橋本環奈21才可愛くて ひょうきんで笑わせ上手! 天性の才能を磨く演技派女優!

人気女優の橋本環奈さん、とっても可愛いですよね。
環奈さんは21才、顔や姿と同じように性格も素敵な女性。

中学3年生当時、橋本環奈さんのことを「1000年に一度の~〇〇」などと、取り上げている記事を何度も見ました。その頃は「ふう~ん」って感じでみていたんですよね。

ですから今迄は、中学生時代から人気になっていたので、そのまま何となく芸能界入りをした可愛い女の子・・・くらいの感じて見ていました。生まれ持った才能に頼らず、人一倍努力を重ねていたなんて・・・知りませんでした。

「セーラー服と機関銃」の撮影が始まったときから、橋本環奈さんと3年間生活を共にしてきた女性マネージャーさんが、環奈さんとの生活の中で感じたことを、いろいろ話されていましたが、橋本環奈さんに対する見かたが180度変わりました。橋本環奈さんて凄く素敵な女性だなって!

女子マネージャーさんの話によれば、ネットで騒がれていた当時、橋本環奈さんの周りには注目されていたアイドルが何人もいたらしいのです。だからその中で、今迄生き残れたのは天性の才能だけではなく、努力を重ねてきたからだと話されています。

橋本環奈さんは、天性の才能に頼ることなく、努力を惜しまず才能に磨きをかけて、人気と実力を兼ね備えたトップ女優になったということでしょう。

女性マネージャーさんは、橋本環奈さんが20才になって同居生活を解除したそうですが、同居を解除した後で、初めて気がついたことがありました。

橋本環奈さんが3年もの間、お風呂の排水口の掃除をしていたことに、初めて気がついたというのです。誰もが敬遠したがる排水溝の掃除を、何も言わずにさり気なく行っていたことに驚いたそうです。

それだけでも、橋本環奈さんの人柄がよくわかりますよね。3年間もマネージャーさんが気が付かないほど、自然な感じで掃除をしていたのですから。奥ゆかしいですよ。

橋本環奈さんはまだ21歳ですが、演技力の凄さは天性のもの・・・だとおっしゃってました。また、凄くひょうきんで物まねもするし人を笑わせるのも上手い。そしてダンスも歌も上手いし楽器なども覚えが早い。とにかく何でもできると、マネージャーさんはべた褒め!

マネージャーさんは、今迄あらゆるタレントさんにお会いしていますが、橋本環奈さんは、一生に一人出会えるかどうか・・・と思うほどの逸材だと思っているそうです。そこまで認めてもらえる女優さんは、本当に数少ないでしょうね。

ただ一つ心配なのは、真面目過ぎるところなんだとか。役作りにしても、原作をしっかり読んだ上で、表情やメイクも研究していると言う橋本環奈さんのことを、真面目に考えすぎて心を痛めることがないかと、心配されています。

演技の上手さに関しては、初主演だった「セーラー服と機関銃」を見たある方は、初めて拳銃で人を撃つときの橋本環奈さんの演技が、まるで本物のヤクザのようで凄かった!そんな演技どこで覚えたんだ!とツイートされていました。

また、ある方のコメントでは、橋本環奈さんの「セーラー服と機関銃」を観てきたばかりだけど、あまりにも演技が上手すぎる。何でもこなしてしまう凄さ・・・まるで"極道の妻たち"みたいに感じた・・・と。
興行収入は芳しくなかったそうですが、橋本環奈さんに対しては高評価ばかりだったのです。

橋本環奈さんが芸能界に入ったきっかけや、活躍ぶりを調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

中学生の頃からテレビに出たいと思っていた橋本環奈!

