稼いでもらって、幸せな人生を歩んでいきたいと思います」と発破をかけることも忘れない。さすが古閑美保さん!

まとめ

凄いことになった!

テレビを見ていたわたしは、半ば信じられない思いだった。
「ショック!小平選手、優勝しちゃったよ!」わたしは何故かショック!を感じた。衝撃を受けるほど驚いたということになるのかもしれない。

なんと小平智プロが、米国PGAゴルフツアーRBC Heritage で優勝してしまったのだ。
優勝してしまったというのが、一番ピッタリくる小平智プロの優勝だった。誰も考えなかっただろうと思う・・・いや、たった1人を除いては。

この記事を書いたのが2018年4月でした。
この後米ツアーに本格参戦した小平智選手ですが、予選落ちが続き苦しい戦いが続きましたが、フロリダオークランドに家を購入して、愛妻の古閑美保さんも、小平智選手を支えるため渡米してフロリダに腰を落ち着けるらしいので、2019年は松山英樹選手と共に頑張ってくれるでしょう。

男子プロゴルフツアー今季最終戦日本シリーズ「JTカップ」優勝で、気分よく2019年米ツアーに向かうことができるでしょう。「18番では、出場6年間目にして初めてのバーディー。すごくうれしいっすね」と、出場6年目にしてはじめて18番でバーディーが取れた大喜びした小平智選手。

「あんたならできる!」と、いつもおしりを叩く姉さん女房古閑美保さんは、凄い強運を持っている方なので、またまた何かラッキーなことが起こるかも知れませんよ!

何だかんだと言いながら仲の良いおしどり夫婦のふたり。2019年、愛妻古閑美保さんが傍にいるだけで精神的に安心できるはず、小平智選手の活躍に期待しましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事