吉村府知事に女性胸キュン?!大阪モデル発表や助け合い基金で医療従事者に支援金!

今や、吉村洋文府知事を知らない方はいないでしょうね。
毎日テレビで見かけない日はありませんから。

寝る間も惜しんで・・・を地で行く吉村洋文府知事は、女性ファンが急激に増えているそうです。男性からも「吉村、寝ろ!」と心配する声が上がるほど、府民のために骨身を惜しまず頑張っている。

SNSなどを見ていると、『囲み会見が待ち遠しい!』『府民を守ろうとする姿にしびれる』『日毎にやつれていく姿を見て胸がキュンとなる』と言うような言葉が多く・・・女性ファンがどんどん増えていいるみたい。

吉村洋文府知事は取材などに答える時、とても厳しい眼差しをみせます。そして、顔立ちがキリッとしているので、とても精悍で頼もしく感じられますから、女性ファンが増えるのも納得。

話し方も、キビキビしていて小気味よく、人が言えないことを「ズバッ」と代弁してくれるところが、これもまた凄い魅力!なんですよね。

「松井市長や僕は使い捨てていいんです!」なんていい切る言葉にも真実があり、大阪府民の方々は幸せかも知れません。

緊急事態宣言が5月31日まで延長されたことを受け、大阪府は、事業者への休業要請や外出自粛要請を段階的に解除するための府独自の基準「大阪モデル」を決定しています。
とにかくやることが早いですよね。行動力があるということでしょう。

わたしの住む「??県」では、やる気があるのかしらと思うほど情報発信が少なく、ちょっと頼りない感じがしています。だから大阪府民が羨ましくもあり・・・

それはさておき、人気の吉村洋文府知事はどんな方なのか、調べてみましょう。

スポンサーリンク

吉村洋文プロフィール!弁護士から府知事は橋本徹氏に次ぐ2人目!

大阪府民の方は「現状をどうにかしようと、全身全霊込めてやってるのがわかります。過去には無能な知事もいましたが、今回は本当に吉村さんでよかったと府民は思っていますよ」と話しています。

プロフィール
吉村洋文(よしむら ひろふみ)。
生年月日  :1975年6月17日。
出身地   :大阪府河内長野市。
1994年3月  :大阪府立生野高等学校卒業。

♣高校時代はラグビー部に所属し、毎日遅くまで「花園」を目指して楕円状のラグビーボールを追いかけ回していて、いい青春時代でした・・・と振り返っていらっしゃいましたが、充実した高校生活だったのでしょう。

1998年10年3月  :九州大学法学部卒業。
1998年10年10月:司法試験合格。
1999年4月    :最高裁判所司法研修所入所。
2000年10月  :最高裁判所司法研修所修了弁護士登録。

弁護士登録後は、東京都千代田区にある熊谷綜合法律事務所に勤務。
この頃、あの弘中惇一郎弁護士と一緒に、大手消費者金融武富士の訴訟代理人を努めていました。

2005年1月 :熊谷綜合法律事務所から独立して、スター綜合法律事務所を共同で開設。
弁護士時代は、広い視野で戦略的に物事を捉え、問題解決し、結果を出すために何が必要かを考える・・・そんな毎日の繰り返しだったようですね。

吉村洋文さんは "やしきたかじん"さんと顧問弁護士契約をしていたのだそうです。政治の世界に足を踏みれたのは、"やしきたかじん"さんのすすめがあったからだそうです。

2011年4月   :大阪維新の会から大阪市会議員として出馬し当選。2011年。

2014年12月 :維新の党から衆議院議員として出馬し当選。
♣大阪の古い政治から脱却し、大阪が日本のもう1つの軸となることを目指し、新しい大阪をつくりあげると言う大阪維新の会の理念に共鳴したのです。

2015年10月 :衆議院議員に議員辞職願を提出。2015年11月の市長選に出馬して当選。
♣市長選に出馬したのは「大阪都構想が否決されたのを受け、橋下徹市長が引退されることになったので、橋本徹氏の理念をしっかり受け継いで、大阪の改革を前に進めていかなければならないと考えた」からでした。

