2019全米オープン優勝予想はB・ケプカ!2位R・マキロイ 3位P・カントレー 松山英樹は17位 !

いよいよ始まりますね、2019年のゴルフ全米オープン。
2019年6月13日~6月16日までの4日間。ペブルビーチGL(カリフォルニア州)で開催されます。

それに先立って発表されたPGAツアーのパワーランキング(優勝予想)が発表されました。
1位予想は勿論、2017年と2018年、2連覇しているブルックス・ケプカが当然のように入っています。

メジャー8試合で4勝しているブルックス・ケプカに、PGAツアー自体が期待しているようです。「彼ほど自信がある選手はいないだろう」と一押し。

2位に名前が挙がったのは、前週「RBCカナディアンオープン」で、最終日に1イーグル10バーディ2ボギーと大爆発して、2位以下に7打差をつけ圧勝したロリー・マキロイです。

3位には、2週前の「ザ・メモリアルトーナメント」で、ファイナルの後半で果敢に攻めて勝った、パトリック・カントレーの名前が挙がりました。今年のマスターズでは9位タイ、全米プロでは3位タイに入っています。

4位には、ウェブ・シンプソンの名前がありました。わたし的には、ちょっと意外な名前です。2012年に全米オープンで優勝はしていますけれど。

5位予想には、グランドスラムを狙えるフィル・ミケルソン。2019年2月には、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ で優勝しています。そして全米オープン最終日の6月16日は49才の誕生日なのです。素晴らしいドラマが誕生するのをPGAツアーは期待しているようです。

そして6位予想はタイガー・ウッズ。4月の「マスターズ」でメジャー通算15勝を上げました。19年前(2000年)に、ここで圧勝しています。2位に15打差をつけての優勝でした。今季は安定した成績でパーオン率はトップを誇り、パー3での平均スコアも良いようです。

その他の人気選手の優勝予想ランキング。
7位 :ダスティン・ジョンソン。
9位 :ジェーソン・デイ。
10位:マット・クーチャー。
11位:アダム・スコット。
12位:リッキー・ファウラー。
14位:ザンダー・シャフリー。
16位:ジョーダンスピース。
17位:松山英樹。
18位:ジャスティン・ローズ。
19位:ジャスティン・トーマス。

松山英樹選手には、日本人初となるメジャータイトルを取って欲しいですね。
その他の日本人選手は今平周吾選手、堀川未来夢選手、市原弘大選手も出場します。

強者揃いの全米オープン、誰が優勝しても不思議ではありませんが、その日その時により、調子のいい悪いに左右されますから、始まってみなければわからないですね。

活躍して欲しい選手が沢山いるので、予選ラウンドが終わった時点で的を絞りたいと思います。

スポンサーリンク

全米オープン過去15年間の優勝者!メジャ―最高の優勝賞金!

ゴルフにおけるメジャー選手権の1つとして知られているのが、全米オープン選手権。
4大メジャー大会の中で、最も高額な賞金が設定されていることでも有名です。

1895年から米国で最も権威のある大会・・・全米オープンゴルフ選手権。
今年は2010年以来のカルフォルニア州の名門、ペブルビーチゴルフリンクスでの開催されます。

全米オープン選手権の賞金総額は1200万ドル。これは世界各国で開催されるあらゆるゴルフ選手権の中で、最も高額な賞金です。ちなみに、全英オープン選手権の賞金総額は、1050万ドルです。

優勝賞金は216万ドルで、約2億3千万くらい(その時のレートによって違う)。
1位:216万ドル(約2.3億円)。
2位:126.9万ドル(約1.4億円)。
3位:81.3万ドル(約9100万円)。
2位でも1億4千万も貰えるなんて凄いでしょ。レギュラーツアーの優勝賞金くらいですから。

賞金も最高ですが実はこのコース、4大メジャー大会の中でも、難易度が最も高いと言われています。芝が深いラフにボールを打ち込んだら、出すのに手こずり地獄になりかねません。何打も叩いてしまう可能性があります。

全米オープンで、過去15年間に優勝している歴代優勝者の名前を、新しい順番に記してみましょう。

2018年:ブルックス・ケプカ。
2017年:ブルックス・ケプカ。
2016年:ダスティン・ジョンソン。
2015年:ジョーダン・スピース。
2014年:マーティン・カイマー

2013年:ジャスティン・ローズ。
2012年:ウェブ・シンプソン。
2011年:ローリー・マキロイ。
2010年:グレーム・マクダウェル。
2009年:ルーカス・グラバー。

2008年:タイガー・ウッズ。
2007年:アンヘル・カブレラ。
2006年:ジェフ・オギルビー。
2005年:マイケル・キャンベル。
2004年:レティーフ・グーセン。

2019年は誰が優勝するのか・・・パワーランキング通りに、ブルックス・ケプカが優勝すれば3連覇。でも誰かに、3連覇を阻止して欲しい気もしますね。決して、ブルックス・ケプカが嫌いなわけではありませんよ、応援している選手の一人ですから。

だけど、ツアーを盛り上げるためには、ケプカ以外の選手が優勝して「3連覇を阻止した○○」ってなった方が盛り上がるのかな・・・なんて思ったから。考え方は人それぞれですけれどね。

注目選手の組合せ!

