小川彩佳アナウンサー、TBS「NEWS23」のメインキャスター就任が正式に発表されましたね。
TBS初登場は、2019年6月3日月曜日の午後11時から。

小川彩佳アナは確かな伝え手としての実績もあり、幅広い年代から非常に高く評価されている、美貌と知性を兼ね備えた人気アナウンサー。フリーアナウンサーとなり新たな場所で「夜の報道番組」の顔として登場。

小川彩佳アナは、幼少期を米国で過ごした帰国子女で、TOEIC915点と英語が堪能。スペイン語は検定4級。語学力が存分に発揮できる場所・・・東京五輪があと1年強に迫っています。過去に、海外でも取材やインタビューを行ってきた実績もあり、どのような取材やインタビューをするのか、ちょっと楽しみ!

小川彩佳アナが単独でメインキャスターを務める「NEWS23」は、6月3日からリニューアル。放送は変則的で、月曜日~木曜日は午後11時から。金曜日だけが午後11時30分からの放送になっています。

取材キャスターはTBS報道局の村瀬健介氏、スポーツキャスターを務めるのはTBS石井大裕アナ、サブキャスターに、同じくTBSの山本恵里伽アナ、アンカーを星浩氏が担当します。
アンカーとは、ニュースを伝えるリーダーとして、制作にもかかわる人。

1989年(平成元年)にスタートした「NEWS23」の初代キャスターは筑紫哲也さんでした。
スタートから30年・・・令和元年という新しい時代がはじまるタイミングに、装いも新たに、新布陣で新たなスタートを切る「NEWS23」のメインキャスターとして登場する小川彩佳アナ。

現在は「NEWS23」ですが、1989年のスタート時点では「筑紫哲也NEWS23」。
筑紫哲也さんが、2007年5月から病気治療のために入院されましたが、その後も体調がすぐれず、2008年3月31日から、筑紫哲也さんの名前を外して「NEWS23」となりました。

今、小川彩佳アナの周辺で取沙汰されているのが、「NEWS ZERO」で月曜日のキャスターを務めている櫻井翔さんのこと。何故なら、6月3日は月曜日なので櫻井翔さんが出演する日。さらに放送のスタート時間が同じ11時ですから。元カレ、元カノの対決・・・として注目されているのでしょう。

話は、2019年7月に行われる参院選にまで飛躍しています。
櫻井翔さんは、国政選挙になると、選挙特番で小泉進次郎氏と対談するなど、報道キャスターとして活躍しているので、メインキャスターとして国政選挙に臨む小川彩佳アナは、元カレには負けられないでしょうと、言うものです。

小川彩佳アナがテレビ朝日を退社したのが2019年4月5日。「NEWS23」のメインキャスター就任が6月3日ですから、丸2ヶ月後に、他局の帯番組のメインキャスターを務めるのは極めて異例だと言われています。しかしその裏側にはいろいろな事情があったとの噂も・・・

関係者の話によりますと、これまで報道畑を歩んできた小川彩佳アナは、昨年10月にインターネット放送「Abema prime :月~金曜・午後9時」で、メインキャスター就任後も、地上波での報道番組復帰を切望していたと言われています。

地上波の報道番組復帰を望んでいた小川彩佳アナと、「NEWS23」の視聴率低迷に喘ぐTBSの思惑が一致したと言うことでしょうか。2月に、結婚してテレビ朝日を退社と報道があった時点で、「NEWS23」のメインキャスターに就任すると書いた記事がありましたね。凄い!