橋本環奈さんは、小学校三年生頃から「テレビに出たい」と思っていたのですね。お母様に頼んで、福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属しています。

最初は地方のCMのが仕事を中心にしていましたが、ステージに立つことに興味を持ち、事務所が運営している、ダンス&ボーカルユニット「DVL」に参加するようになったのが2009年。

また、是枝裕和監督『奇跡』のオーディションを受けて映画初出演。それからは事務所が運営している児童劇団の舞台をはじめ、地元テレビ局のドラマにも出演するなどしていて、将来の夢は「女優」と、小学校の卒業文集に書いています。

地元福岡の博多リバレインで開催されていたイベントに、DVLの後継ユニットメンバーとして参加したのが2013年5月・・・そこで、「奇跡の一枚」と言われてる写真が撮られて、知名度急上昇。

当時、中学校三年生だった橋本環奈さんが、イベントで踊っている写真がインターネット掲示板「2ちゃんねる」や「Twitter」などで急速に拡散され、「かわいすぎるローカルアイドル」とか、「1000年に1人の逸材」などと言われていましたが、わたしも覚えていますよ。

ネットで大騒ぎになり、橋本環奈さんの写真がまとめられた記事には、閲覧回数55万回を超えたと話題になりました。所属事務所の公式ウェブサイトのサーバーはアクセス過多で一時的にダウンしたそうです。

NHKの深夜ニュース番組「NEWS WEB」内の「つぶやきビッグデータ」や、検索エンジン「Google」の「グーグルトレンド」の急上昇ランキングにも登場しました。

中国のネット利用者にまで広がり、「グッド!モーニング」や「めざましテレビ」などの情報番組にも取り上げられるようになり、テレビCM出演依頼や取材オファーが殺到したと言います。

そんな時、女性マネージャが所属していた事務所の社長が、ある方の紹介で電話をかけたのがきっかけで、橋本環奈さんのマネジメントを引き受けることになったようですね。

橋本環奈さんの所属事務所は、橋本環奈さんへのオファーが多すぎて、仕事を断るのが大変だったそうですが、地に足がついた、しっかりとした女優に育てようと思っていたから、視聴率が高い番組でも、注目を集めるために身体を張ったり、笑いを取るような仕事など、イメージにそぐわないものは引き受けなかったといいます。

橋本環奈さんは、とてもいい事務所に入りましたね。イメージを守って育てられた結果、努力を怠らず天性の才能に磨きをかけて、素晴らしいトップ女優の仲間入りをしたのですから。

映画やドラマで、いろんな役柄に挑戦して成功させて来ましたが、天性の才能に頼らず、橋本環奈さん自身がたゆまぬ努力を続けてきたからこそ、今の人気があるのでしょう。

「銀魂」ぶっ飛びキャラ神楽で新しい魅力引出す!

橋本環奈さんは「銀魂」の神楽役のオファーを受けた時、「本当に神楽の役ですか?!」って、何度も聞き返したそうですが、初めてのことに対しても不安は感じない性格で、挑戦することにワクワクしてしまうそうですよ。

「銀魂」はアニメの人気作・・・実写で原作のクオリティを落とさず演じるのは凄く大変だったみたい。ヒロイン神楽はかなり戦闘能力が高いので、「アクションを突き詰めていかないと、笑いが面白くない」と言う福田監督のもとで、全力で挑んだ橋本環奈さん。

菜々緒さんが相手のシーンでは、身長差が20センチほどある菜々緒さんの顔にキックを入れる時、ワイヤーで吊られていながら、自ら飛び上がっていくように見せるのは、とても難しくて苦労したそうです。

撮影に長い時間をかけてとったシーンなども、映画になるとカットされて凄く短くなっているんで、アクションの撮影は大変だということを身を持って体験。大変な反面、何とも言えない楽しさも感じていました。

難しくて大変だからこそ、完璧を求めて全力で取り組めることが凄くいいと思っている橋本環奈さんは、「失敗は成功のもと」だと言います。

新しいいことに挑戦するのは、誰でも最初は不安になると思う。だけど一回失敗したからって人生は終わりじゃないし、積み重ねることで成功に繋げていけばいい。最初の頃はアクションが中々上手くできませんでしたが、失敗を重ねることによって、良いシーンにたどり着けたと思っています・・・と言う。

