大泉洋さん、独特な雰囲気を持っているように感じますね。
とても好感度が高い方。何をやっても、嫌味にならない不思議な魅力があると思うのですけれど。
大泉洋さんを見ていると、ふんわりとした温かさと優しが、画面を通して伝わってくるような気がします。

1995年10月、大泉洋さんは北海学園大学在学中に、北海道テレビの深夜番組「モザイクな夜V3」に出演し、芸能活動を開始。翌1996年10月には同局の深夜番組「水曜どうでしょう」に出演し、タレント活動が活発化。

「水曜どうでしょう」は北海道のローカル番組ですが、旅をメインとした様々な企画を行い、口コミやインターネットなどでファンを拡大。深夜枠にもかかわらず最高視聴率18.6%獲得。番販の増加に伴い、大泉洋さんの知名度も上がり、全国的に知られるようになりました。(番販:番組の販売のこと)

1999年からは、テレビ朝日の「パパパパパフィー」に、準レギュラーのような形で出演するようになり、全国ネットのバラエティ番組に登場。

そんな時、映画の北海道ロケで、東京から来た俳優よりも格下扱いをされ、ショックを受けたのです。
2004年、31才になった大泉洋さんは、北海道での仕事に閉塞感を感じていたこともあり、本格的に東京進出を決めました。

大泉洋さんは、「わっ」と盛り上がる爆発的な人気ではありませんが、2004年に東京進出してから15年、じわりじわりと人気が上がり今では人気芸能人の1人。次から次へと映画に出演しCMでも大活躍。実は、大泉洋さんは実力派俳優で数々の賞を受賞しているのです。

2018年12月に公開された映画「こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話」は、大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍が基になっています。実話です。

難病に指定されている筋ジストロフィーを患いながらも、自らの夢や欲望をさらけ出して素直に生きることを貫き、誰からも愛された実在の人物・鹿野靖明さんの生きざまと、鹿野靖明さんを支え続け、共に生きたボランティアの人々や家族の姿を描いたドラマ。

そして大泉洋さんは、顔と手以外は動かせない鹿野靖明さん役を見事に演じ切り高評価を得ています。筋ジストロフィーの詳細がわかるアドレス:http://www.nanbyou.or.jp/entry/4522

また大泉洋さんは、お笑いのセンスも抜群だし、作詞作曲をはじめ歌手、声優としても活躍しています。東京進出後の活動や結婚のことなど、もう少し詳しく調べてみましょう。

スポンサーリンク

大泉洋の東京進出は大成功!実力派俳優として不動の地位を築いた!

大泉洋さんは本当に多才。歌手・作詞作曲なども手掛けていますし、声優としても「千と千尋の神隠し」など複数のスタジオジブリ作品にも参加しているのです。東京進出以前の2003年にも、高坂希太郎監督の「茄子 アンダルシアの夏」では主人公のペペ・ベネンヘリを務めました。

東京に進出してからは、確実にじわりじわりと人気が上がり、人気作品に次々出演しています。そして多くの賞を受賞するなど、実力派俳優としての地盤を築き上げています。

2005年:フジテレビ「救命病棟24時」で、全国ネットの連続ドラマ初出演。
それ以後も、フジテレビの「小早川伸木の恋」や日本テレビ「ハケンの品格」など、人気ドラマに出演。準主役を演じた「ハケンの品格」で、注目度が高まりました。

そして2009年5月2日に、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子さんとの結婚を発表しました。
2人は2005年のドラマがきっかけで知り合って、2008年の「ロス:タイム:ライフ」で再会してから交際が始まったとか。結婚は婚約から1年以上あとの2010年8月29日でした。2011年には第一子となる長女が誕生しています。

2005年:ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞 新人賞受賞。
2007年:ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞受賞。
2012年:「探偵はBARにいる」で、第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞。

2014年:北海道「特別福知事」に任命される。
2014年:「青天の霹靂」及び「清須会議」で、第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞を受賞。
2015年: 第9回ベストフォーマリスト賞受賞。

2016年:「駆込み女と駆出し男」で、第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞。
2016年:「駆込み女と駆出し男」で、第58回ブルーリボン賞 主演男優賞を受賞。
2017年:「探偵はBARにいる 3」で、第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞。