「NEWS23」のメインキャスターに就任する前・・・つまり5月中に、交際中の1歳年上の一般男性と結婚するとみられている小川彩佳アナ。6月3日は全てが新しいスタートなのですね。

小川アナは2019年5月7日、「NEWS23」を通じて「不安でいっぱいではありますが、『Abema prime 』での学びや気づきを糧に、精一杯取り組んでいきたいと思っています」とコメント。

小川彩佳さんは人気アナウンサーですから、多くの方々がご存知だと思うのですけれど、ここで改めて、小川彩佳アナのテレ朝時代を振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

「NEWS23」メインキャスター就任 小川彩佳 !「Abema prime」語った女子アナの役割・・・

あの日は、2019年3月29日金曜日でした。
小川彩佳アナが、「Abema prime」を卒業する日のテーマは「女子アナってなんだ?」。

小川彩佳アナをはじめ、ゲストに招いた3人のフリーアナウンサーが、それぞれ思い描く、女子アナについての考え方を吐露していました。
吐露(とろ)とは:気持や意見などを隠さずに他人にうちあけたり、述べること。

小川彩佳アナが抱くアナウンサーのあり方。
以下は、小川彩佳アナがアナウンサーについて、語ったものです。
「バラエティ、報道、スポーツと、共通する部分もありますが、それぞれ違ったキャラクター、違った技術、スキルも求められます」。

「確かに、朝の担当が一番過酷かもしれない。ただ、しんどいなと思うことはあっても、やりがいも感じていると思います。でも、自分の目指しているものとは全く違う仕事をしているアナウンサーもいるでしょうし、合わないと言う辛さを抱えている人は結構いるのではないかと思います」。

「自分にこういう技術があったんだ、好奇心があったんだ・・・と入社してから気付くこともあると思うのですが、やはり番組の内容が多岐にわたるので、入社してから、自分に合う、自分に合わない・・・という葛藤が生まれやすい仕事だと言えるかもしれません」・・・と。

小川彩佳さんが考えるアナウンサーの役割とは、いくつかに分類された「要素」を、上手くつなぎ合わせる『かすがい』だと思っていて、「アナウンサーのつなぎ方によって、伝わり方が変わる可能性がある・・・」と。

わたし的には、小川彩佳アナの話されていることが、よくわかる様な気がします。
例えば・・・全く同じデザイン、同じ色の洋服を、4人のアナウンサーが着たら、それぞれの個性が際立ち、同じ洋服を身につけているようには見えないと思うのです。多分・・・全く別物に感じてしまうでしょう。

小川彩佳アナは、「わたしはちょっと特殊で、バラエティ番組の担当はなく、入社後間もなく田原総一朗さんの『サンデープロジェクト』という政治討論番組を担当するなど、最初からずっと報道だった」

「もし、報道を目指していない人だったら苦痛だったと思う。田原総一朗さんとの仕事はプレッシャーが凄まじく、毎週お腹が痛くなっていました」と、当時を振り返っていました。

報道を目指していた小川彩佳アナでさえ、お腹が痛くなるほどのプレッシャーを感じていたとは・・・報道番組って大変なのですね。だからこそ魅力があり、やりがいがあるのでしょう。

既に12年も報道番組に携わってきた小川彩佳アナですけれど、「不安ではありますが・・・」と「NEWS23」を通じてコメントされています。やはり、各社それぞれ雰囲気も違うと思うので、最初は周囲に気をつかいますよね。でも頑張って欲しい。

夜の報道番組の視聴率争いでは、「報道ステーション」が一歩前を走っているようですけれど、追いついて欲しいなと思っています。もっとも、一朝一夕にできるほど、生易しくはないし、時間はかかるでしょう。でも、小川彩佳アナの目指すところはそこだと思いますから。

TOEIC915点の小川彩佳!報道一筋12年「NEWS23」キャスター就任迄の道のり!

テレ朝時代に、小川彩佳アナが担当してきたテレビ番組。

  • やじうまプラス    :司会:水 ~金曜日の第1部担当。
  • 地球まるごとTV   :司会:2009年10月~2010年3月。
  • サンデープロジェクト :司会:2007年10月~2010年3月。
  • サンデー・フロントライン:サブキャスター  :2010年4月~2011年4月。
  • スーパーJチャンネル   :フィールドキャスター:2010年7月~2011年3月。
  • 報道ステーション       :サブキャスター       :2011年4月4日~2018年9月28日。
  • 金正男氏暗殺の真実について緊急報道特番       :2017年2月25日。

小川彩佳アナは「報道ステーション」で、古舘伊知郎氏がキャスターを務めていた2011年4月から出演していますが、2011年3月11日に起きた東日本大震災の直後でした

