ゆりやん凄かった米NBC公開オーディション!度胸と満点英語力で爆笑誘う抜群トーク!

驚きました!!
ゆりやん凄かった!!
米NBCの公開オーディション・リアリティー番組「アメリカズ・ゴット・タレント」2次予選に出場したゆりやん。

ゆりやんの英語パーフェクト!
ジョークを交えたトークで審査員や観客の大爆笑を誘うなんて凄い!
審査は通りませんでしたけれど、物おじすることなく、実に堂々としていて爪痕は残しましたよ、確実に!

あれだけの度胸がある芸能人は少ないでしょう。失敗を恐れて中々先に進めない人は多いですが、ゆりやんは果敢に攻めました。パフォーマンスの内容云々よりも、満点の英語力と物おじしない度胸を褒めるべきでしょう!

ゆりやんの英語力と度胸があれば、アメリカでだって充分やっていけますよね。勿論そんなに甘くはないと思いますが、自分の力で道を切り開いていくタイプだと思うし、英語力があるので、いざとなればアルバイトだってできますからね。

それに、物おじしないことも大きな武器となるでしょうね。表情も豊かだったし「アメリカズ・ゴット・タレント」の出演で、アメリカ進出への第一歩を踏み出したことは確かです。

アメリカで成功しているのが渡辺直美さんですが、ビヨンセのモノマネでブレークして、ニューヨークやラスベガスでもパフォーマンスを披露して人気を得ています。ここ何年かで築き上げたカリスマの地位はしっかり守っているらしい。活動年数も長いので、ゆりやんよりも知名度は高いのもわかります。

また、渡辺直美さんは、アメリカでGAPのモデルに抜擢されたり、イギリスの『VOGUE』でもある程度の地位を築いているとの情報もあります。ただ、英語力はまだまだ・・・らしいですね。

現在は、日本とアメリカを行き来する生活を送っているそうですが、アメリカでは、日本のように仕事がどんどん入ってくるわけではなく、不満・・・と言うか愚痴をこぼすことも多いとか。

今後「ゆりやんが本格的に海外での活動を始めたら、その英語力を生かして活動できるので、渡辺直美さんとの立場が逆転する可能性もあります」と言う、現地在住の芸能関係者による情報もありました。あくまでも噂なので真偽のほどはわかりませんけれどね。

出来れば渡辺直美さんもゆりやんも、同じように活躍して欲しいと思います。狭い日本に留まらず、どんどん活躍の場を広げ、どこまで成長できるのか挑戦して欲しいな!

それはさておき・・・「アメリカズ・ゴット・タレント」で、ゆりやんが名物審査員のサイモンとのやりとりで、爆笑を誘った英語力は称賛されるべきだと、多くの人が話しているそうですよ。

通訳なしで審査員たちと絶妙な掛け合いを披露したゆりやん。審査員から芸名の由来を聞かれると、「ペットを飼っていまして。ゴールデン・レトリバーってご存知ですか? あ、私が飼っているのは猫です。彼の名前がレトリィバァ」となどと、ジョークで観客の大爆笑を誘いました。

しかもゆりやんは、ステージを降りてから審査員に絡みに行き、ゆりやんとサイモンのやり取りに、観客は立ちあがってリズムを取ったり、審査員もゆりやんのフリを真似したり・・・あの一刻は、まぎれもなく、全てがゆりやんの色に染められていました。

とにかく、メンタルの強さは凄いの一言、脱帽です!ゆりやんて本当に凄い!
わたしにあの凄いメンタルがあれば・・・なんて、ため息が出ちゃいました!

審査員に絡んだ後、係員に促されて下がりながらもアピール。誘導する係員も笑っていました。
2017年頃からゆりやんは「活動の幅広げて、アメリカに行きたい!」と語っていたそうですが、ついに夢を叶えた瞬間で、第一歩を踏み出したのですね。

ここに至るまでのゆりやんについて、調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

米NBC公開オーディションで魅せた!度胸と英語力どうして身につけたのか?