2018年:「恋は雨上がりのように」「焼肉ドラゴン」「パパは悪者チャンピオン」「こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話」で、第23回日本インターネット映画大賞 日本映画主演男優賞受賞。

2018年12月に公開された映画「こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話」は、大宅壮一ノンフィクション賞と講談社ノンフィクション賞をダブル受賞した書籍が基になっています。

難病に指定されている筋ジストロフィーを患いながらも、自らの夢や欲望をさらけ出して素直に生きることを貫き、誰からも愛された実在の人物・鹿野靖明さんの生きざまと、鹿野靖明さんを支え続け、共に生きたボランティアの人々や家族の姿を描いたドラマ。

12歳の時、筋肉が徐々に衰える難病筋ジストロフィーを発症した鹿野靖明さんは、障がい者施設を飛び出して、自ら募集したボランティアの方々と共に、20年もの間、自立生活を続けた方で強烈な個性の持ち主。

そして大泉洋さんは、顔と手以外は動かせない鹿野靖明さん役を見事に演じ切り高評価を得ていますが、お笑いセンスも抜群な大泉洋さんの、茫洋とした雰囲気がぴったりはまっていたように思います。
茫洋とした:広々として限りのないさま。広くて見当のつかないさま。

大泉洋さんは、何を演じても上手い俳優の1人だと思います。俳優だけじゃなく多才だし、とにかく凄い!

大泉洋は「笑わせたい病!」を患っている??

大泉洋さんは、物心ついたときから、とにかく人を笑わせたいと思っていたそうです。なぜそんな気持ちが生まれてしまったのかなと首をかしげながら、「そういえば、保育園のころから人を笑わすのが好きでしたね。そればっかりでしたもん」と語っています。

子どもの頃、子どもらしい遊びには全く興味なくて、テレビを見てはものまねなどをやっていたとか。小学校のころには落語にもハマって、車で家族と出かけると、延々と落語のテープを聴いていたと言います。

春風亭柳昇さんの「課長の犬」、柳亭痴楽さんの「ラブレター」など。新作落語は、子どもにも分かりやすかったのかなとも。これが大泉洋さんのトーク力の源になったかもしれませんね。

大泉洋さんは、たとえリスクを背負ってでも人に笑って欲しいと思っているそうです。
なぜそのようなことを考えるのか・・・言いかえれば「世界中から好かれたい」「嫌われたくない」という気持ちがあるからだとか。

マグロは泳ぎ続けないと死んでしまうけど、同じように、笑いがないと辛くて仕方がないと大泉洋さんは言います。いつも人を笑わせたいと言う思いがあるのですね。もう、「笑わせたい病」を患っているようなもの。

大泉洋さんには早稲田大学を卒業したお兄様がいます。大泉洋さんも早稲田大学を受験しましたが2浪してしまいました。希望していた大学に行けず「死ぬのじゃないか」とお母様が心配されるほど落ち込んでいたそうです。

しかし大学に入学後「このまま腐った気持ちでいるのはまずい」と気を取り直し、演劇研究会に入りました。
ここで、後にメンバーとなる森崎博之さん達4人と仲良くなったのですが、その当時からそれぞれの個性が際立っていたので、演劇部内で浮いた状態になり「TEAM NACSだ」と呼ばれていました。

「TEAM NACS」のアドレス:http://artist.amuse.co.jp/artist/team_nacs/

大学時代に高等学校地理歴史の教育職員免許状を取得しており、大学卒業後は教師になる予定で、テレビ出演はあくまでアルバイト、「テレビは思い出作り」と公言していたほど。

名前  :大泉洋(おおいずみ よう)
生年月日:1973年4月3日
年齢  :45歳
出身地 :北海道江別市大麻
身長  :178㎝
血液型 :B型
学歴  :北海道札幌藻岩高等学校を卒業。北海学園大学経済学部経済学科卒業。
事務所 :CREATIVE OFFICE CUE

お父様は、北海道高等盲学校の校長も務めた教員。
お母様も、中学校の英語教師。
お兄様は、7才年上で北海道函館市の観光課に勤める公務員のようです。羊さんと良く似ているとの噂。

小さいころの思い出に、一家で囲む夕食風景があると言う大泉洋さん。
両親は学校の先生で夕食に間に合うように帰ってきたそうです。お父様が帰ってくるのを待って、家族そろって食事をしていたという子ども時代の記憶・・・幸せな光景ですよね。

大泉洋は娘に首ったけ!家族のだんらんを大切にしてる!