2016年3月に富川悠太アナがキャスターに就任後も、引き続きサブキャスターを担当しています。小川彩佳アナは7年半に渡り「報道ステーション」に携わってきましたが、単なる「添え物」的な存在ではありませんでした。

社会問題への強い関心とジャーナリスティックな視点を持っていましたし、取材にも積極的に出かけていたようです。番組内では、要所要所で的確なコメントを出していましたよね。
ジャーナリスティックな視点は、ジャーナリストとして物事の捉え方。

スポンサーリンク

小川彩佳ナは東京都生まれですが、幼少期(6才~8歳)を米国ミシガン州で過ごしています。
小川彩佳(おがわあやか)。
出身地:東京都。
生年月日:1985年2月20日。
血液型:A型。
身長:168センチ。
学歴:青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科。

小川彩佳アナのTOEICは915点と言う、驚くべき高さ。スコア900~990の最高レベルですよ。
TOEICスコア900~990点になると、ネイティブスピーカーに近いレベル。文法や構成、語彙を正確に把握しているので、日常会話からビジネスまで自在。

ネイティブスピーカーとは、英語を母国語(mother tongue)とする人々を指し、アメリカやオーストラリア、イギリスやカナダなどの人々。

さらに、仕事上での複雑なディスカッションや、自身の専門分野の専門書の読解、NewsweekやTimeなどの雑誌、Financial TimesやInternational Herald Tribuneといった英字新聞を読み、理解することも可能だと言われています。

東京五輪で、海外選手に流暢な英語でインタビューする小川彩佳アナを見たいですね。

まとめ

2019年3月29日に「Abema prime」を卒業してテレビから離れていた小川彩佳アナ。間もなく麗しき顔が見られるので、首を長くされている男性ファンが、沢山いらっしゃるのではないでしょうか。女性のわたしでさえ、とても待ち遠しいのですから。

とにかく、TBS「NEWS23」のメインキャスター就任が正式に発表されて、ほっとしました。2月の結婚とテレ朝退社の報道があった時すでに、「NEWS23」のメインキャスターに就任するだろうと言う噂がありましたが、決定するまではわかりませんから、半信半疑でした。

「NEWS23」は、6月3日からリニューアルされて、小川彩佳アナが単独でメインキャスターを務めます。放送は変則的で、月曜日~木曜日は午後11時から。金曜日だけが午後11時30分からの放送になっています。

小川彩佳アナが、TBS「NEWS23」に初登場するのが2019年6月3日。月曜日の午後11時からなので、同じ時間に始まる「NEWS ZERO」で、月曜日のキャスターを務めている櫻井翔さんの話も出ていますね。

話は、2019年7月に行われる参院選にまで飛躍しているんです。
櫻井翔さんは国政選挙になると、選挙特番でいろんな人と対談するなど、報道キャスターとして活躍しているので、小川彩佳アナも、元カレには負けられないでしょうと。

しかし小川彩佳アナにしてみれば、メインキャスターとして波にのるまでは、周りのことに気を取られている余裕はないかも知れません。心に余裕ができるのは、国政選挙が終わった頃じゃないのかな・・・

小川彩佳アナは確かな伝え手としての実績もあり、幅広い年代から非常に高く評価されています。美貌と知性を兼ね備えた人気アナウンサー。フリーアナウンサーとなり新たな場所で「夜の報道番組」に戻ってきました。でも、単独のメインキャスターですからプレッシャーはあるでしょうしね。

それはさておき、小川彩佳アナ参戦により、夜の11時は戦争状態。
放送関係者の方が「この時間帯は男性視聴者がメイン層」と言うこともあり、各社とも美人アナを投入しているのです。小川彩佳アナ(TBS)、大江麻理子アナ(テレビ東京)、井上あさひアナ(NHK)、三田友梨佳アナ(フジテレビ)など・・・美人アナばかり。

現在の視聴率でトップは「報道ステーション」が10%代、そして二番手争いがTBSと日テレで、5%前後とのこと。小川彩佳アナが入り、報道ステーションに追いつけるか・・・楽しみです。

スポンサーリンク

おすすめの記事