「America’s got Talent」は多種多様なジャンルのパフォーマーが挑戦する、スター発掘型のオーディション番組。優勝者には賞金100万ドルが与えられます。過去に挑戦した日本人パフォーマーで、ダンサーの蛯名健一さん45才がシーズン8で優勝していました。

残念ながらゆりやんは審査通過はできませんでした。でも、審査員たちと堂々とやり合ったゆりやんに、先輩芸人の陣内智則さんが「ゆりやんには日本は狭すぎる。たいしたレトリィバァやなぁ」と、ツイッターで称賛、その他にも多くの芸能人が称賛のコメントを寄せていましたね。

2015年『ナイナイの海外定住実験バラエティー』と言う番組で、実際にニューヨークに3か月間定住した時から、ごく普通に英語で会話していた・・・と芸人仲間が証言。

ニューヨークに3か月間定住は、英語に自信があったので不安はなかったのかも知れません。でもやはり、度胸も必要かなと思います。ゆりやんの場合は持って生まれた度胸の良さ・・・かな。

度胸って・・・二通りあると思います。
一つは持って生まれた度胸の良さ。
もう一つは、経験値を積み重ねてついた度胸。
「○○すれば度胸がつく」などと教えられても、一朝一夕にして身につくものではないですよね。

実はゆりやん、関西大学出身の才女だと言われていたのです。しかし、英語を専攻していたというわけではないようです。ただ、映画研究会や留学生の多いダンスサークルに所属していて、常に生の英語に触れていたので、英語耳はかなり鍛えらたと言います。この頃から本格的に英語の勉強にも取り組み始めたそうです。

でも、生の英語に触れることが英語力をつける一番の近道なんですよね。常にネイティブな発音を聞くことが出来るのですから。周りが外国人ばかりだと否応なく覚えますよね。覚えなきゃ仲間になれないから。

ゆりやんは今年3月にインスタグラムで、「America’s got Talent」の出演オーディションに参加したことを報告していましたが、審査を通過して舞台上での2次審査に挑んだ映像が、番組公式サイトや公式ツイッターなどで公開されると、称賛する多数のコメントが寄せられました。

「ちょっと泣いた。あのサイモンとガチでやりあってる」
「コレ凄い!」
「凄い度胸!」
「物おじしてない」
「審査員とのやり取りで観客爆笑してた。本当にすごい!」
「ゆりやん素晴らしい!海外でもやってけるね」
「応援してるよ!」

でも、中には辛らつなコメントもあったそうですが、それはいつものこと。どんな場合でも、100%の方が認めるなんてあり得ないことですから。賛否両論があってあたりまえなんですよね。

好評価もあれば悪評価もあるのが普通だし、顔も、スタイルも、食べるものも、全ての物に好き嫌いがあるように、パフォーマンスにも好き嫌いがあると思います。

それはさておき、今年・・・2019年7月からゆりやんが、国内初単独ツアー「ゆりやんJAPANツアー」を開催するそうです。大阪・東京・名古屋・福岡・奈良の5会場を周り、ネタをはじめ、ミュージカルにも初挑戦すると言います。

ゆりやんはどんなステージをみせてくれるでしょう。あっと言わせる内容であって欲しい。アイデアたっぷり、お笑いたっぷりの斬新なミュージカルを期待。

度胸 英語力凄い ゆりやんプロフィール!”NHK上方漫才コンテスト”47回大会で優勝!

ゆりやんは、県立高田高等学校卒業と同時にNSC(吉本興業の養成所「吉本総合芸能学院」)に入るつもりだったのに、方向返還して関西大学文学部に進学しています。その理由が好きになった男子に注目されたい一心だったとか。ところが、入学前に早々と失恋してしまったそうです。

2012年4月:「吉本総合芸能学院」の大阪NSC35期生として入学したのが、大学4年生の時。
2013年2月:「NSC大ライブ2013」で優勝をし、NSCを首席で卒業しています。
優勝特典として贈られたのが、2013年4月の予定がすべて仕事で埋まっているスケジュール帳。

ゆりやんレドリバー。
本名  :吉田 有里(よしだ ゆり)。
出身地 :奈良県吉野郡。
生年月日:1990年11月1日。
身長  :159センチ。
体重  :77キロ。
学歴  :関西大学文学部。
趣味  :映画鑑賞・ダンス・水泳・ピアノ・書道。