しかし、ヒロインの神楽(かぐら)は、本当にぶっ飛んでいますよね。白目をむくときもあれば、鼻をほじくったり、目も口も毛穴も開くなんて・・・かなり突き抜けた役を演じきった橋本環奈さん。「神楽」のヒロイン役に決まった時、凄く話題になりましたから、わたしも覚えていますよ。

また橋本環奈さんは、神楽役を演じるに当たり、地毛をオレンジ色に染めた事でも話題となりましたが、プロデューサーによれば、ぶっ飛びキャラのヒロイン・神楽のキャスティングに悩んでいたそうです。そんな時、福田監督と小栗旬さんから「橋本環奈さんしかいないだろう」と言われて即決めたと言います。

2017年3月3日、「セーラー服と機関銃-卒業-」で、日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞した時には、映画に関わったスタッフの方々に感謝の思いを伝え、女優としてより一層精進していきますと宣言。

女優一筋に頑張っていく覚悟を決めた橋本環奈さんは、その後間もなく高校を卒業しましたが、上京するための準備をしっかり整えていました。

ぶっ飛びキャラの神楽を演じた「銀魂」は、その年の7月に公開。橋本環奈さんは、全身でぶつかり挑んだ神楽役で成長できましたと振り返っていましたが、共演の小倉旬さんや菅田将暉さんも、成長ぶりと魅力を認めています。

そうそう、こんなこともありました。2017年11月3日、立教大学の学園祭イベント・・・初めての学園祭出演が予定されていた橋本環奈さん。ところが、観客が殺到して屋外特設ステージの安全が確保されない状況が発生したため、警察の指導で開催中止となりましたよね。

今年・・・2020年1月17日には、一年を通じて最も活躍した将来有望な新人俳優に贈られる「2020年 エランドール賞 新人賞」を、橋本環奈さんが受賞したと発表されましたが、授賞式が行われたのは2月6日です。プレゼンターは、デビュー作品映画「奇跡」の是枝裕和監督でした。

橋本環奈さんが本格的に女優を目指すきっかけ担ったのが、「奇跡」に出演したことだったと言われています。プレゼンターが是枝裕和監督というのは、忘れられない受賞式になったでしょう。

まとめ!

まとめ
橋本環奈(はしもと かんな)
生年月日:1999年2月3日 。
血液型 :AB型。
出身地 :福岡県。
所属  :ディスカバリー・ネクスト。

座右の銘は「失敗は成功のもと」だといいます。「何かにチャレンジした時、たとえ失敗したとしても、人生は終わりじゃない。失敗を積み重ねて行くことで成功につながると思うからです」と。

女性マネージャーさんは、橋本環奈さんがデビューして、「セーラー服と機関銃」の撮影が始まったときから3年間、寝食を共にされていたそうですが、いろんな意味で橋本環奈さんからいい刺激を受けて、自分も成長出来たと語っています。

また、お酒や恋愛などに関しては、うるさく言わなくても自分自身で判断ができるから・・・と、橋本環奈さんを信用しているそうです。20歳になった時に「これからは社会人として、自分で責任をもって判断しなければならないんだ・・・」そんな話をしていたと言います。

そしてまた、橋本環奈さんはまだ21才と若いのですが、さり気なく、周りにいる人達への気配りができる優しい人柄で、とても21才と思えない大人なのだと。

天性の才能にあぐらをかくことなく、努力を積み重ねてきた橋本環奈さん。人気、実力を兼ね備えた女優として、ますます輝きをましていくでしょうね。

まだ21才・・・恋愛の噂や結婚の話なども話題にのぼってくると思いますけれど、どのような男性を選ぶのかな・・・と興味深々。これからも橋本環奈さんの活躍を楽しみに見守りたいと思います。

スポンサーリンク

おすすめの記事