2019年4月   :大阪府知事に出馬して当選。
弁護士経験者が大阪府知事に就任したのは、橋本徹さんに続いて2人目となります。

吉村洋文大阪府知事の座右の銘は『意志あるところに道は開ける』。

吉村洋文(よしむら ひろふみ)さんが、大阪府知事に就任されたときの挨拶文『ようこそ知事室へ』は、『http://www.pref.osaka.lg.jp/j_message/index.htmlをクリックすると見られますよ。

吉村府知事が示した大阪モデル!不快感示した西村担当大臣に即陳謝のツイート!

緊急事態宣言延長を受けて、5日、大阪府の吉村洋文知事は、独自の解除基準を示しました。

吉村洋文府知事は「きちんとした数値目標を持って、府民の皆さんと共有できるように、出口戦略数値目標を定める必要があると思います。国で示されないとわかったので、大阪府としてのモデル『大阪モデル』を決定したいと思います」と。

吉村府知事が重視したのは、何が、どうなれば、外出自粛や休業要請を解除するのかという明確な基準でした。府が示した基準案の念頭にあったのは、「医療崩壊」を起こさないことです。ポイントは4つです。

1. 陽性率が7%未満。
2. 感染経路のわからない人の数が1日の新規陽性者のうち、10人未満。
3. 重症者向けの病床の使用率が60%未満。
4. 前の週と比べ感染経路不明の人の数が増えていないこと。
上記の基準を7日間連続で満たしていることが条件だとしています。

さらに吉村知事からは、府民にわかりやすくするために、通天閣や大阪城のライトアップの色で危険度を知らせるアイデアも示しています。「おおむね倍になったら赤色に灯すとか、緑黄色赤に色を変えて、やりたい」と。

吉村洋文知事は、再び感染拡大の傾向が出ることも想定していて、PCR検査における陽性率や病床使用率など客観的な数値を指標として「見える化」を図り、状況に応じて府民に自粛緩和や警戒を促すのでしょう。

「大阪モデル」が発表された府内では、「基準がなかったら何もできませんからね。いいんじゃないですか」「数字が明らかになっていれば、あと少しの我慢だから頑張ろうとか思える」「とてもわかり易い」など、好評のようです。

ところが・・・吉村府知事が「国で示されないとわかったので、大阪府としてのモデル『大阪モデル』を決定したいと思います」と発言したことに、「休業の要請・解除は知事の裁量。解除する基準は当然ご自身の説明責任」だと、西村担当大臣が不快感を示しました。

即座に反応した吉村府知事は「西村大臣、仰るとおり、休業要請の解除は知事権限です。休業要請の解除基準を国に示して欲しいという思いも意図もありません。ただ、緊急事態宣言が全ての土台なので、延長するなら出口戦略も示して頂きたかったという思いです。今後は発信を気をつけます。ご迷惑おかけしました」と陳謝。

陳謝を受けて、西村康稔経済再生担当相もまた6日に、ツイートしました。
「このウイルスを早く収束させたいとの思いは同じ。しっかりと連携して取り組みたい。国も解除に向けた基準など明確に示し説明責任を果たしていく」と。

どんな形であれ、お互いに共闘していくことが大切だと思うし、正式な会見では形式的な言葉になるので、ツイッターのやり取りで意見交換ができればいいのに・・・

吉村洋文府知事の素顔!奥様は元キャビンアテンダント!