ゆりやんは「NHK上方漫才コンテスト」第47回大会で優勝。
「NHK上方漫才コンテスト」で、女性ピン芸人が優勝したのは初です。このコンテストで優勝するって凄いことらしいですね。主要お笑いレースでも異例のことなんだとか。

「NHK上方漫才コンテスト」には138組がエントリーしていました。審査員は西川きよし、桂文珍、渡辺正行、ハイヒール リンゴ、俳優の内藤剛志、漫才作家・放送作家の大池晶氏が務めています。

優勝スピーチで「ピン芸人が優勝してしまい、すみません。大会47回目にして、歴史の一幕じゃないですが、女ピンでも優勝できる大会なんだなと知っていただければ。お笑い界の“平塚らいてう”になれれば!これが言ってみたかった」と大喜びしていたゆりやん。

ゆりやん、この日の決勝では、海辺の白服少女や、アカデミー女優に扮して、ヤンキーやピアス男に突っ込みを入れまくるネタで大会を制しました。

持ち前の度胸の良さで、パーフエクト英語力を駆使、アカデミー女優に扮して、突っ込みを入れまくったゆりやんは、並み居るお笑い芸人138人を抜き去り、「NHK上方漫才コンテスト」では、女性ピン芸人として初めてとなる優勝を手に入れました。

まとめ

米NBCの公開オーディション・リアリティー番組「アメリカズ・ゴット・タレント」2次予選に出場したゆりやんは、審査は通りませんでした。でも、パーフェクトな英語でサイモンとやり取り、審査員と観客を爆笑の渦に巻き込みました。

ゆりやんは、ステージを降りてから審査員に絡みに行き、サイモンとのやり取りに、観客は立ちあがってリズムを取ったり、審査員もゆりやんのフリを真似したり・・・あの一刻は、まぎれもなく、全てがゆりやんの色に染められていましたよ。

物おじすることなく、実に堂々としていて爪痕は残しましたよ、確実に!
とにかく、あの度胸とパーフェクトな英語は凄いですよ。衝撃でした!

だけど、ゆりやん自身は帰国後出演した番組で、「名前の由来とかですごく笑ってくれたんだけど、あんなもん、どこが面白いねん!」と語り、日本と米国での「笑いを取るツボが違う!」ことに、戸惑いを感じている様子でした。

「ネットなどで『笑われてるだけだ』とか言う記事があったけど、自分でも『その通り』やと思うなどと発言していましたね。笑いを感じる「感覚的」な違いを、ゆりやんは「肌で感じ取った」のでしょう。

生まれた国によって言葉も、顔も、風習も違います。外国人が感じる「日本のこんなところがおかしい」なんて・・・テレビで時々やってるじゃないですか。

日本人が「面白くない」と思っても、海外では「めちゃ面白い」と感じる・・・それは、別に不思議ではないと言うことでしょう。

そんなゆりやんは、お笑いコンビ『ジャルジャル』の福徳秀介さん35才とは親しい間柄だとか。同じ関西大学出身と言うこともあり、以前・・・2年前にちょつと話題になっていました。

2017年4月に沖縄旅行に出かけた時、「ふざけて撮った!」「デートの写真はロケで撮った」とゆりやんが必死に否定したのが、福徳秀介さんがゆりやんのベットで横たわる写真だったそうです。LINEでのやり取りが漏れてしまったとかで、大騒動になったことがあるそうです。

ゆりやんも乙女ですから、恋の噂があっても不思議ではありませんが、現在でも仲間を交えての交流はあるらしいですね。周りからは、福徳秀介さんを見るゆりやんの瞳には、憧れが宿っているように見えるそうですよ。( ´艸`)

ある、お笑いライターの方は、ゆりやんの才能は、平野ノラさんやブルゾンちえみさんなどを含む、女性のピン芸人の中でも、ゆりやんが一番底力があり、友近さんのように長く生き残っていく素地があるように思うと、話されています。

ゆりやんには、抱腹絶倒するようなお笑いを見せられるようになって欲しい。
笑い過ぎて涙が出るくらい面白いお笑いを見せられるようになって欲しい。
などと、勝手に期待して楽しみに待っているよ!

スポンサーリンク

おすすめの記事