延期になったアラフェス" !今年中の開催条件は新型コロナの減少次第!

嵐のライブ「アラフェス2020」の延期が決まりました!

5月に予定されていた嵐のコンサートについては、開催されるのか、延期になるのか・・・いろいろ取り沙汰されていましたけれど、延期が発表されましたね。

新型コロナの感染拡大が懸念され、緊急事態宣言が出されるなど、状況は悪化の一途を辿っています。残念ではありますが仕方ありません。

緊急事態宣言は5月の連休明けまでになっていますが、緊急事態宣言が解かれてすぐにライブ開催は無理・・・だろうと、想像はしていました。年末に活動を休止する嵐は「アラフェス2020」開催にすべてをかけていたでしょう。

嵐のメンバーの思いは「断腸の思いです!」と語った櫻井翔さんの一言に尽きると思います。

嵐は2019年1月に、2020年12月31日で嵐としての活動を休止すると発表していますから、年内には開催されるのだろうと思いますが、現時点では、開催日がいつ頃になるのかわかりません。

スポンサーリンク

開催延期についての想い!医療関係者へ感謝のメッセージ!

「アラフェス2020」の開催が延期となったことを受けて、嵐のメンバーは・・・

大野智さん  :新型コロナウイルス感染拡大の影響で、みなさんは不要不急の外出などを避けられていると思いますが、ファンの皆さんは様々な対策をされていると思います。

櫻井翔さん  :コロナウイルス感染拡大防止のために、断腸の思いではありますが、皆さまの安全を守るために延期させていただくことになりました。開催日時などにつきましては改めてお知らせ致します。

相葉雅紀さん :手洗いやうがい、そして咳のエチケットをはじめ、人と人との接触を減らし、不要不急の外出を控えて、できることから始めていきましょう。

二宮和也さん :YouTube配信の『アンタイトル』ライブ映像は御覧いただけたでしょうか。僕はスマホでついつい見てしまいました。イヤホンで聞いていたのですが、テレビとはちょっと違う聞こえ方がして、新鮮に聞こえるな・・・と感じました。

松本潤さん  :不自由な生活を送っておられるファンの皆さんに、ちょってでも楽しんでいただけるようなコンテンツをお届けできないかなと思い、メンバーやスタッフと話し合っているところです。

メンバーそれぞれにいろいろな言葉で思いを伝えてくれました。また、嵐は、公式Twitterから、全世界の医療関係者に向けた感謝のメッセージを送り、話題になっているそうですね。タイトルは「医療従事者の皆様へ」。

「僕たちを皆を守る為に、日々頑張ってくださっている世界の全ての皆様へ、心から感謝申し上げます。いつも支えてくださって本当にありがとうございます」・・・と言う感謝の言葉と一緒に短い動画を公開。

そして動画の中では、メンバー5人がそれぞれに感謝の言葉を伝えています。

大野智さん・・・現在、医療の最前線で自らの危険を顧みず従事されている皆様、本当に感謝します。皆様のおかげで僕ら、守られております。

櫻井翔さん・・・お医者様、看護師の皆様、技師の皆様、事務方の皆様、病院関係者の皆様、保健所の関係者の皆様、本当に大変だと思います。心から感謝の思いをお伝えしたいと思います、ありがとうございます。

松本潤さん・・・皆様の強い責任感が今を支えていることと思います。皆様の高い専門性で僕らは今、こうやって過ごせていると思っています。感謝しています。

相葉雅紀さん・・今後いつまでこの状況が続くかわかりませんけど、一人ひとりが自分にできることを日々継続して少しでも皆様の負担にならないようにしたいと思います。

二宮和也さん  :何よりも皆様の健康が大事だと思っております。くれぐれもご自愛いただきまして、再び、前と同じように笑って過ごせる時間を、そして家族の皆様とも楽しい時間を過ごせることを共に目指していきたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

この動画をみて「これで少し頑張れます」「暖かい言葉の数々に助けられました」「励ましに感謝します」なと・・・医療関係者から感謝の声が沢山寄せられているようです。

延期後の開催時期は?心配されているメンバーの気持ち?!

嵐のライブ「アラフェス2020」は、東京五輪の関連事業とされていたので、国立競技場を使用するための障害はありませんし、五輪が延期になったため競技場のスケジュールは空いていて問題ないでしょう。

ただ問題は、新型コロナがどの程度収まっているか・・・ここにかかってくると思われます。今の時点では、感染拡大しそうな様相を見せているだけに、闇の中にいるようで出口が見えません。

嵐のコンサートで演出担当の松本潤さんは、東京五輪が1年延期されたときから、嵐の活動休止自体を延期したい思いがあると噂されていました。しかし、リーダーの大野智さんは、予定通り今年いっぱいで活動休止を希望していると言われているのです。

大野智さんの意思次第では、3月末まで延長となる可能性もある・・・と、一部では言われているようですけれど、2016年に・・・ジャニーズ事務所を辞める覚悟・・・までしていた大野智さんの意思は固いように思えてなりません。

嵐のメンバーをよく知る方々は、活動休止の延期はしないだろう・・・と。
1年半もの間、何度も何度も話し合いを重ねた末に、ようやく導き出したのが2020年12月31日で活動休止だったのだから、延長してくれるようにと言われても恐らく無理だ・・・と。

2016年時点で、すぐにも事務所を辞めて活動を休止したかった大野智さんを、メンバーが何度も説得して思いとどまらせ、2020年12月末の活動休止にこぎつけた・・・とすれば、大野智さんは「これ以上待てない」はず。

松本潤さんが説得を試みているような噂も流れていますが、大野智さんの意思は固く揺るがないのではないでしょうか・・・活動休止を伸ばすなんて、恐らく心が持たないでしょうね。

嵐の気持ちを充分に理解している多くのファンは、「嵐のメンバーが、2020年末までと決めたゴールを、五輪延期で無理やり先延ばしにして欲しくない」と、ファンは嵐のことを心配していました。

ライブ「アラフェス2020」の開催は延期されましたが、なんとか年内に開催できればいいなと思います。

まとめ

正式発表では、ジャニーズグループ主催公演すべてを5月31日まで中止、又は延期することを発表しました。

「この度の公演中止・延期に伴い、大変なご迷惑とご心配をおかけしますこと、心よりお詫び申し上げます。公演を心待ちにして下さった皆様には大変心苦しい限りではございますが、何卒ご理解賜れますと幸いでございます。6月1日以降の公演につきましては、政府や関係機関、各自治体等の発表に注視しながら改めてジャニーズネットにてご案内申し上げます」と。

このような事態にならないことを祈っていましたけれど、緊急事態に陥っている中では、誰も打つ手がありません。

新型コロナの感染拡大を防ぐため「感染しない」「感染させない」・・・ということですね。今は、一人ひとりが自覚を持って行動することが求められています。

1日も早く嵐のライブが開催されるようにするためにも、お互いに「感染しない」「感染させない」を守って頑張りましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事