吉村洋文大阪府知事の住まいは大阪市北区のようですが、北区商店街の関係者の方が、市長選に出馬した吉村洋文さんが、商店街の近くで選挙演説していた時のエピソードを語っています。

2015年、市長選の選挙演説している吉村洋文さんに向かって子供が「吉村のおっちゃ~ん」と声をかけて手を振っていたそうですが、吉村洋文さんのお子さんの同級生だったといいます。

「もちろん、商店街が一丸となって吉村洋文さんを応援していたのですが、『吉村のおっちゃ~ん』と呼びかけた子供を見て感じたんです。きっと家では、いいお父さんなんだろうなと思いました」・・・と。
そして、子供に好かれる人なら間違い無いだろうと確信が持てました」ともおっしゃってました。

この選挙では、2位に20万票もの差を付けて当選し、吉村洋文大阪市長が誕生。それから3年半経ってから府知事に立候補して当選しています。

お子様が小学生の時は塾の送り迎えをされていたし、とても子煩悩な方で、お祭りで、お子さんが子ども神輿を担いだときなどは、付き添うように傍を歩いていましたよ・・・と、商店街の方。

奥様はキャビンアテンダントをされていた方らしいのですが、東京の弁護士事務所で仕事をされていた時に、「合コン」で知り合われたと聞いています・・・とのこと。

ある時、商店街から吉村洋文さんに「新年会に来て下さいませんか」と依頼したことがあったそうです。時間の都合がつかない吉村洋文さんに代わって、奥様が「新年会」に来られたので、挨拶をお願いしたところ、突然にも関わらず、そつなく挨拶をこなされていましたと言う。
キャビンアテンダントだった方ですから、容姿はもとより頭脳もいいと思うので納得。

今は新型コロナの対応で休日どころではなく、寝食を惜しんで飛び回っている吉村洋文府知事ですが、緊急事態宣言以前も、休日はあまり取れなかったようですね。それでも、たまに休日が取れたときは、お子さんと公園で遊んだりサッカーをされていたようですよ。

高校生時代はラグビー部だったので、明けても暮れても、毎日遅くまでラグビーボールを追いかけ回していた吉村洋文さんは、楽しい青春時代を過ごしました・・・と振り返り、笑いながら「勉強は不十分でしたけどね」って。

九州大学法学部の情報はありませんでしたが、司法試験の合格を目指して、猛勉強されていたのでしょう。大学を卒業された年の10月に「合格」されていますから。

まとめ

新型コロナウイルスの感染拡大に依る緊急事態宣言が出されて以降、大きな注目を浴びているのが都道府県の知事。各知事の発言や行動はメディアにすぐさま取り上げられ話題になります。

大阪府の吉村洋文知事のツイッターのフォロワーが83万人を突破したそうですよ。東京都の小池百合子知事の81万2000フォロワーを追い越したんですから凄い!如何に注目度が高いか・・・と言うことでしょう。

吉村洋文府知事は取材などに答える時、とても厳しい眼差しをみせます。そして、顔立ちがキリッとしているので、とても精悍で頼もしく感じられますから、「胸キュン」になると言う女性ファンが増えているそうです。

話し方も、キビキビしていて小気味よく、人が言えないことを「ズバッ」と代弁してくれるところが、これもまた凄い魅力!なのでしょう。

中でも、吉村洋文府知事はテレビやメディアに積極的に出演しながら、いろいろな情報発信。その他にも、SNSなども積極的に活用していて、多忙な中でも頻繁に更新。

5月6日には「コロナでバイトがなくなり退学を検討している大学生を支援する」などとツイートしました。テレビを見ない世代にはSNSを通じて、テレビでの発言を改めて告知しPRしているのですね。

大阪府では「新型コロナウイルス助け合い基金」の寄付を募っていましたが、寄付金が「10億」を超えたので、医療従事者には20万円、検査に携わる人やホテルの従業員には10万円を渡す・・・と、寄付金の具体的な使い道を明らかにしました。

「大阪モデル」に関しては、脳科学者の茂木健一郎さんや高須院長など、著名人が応援メーッセージを発信しています。大阪府民にも「わかりやすい」と高評価。

新型コロナは、まだまだ先が見えません。完全に終息するのは2022年と発表された記事も見ましたが、何が正しいのか、現時点では誰にもわかりません。

お互いが、感染しないように、感染させないように気をつけて、前進あるのみ・・・ですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事