位置情報Zenly使ってみたら確かに便利!プライーベートモードとオプトアウト設定で安心!

あなたも使っていますか・・・Zenly。
若者の間ではかなり以前から流行っているみたい。
気になる相手の居場所がリアルタムでわかるから・・・凄い!

最近使い始めたのですが、とても簡単だし便利なので重宝してる。
ただ、安心して使うためにはプライベートモードなどの設定をしなければ駄目ですよ。
でも、設定はとても簡単にできるから。

Zenlyは、2015年フランスのパリで、アレクシス・ボニージョとアントワーヌ・マーティンの二人によって作成されたそうです。リアルタイムで位置情報が共有できる無料アプリなのです。

2018年にはAMFによる「JC・JK流行語大賞」のアプリ部門で、第3位に選ばれていました。AMF:世界の10代を応援するマーケティング企業で、代表は椎木里佳さん。女子中学生や女子高校生を中心にした、独自のネットワークを活かし、リサーチ・マーケティングを行っています

位置情報の共有とは、自分の位置と相手の位置が正確にマップ上に表示された状態のこと。だから、相手にも同じようにこちらの情報が見えているというわけ。ただし、位置情報の共有ができるのは、携帯の連絡帳に登録されている人同士に限定。

AndroidとiOSのどちらにもアプリが提供されているので、日本だけなく世界中28の言語で展開されているのですが、今、世界が注目する人気アプリとなっているのです。

あなたも今までは、友達や家族に電話をかけて「今どこ?」って、聞いていませんでしたか?

でも、Zenlyを使用していれば簡単に、しかもかなり正確に相手の居場所が確認できてしまう。また、マップで表示されている(家族や友達がいる)場所までの、到着時間を調べることも出来ますから、待ち合わせなどには凄く便利。

また、Zenlyは位置情報以外に、家族や友人が「どの方角へ」「どの速度で」移動しているか・・・リアルタイムで知ることもできるのです。

さらに「駅へ向けて車で出掛けた」とか、「徒歩で街を移動してる」「何時間も同じ建物にいる」などといった、個人の動きを追跡することも出来るので、信用できる家族や友人以外とは共有しないこと。これは非常に重要。

かなり精度も高いので見てる人には自宅も会社もバレバレでし、相手の端末のバッテリー残量や電力供給情報・・・充電状態までも確認できるので、使い方を間違えば怖い。だから、信用できない人には承認を「OKしない」こと・・・これ大切ですよ!

スポンサーリンク

Zenlyを安心して便利に使うための設定!その他の機能!

Zenlyを、安心して使うために必要なのは、「プライベートモード」と「おすすめユーザーをオプトアウト」の設定をONにすることだと思います。

♦プライベートモード。
「プライベートモード」をオンにすると、アドレス帳に登録した人以外からの、友達申請やメッセージは受け付けなくなるので安心。信用できない人は、アドレス帳から削除したほうがいいでしょう。

♦おすすめユーザーをオプトアウト。
「おすすめユーザーをオプトアウト」をONにすると、「知り合いかもしれないユーザー」として、他の人に自分が表示されるのを防いでくれます。

プライベートモードを有効にする方法は下記の通り
まずプロフィールに移動します。
♣ 左上の隅にある設定の歯車アイコン⚙️をタップして下さい。
♣次に「プライバシー設定」を選択します。
♣プライベートモードの横にあるボタンをタップして、有効ボタンを押せばOK。

♦自分の現在地を知られたくない場合の設定。
ゴーストモードに切り替えると自分の位置が誰にも分からなくなります。登録されている一人ひとりに対して、ゴーストモードかリアルタイム表示か・・・設定できます

♦登録したユーザ同士でメッセージ交換によるコミュニケーションを行う事ができます。メッセージはテキスト(文字)だけでなく、スタンプや写真の送信も可能。

♦フットプリント(足跡)機能というのがあります。
位置情報の共有だけでなく、マップ上で自分が移動したエリアを塗りつぶす機能

♦Zenlyマップでは、相手のバッテリー残量や充電状態が表示されます。だから、連絡しても迷惑じゃないか・・・なんて心配する必要がありません。

また、アイコンも用意されていて代表的なものは下記の通り。
♦家マーク:自宅にいるときに表示
♦パソコンマーク:会社にいるときに表示
♦帽子マーク:学校にいるときに表示
これは自分で設定するものではなく、アプリ側が自動で判断して付与。

Zenly凄く便利!正確だから信用できない人は連絡帳に入れちゃダメ!