そして2009年5月2日に、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子さんと婚約したことを発表し、婚約から1年以上あとの2010年8月29日に結婚しています。

2人が知り合ったのは2005年のドラマがきっかけでした。そして2008年の「ロス:タイム:ライフ」で再会してから、真剣な交際が始まったとか。

2011年5月13日に生まれた長女みくちゃんは、あと1カ月半もすれば8才になるのですね。速いな・・・都内の有名私立「青山学院幼稚園」に入園したと言われていましたから、今年は2年生になるのでしょうか。

「青山学院幼稚園」は青山学院大学の付属幼稚園で、エスカレーター式に大学まで進学できるのです。そのために、幼稚園から「お受験」があるのです。阿部寛さんや、中村勘九郎さん、篠原涼子さんなども、入園式に姿をみせたと言うニュースがありましたね。

大泉洋さんは、娘さんに首ったけ。
女の子って、小さなころ「大人になったらとか、○才になったらパパと結婚する」って言いますよね。

大泉洋さんも、みくちゃんから「6才になったらパパと結婚する!」と言われて喜んでいたそうですが、翌日「8歳になってからにする」と言われて、がっくりと落ち込んでしまったのだとか。

ヤクルトのCMで、大泉洋さんが娘役の中西紅葉さんから「はい、パパ」と差し出されるヤクルトに「ハイッ!」って答える時の大泉洋さんを見てると、みくちゃんと会話してる時もあんな感じなのかなって・・・微笑ましい!

大泉洋さんの親ばかエピソードと噂されているのが、地方ロケで半月以上娘さんに会えず、ロケが終了して幼稚園に迎えに行き、顔を見て号泣したとか・・・これは2,3年前のことだと思いますけど。

大泉洋さんは家庭の団欒を大切にしている方で、首ったけのみくちゃんのことはもとより、奥様も大切されているようです。仕事で会えない時が多いので、仕事がない時は、家族と共にゆったりと過ごしているようですよ。

まとめ

大泉洋さんは、「わっ」と盛り上がる爆発的な人気ではありませんが、2004年に東京進出してから15年、じわりじわりと確実に人気が上がり、今では人気芸能人の1人。次から次へと映画に出演しCMでも大活躍。そして、実力派俳優としての地位を築き上げました。

次から次へと、人気作品に出演し数々の賞を受賞しています。

2005年:ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞、新人賞受賞。
2007年:ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞、助演男優賞受賞。
2012年:「探偵はBARにいる」で、第35回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞。

2014年:北海道特別「福知事」に任命される。
2014年:「青天の霹靂」及び「清須会議」で、第6回TAMA映画賞 最優秀男優賞を受賞。
2015年: 第9回ベストフォーマリスト賞受賞。

2016年:「駆込み女と駆出し男」で、第39回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞。
2016年:「駆込み女と駆出し男」で、第58回ブルーリボン賞 主演男優賞を受賞。
2017年:「探偵はBARにいる 3」で、第41回日本アカデミー賞 優秀主演男優賞受賞。

2018年:「恋は雨上がりのように」「焼肉ドラゴン」「パパは悪者チャンピオン」「こんな夜更けにバナナかよ~愛しき実話」で、第23回日本インターネット映画大賞 日本映画主演男優賞受賞。

プライベートでは、2009年5月2日に、フジテレビドラマプロデューサーの中島久美子さんとの結婚を発表し、婚約から1年以上後の2010年8月29日に結婚。翌年生まれた娘さんも小学生に成長。

仕事で留守がちな大泉洋さんは、家族をとても大切にしています。特に娘のみくちゃんに首ったけ。羨ましくなるようなパパみたいですね。年頃になったみくちゃんに恋人ができたら泣くでしょう、淋しくて・・・

今は、次々仕事が舞い込みノリノリ状態です。まだ45才ですから芸能界の重鎮と言われるまで、頑張って欲しい!

スポンサーリンク

おすすめの記事