全ての組合せを書くのは大変なので、注目選手の予選組合せだけを取り上げました。
午前スタートはブルー文字、午後スタートは緑文字で記しています。

午前7:40 1番からスタート。
ババ・ワトソン。
JB・ホームズ。
Haotong Li(中国)

午前7:51 10番からスタート。
ジョン・ラーム。
マーク・リーシュマン。
ローリー・マキロイ。

午前8:02 1番からスタート。
リッキー・ファウラー。
ジェーソン・デイ。
シウ・キム。

午前8:02 10番からスタート。
ジャスティン・トーマス。
ケビン・キスナー。
ブライソン・デシャンボー。

午前8:13 10番からスタート。
ダスティン・ジョンソン。
フィル・ミケルソン。
グレーム・マクダウェル。

午前8:24 10番からスタート。
松山英樹。
セルヒオ・ガルシア。
トミー・フリートウッド。

スポンサーリンク

午後1:25 1番からスタート。
パトリック・カントレー。
ポール・ケーシー。
ルーカス・グラバー。

午後1:25 10番からスタート。
ヘンリク・ステンソン。
ジム・ヒューリック。
ブラント・スネデカー。

午後1:47 1番からスタート。
フランチェスコ・モリナリ。
ビクター・フォバーランド。
ブルックス・ケプカ。

午後1:47 10番からスタート。
アダム・スコット。
ウェブ・シンプソン。
マット・クーチャー。

午後1:58 1番からスタート。
トニー・フィナウ。
ジミー・ウオーカー。
イアン・ポールター。

午後2:09 1番からスタート。
タイガー・ウッズ。
ジャスティン・ローズ。
ジョーダン・スピース。

午後1:58 1番からスタート。今平周吾。
午後2:20 1番からスタート。市原弘大。
午後2:20 10番からスタート。堀川未来夢。

予選初日も気になりますが、問題は予選2日目ですよね。
2日目の終盤に入ると、予選のカットラインがわかるので、ハラハラドキドキしてしまいますが、松山英樹選手は心配しなくてもいいですが、今平周吾選手や市原弘大選手そして堀川未来夢選手・・・何とか全員予選突破して欲しい。

まとめ

昨年は最終日まで首位タイが4人と大混戦の中、ブルックス・ケプカが後続を1打差で振り切っての優勝で2連覇を達成しています。PGAツアーは優勝候補のトップにも挙げているブルックス・ケプカの優勝を確信しているような雰囲気があります。

2位に名前が挙がったのは、前週「RBCカナディアンオープン」で、最終日に1イーグル10バーディ2ボギーと大爆発して、2位以下に7打差をつけ圧勝したロリー・マキロイです。

3位には、2週前の「ザ・メモリアルトーナメント」で、ファイナルの後半で果敢に攻めて勝った、パトリック・カントレーの名前が挙がっています。今年のマスターズでは9位タイ、全米プロでは3位タイに入りました。可能性は高いかも知れません。

5位予想には、グランドスラムを狙えるフィル・ミケルソン。2019年2月には、AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ で優勝しています。そして全米オープン最終日の6月16日は49才の誕生日!
優勝すれば最高に素晴らしいドラマが誕生・・・PGAツアーはそれを期待しているようです。

そして6位予想はタイガー・ウッズ。4月の「マスターズ」でメジャー通算15勝を上げました。19年前(2000年)に、このコースで圧勝しています。2位に15打差をつけての優勝でした。今季は安定した成績でパーオン率はトップを誇り、パー3での平均スコアも良いようです。

勝負は最後までわかりません。勝利の女神が誰に微笑むのでしょう。

欲張りなわたしは、応援しているプレヤーが少なくとも15人くらいはいます。
だから、その中の誰かが優勝してくれればうれしいのですが・・・

松山英樹選手は予想ランク17位。日本人初となるメジャータイトルを是非取って欲しい。日本人の悲願かも知れません。もし優勝だったら凄いことになるかも。期待したい!
まずは予選ラウンドを見届けましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事