Zenlyを使うまでは、ドコモ「イマドコサーチ」を使っていました・・・というか、今も継続はしています。次の契約更新まではこのままの予定、あと半年くらいだから。

夕方、最寄り駅まで迎えに行くのですが、電車って、いろいろ問題がおきて遅れる。
誰かが線路に入った。
踏切内に車がが侵入した。
急病人が出た。
誰かが緊急停止ボタンを押した・・・なんてことが頻繁に起きているんです。

だから、時刻表通りに帰れるのは半分程度かな。
迎えに行く側としては電車が遅れていてもわからないから、時間を確認するために「イマドコサーチ」を使っていました。でも、Zenlyの噂を聞いていたから試してみようと・・・

相棒と相談してアプリを入れてみたら、Zenlyのほうが断然早いしリアルタイムでわかる。それに簡単で使いやすいし、ちょっとした発見もあって面白い。

ある日の夕方、わたしが駅に向かって車を走らせていた時、相棒がZenlyを開いたら、車が何処を走っているのか・・・場所もわかったし、車の速度も表示されていたらしい。

段々スピードが落ちて「ゼロ」になってしばらく動かないので「信号で停まった」のもわかったし、再度動き始めて信号を右折するのも分かったよと言った。さらに、右折する時に直進車をやり過ごすため、止まったのも分かったからね、凄いよと。

わたしの方も、朝の8時頃にZenlyを開いてみたら、相棒が出勤前に、毎朝コーヒーを飲んでいる新宿のセブンイレブンの場所と名前が出てきた。住所もわかるし、〇〇通りのセブンイレブン〇〇店って。「凄いなあ!」と思うけれど、考えてみたら怖い!

Zenly・・・ここまで正確に出るんだから、家族や信用できる友人以外は、連絡先には入れない方がいいと思う。〇〇時〇〇分には何処にいたなんてわかるんだよ、信用できない人だと本当に怖いでしょう。だから、連絡先に登録する相手は慎重に選んでね。

長く使っている方の話を聞いてると、「プライベートモード」や「おすすめユーザーをオプトアウト」は、かなりしっかりしているらしいので、必ず設定したほうがいいよ。無防備に使うと本当にに怖いからね、気をつけて!

Zenlyを使用してる方の高評価増えている?!

Zenly利用ユーザーの評判などを見てみると、位置情報の共有という機能がとても便利・・・という声が一番多いようです。

2017年頃には、SMS認証について不審や不満を抱いていた方もいたようですけれど、現在はプライベートモードなどを設定することで、安心して使えるそうですよ。

  • 相手の位置がわかるので、待ち合わせの時とかはとてもに役に立つ。
  • 子供の位置がかなり正確に確認出来るから、凄く便利だし、とても安心 できます!
  • 家族や友達の居場所がすぐにわかるので便利。

最近は上記のコメントも下記のコメントも高評価ですね。

自分の位置がバレたくない時は設定を変えればOKだし、登録したくない人がきたり、怖いと思った時は、プライベートモードにすればいい。そのあたりの対策はしっかりできていると思う。
凄く便利で使いやすいアプリ。友達がどこにいるかすぐ見られるし、チャット機能もあるしね。管理・・・の仕事で使っているのですが、 とても便利でいいものだと思います。

低評価の方もいました。
うまくインストールできないとか、自分の居場所が海外になってるとか・・・って。
居場所が海外になるなんて、ちょっと不思議なんですけれど。その他には、13才以下は使えないのは云々・・・といったものでした。

現在はSNS全盛時代・・・Zenlyは新しいコミュニケーションの形態を示しているかもしれませんね。それにしても、時代は凄いスピードでどんどん変化しています。カレンダーや予定表の共有などは以前からありますが、位置情報までも共有する時代になったなんて・・・

便利な半面、使い方を間違えれば怖い・・・
怖くてZenlyをやめたい時は、マイページからアカウントの削除をすればいいいそうですよ。

マイページ・・・右上の歯車アイコンをタップして「設定」画面に進む。
画面下部の「お問い合わせ」から、赤い「お問い合わせ」ボタンをタップ。
「アカウントを削除」を選択し「実行する」で完了。

お問い合わせからというのは、少し分かりづらいかな・・・とも思いましたが、Zenlyをやめたい時は、この手順で操作すれば簡単らしいですよ。「怖くて使いたくない」時はやめることもできるので、試しに使ってみるは、ありかな。

まとめ

無料で利用できるしSMS認証で簡単に登録できます。
また気になるプライバシーについても、「プライベートモード」と「おすすめユーザーをオプトアウト」と言う2つの機能があるので、設定しておけば安心!

プライベートモードにしておけば、連絡帳(アドレス帳)に登録された人以外は使えない。友達との共通の友達が表示されたりしますが、承認しなければ居場所を知られることはありません。信用できない友達を、うっかり承認しないように。

人型マークのアカウントを開くと、現在のアカウントの状況を確認できます。
登録した名前の横にあるアイコンは、デフォルトのアイコンだそうですが、好きな画像に変更することが出来るらしい。

画面中央の閲覧数機能が使えるようになるのは、友達が3人以上になったら・・・です。また、メッセージ機能は、グループを作ってメッセージを共有することもできるそうです。

興味があれば一度使ってみるといいでしょう。プライベートモードを設定しても怖いと思った時は、やめてしまえばいいのですから。

簡単で便利というのは確かなので、今のところは続けてみようと思っています。
でも、怖さを感じた時は即やめるつもり。

スポンサーリンク

おすすめの記事